耶麻郡小田付組宮前村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 耶麻郡 小田付組 宮前(みやのまへ)
大日本地誌大系第32巻 83コマ目

この村もと上岩崎村と1村なり。天正18年(1590年)別村となり、八幡宮の前なるをもて村名とす。

府城の北に当り行程5里18町。
家数20軒、東西3町10間・南北50間。
東は山に()ひ、南は下岩崎村の端村中河原につづき、田圃(たんぼ)なり。

東5町27間上岩崎村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り12町30間。
西1町16間五目組中村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り2町40間余。
南は村際にて下岩崎村に界ふ。その村まで1町。
北14町天井沢村の界に至る。その村まで6町30間余。

端村

大用門前(たいいようもんせん)

本村の東6町20間にあり。
家居1軒。
大用寺の境内にあるゆえ名く。

水利

天井沢村の方より来り田地の養水とし下岩崎村の方に注ぐ。

神社

八幡宮

祭神 八幡宮?
勧請 永和3年(1377年)
村中にあり。
相伝て、永和3年(1377年)に勧請すという。その後天正中(1573年~1593年)兵火の為に燒亡す。文禄2年(1593年)岩崎村平田三平というもの再興せしとぞ。
鳥居幣殿拝殿あり。小荒井村修験小洗寺司なり。

寺院

大用寺

村東7町計にあり。
多寶山と號す。大町弥勒寺の末山、真言宗なり。
開基詳ならず。
永和元年(1375年)宥海という僧再興す。
天正年中(1573年~1593年)兵燹(へいせん)に罹り書記・什物焼失し世々の履歴を伝えず。
本尊釈迦客殿に安ず。

釈迦堂

境内にあり。
釈迦の像、長5尺3寸8分、眦首羯磨作という。

熊野宮

釈迦堂の東にあり。





最終更新:2020年08月09日 21:17