一発屋

登録日:2010/03/13(土) 00:29:49
更新日:2020/04/23 Thu 17:52:12
所要時間:約 5 分で読めます




一発屋とは…


プロ野球において、打率は低いもののホームランをよく打つ打者。


芸能界においてカルト的な人気を保持していた芸人及び芸能人の総称である。

ここでは②について説明する。


きっかけは些細な事であるが、何かしらの理由により人気を博してしまい一気に、

ブレイク→地獄

へと叩き落とされる人々が多い。

またこれから転じて目立った作品を一つ出したものの後は泣かず飛ばずの作家や漫画家等のクリエイター、
同じことをバカの一つ覚えみたいに繰り返して注目を集めている有名人を蔑みの意味をこめて一発屋と呼ぶこともある。

一発屋の定義は毎日のようにテレビ出演していたが、現在は全国区のテレビに出演していない人々とされる

オードリーやタカアンドトシは一発屋としてギリギリな立ち位置になると思われたが、現在は安定してテレビに出演中。

一発屋として有名な芸人は元猿岩石・有吉弘行、つぶやきシロー、ダンディ坂野等々。
この3人は30分時代のアメトーークに「一発屋芸人」というくくりで出演した。

芸能人として一発屋で有名なのは鼠先輩ぐらいな気がする。
気がするというのはあまりに印象が薄過ぎて記憶の彼方に消えているからであろうか

芸能人で一発屋と言えば大体は歌手がこれに当て嵌まる。一曲のみに限らず、一時ブレイクしたが、いつの間にか消えた人々のこともいう。

ただし、音楽となると若干事情も変わり、一般的には知られていないがその筋のファンには有名だったり、別方面で売れてたりする。
例えば、『一生いっしょにいてくれや』の三木道山は、日本のレゲエシーンの草分けであり、元々レゲエファンには有名だったし、
バンドのMr.Bigは、アメリカではもう忘れられた一発屋である。
また、広報力の差か、どんなに売っても、インディーズシーンはあまり有名ではない。
その為、聞かなくなったからといって、必ずしも一発屋とは限らないのだ。

一発屋芸人として有名な人々は流行語になるようなギャグを持っている事が多い。
テツandトモが受賞した「なんでだろう」以降はノミネートされると一発屋認定とされる風潮があったので、芸人からは嫌われたりもした。

実際「ゲッツ」や「間違いない」、「フォー!」や「そんなの関係ねぇ!」等あったが、
今現在それだけで活躍している芸人は存在しない事は見ての通りである。
この手の芸人はお決まりのフレーズがウリなので、ギャグが流行すると何をしても会場がウケる反面、流行すると毎日のようにテレビに映るため、飽きられるのも早くなる。
島田紳助はテレビ番組で「一発屋(のギャグは)は子供が笑う」という発言をしている。子供にも真似しやすいほど非常に単純なギャグという意味である。

勿論、流行するのは当然悪いことではない。
しかし、それは言ってしまえば千載一遇のボーナスタイムに過ぎず、その間に「長期にわたって使える何か」を披露できない人間が一発屋として消える。
思い出してほしい。流行して消えていった芸人たちは、流行したフレーズ以外を率先して使っただろうか。
いや使ってない。下手をすれば、そのフレーズを言った瞬間くらいしか記憶ないだろう。
テレビ側の意向もあるだろうが、構成全部を決める権限はないのだから流行しているからとそれに偏重しては、使い潰されても大体自己責任である(中には、本当に悪質なテレビマンに使い潰されて消えたというタイプの者も存在するが…)。

一発屋は力尽きて消えるのが世の常だが、小島よしお等トークが上手い芸人は割と生き残る。
その一方、消えた芸人は「裏方から嫌われていた」などの事実が後になって判明することも多い。
やはり、どんな形にせよ人望というものは大事なのだろう。

近年ではテレビ局の経営難から、「ロンドンハーツ」のように一発屋芸人を起用する事が多々ある。
ギャラが安いと公言している有吉は見ての通り再び活躍しており、一発屋のレッテルを逆手に取って売り出している者も近年は珍しくなくなってきた。
また
もっとも、有吉弘行が登場して以降は一発屋という業界すら激しい生存競争に曝されるようになっており、そこで生き残れない一発屋未満の者も数多くいる。ゼロ発屋とも。

伊集院光は「仕事をもらうために『一発屋』っていうステッカーを貼ってるやつがいて、実際に見なくなったと思うやつには貼られてない」と評している。ある種称号である。

若手を乱用する事により更なる一発屋を生み出す事も少なくない。 

エンタの神様』でよく出演していた芸人はあまり一発屋とは呼ばれない。
オリエンタルラジオ等、売れた芸人も極少数はいたが…。
というか、昨今はネタ番組がほとんど終了してしまいネタ見せの場そのものがほぼ無くなってしまった。

テレビ界からいなくなっただけで営業で儲けてる一発屋もいる。
中にはクラブのオーナーに箔をつける為友人と偽って雇われて営業している者もいるらしい。

彼等の生活方法は地方への営業と昔手に入れた印税(かなり売れた芸人のみ)を切り崩す、バイトするという者が多いらしい。

吉本だと劇場があるのでなんだかんだで生活出来るレベルだったりする。
しかし、2019年に発覚した吉本芸人闇営業事件では、HGやムーディー勝山はじめとする一発屋芸人も半数近くが関わっていた。

営業とかで地道に稼いでる人は笑点なんかにも不定期だが出てくる。
毎年1回くらいのペースで何度も出ている人は十分に定着しているといえる。テツandトモとかヒロシが代表例だろう。
笑点に年1回出るレベルなんて大したことないと思う人もいるかもしれないが、
一発屋芸人の中にはブームが去ってから笑点で見たことなんてないという人もいることを忘れてはならない。


一発屋で終わるかと思いきや生き残って中堅どころやひな段芸人におさまる例もある。(タンメンとかタンメンとか)
また、桜塚やっくんのように声優にジョブチェンジする稀な例もある。(元相方の竹内幸輔も声優に転向している)

ちなみに、売れている間などにやらかした人は本当に忘れた頃に「しくじり先生」辺りに出てくる。
「しくじり先生」に出演した一発屋芸人は数多く、それぞれが全盛期の頃の思い出話や失速の理由を赤裸々に語っている。
純粋に実力不足だったり(はんにゃ)、仕事への姿勢が消極的だったり(ヒロシ、三瓶)、慢心して人望を失ったり、コンビ内で壮絶な内輪揉めが発生して活動に支障をきたしたり(クマムシ、南海キャンディーズ)など様々な事情が語られてきたが、その中でも藤崎マーケットは『リズムネタだけでやっていくと飽きられるのは承知していたため、他のネタをやりたいと申し出ても、東京のテレビ局番組プロデューサーやディレクターからリズムネタしか求められず、仮に別路線のネタを収録できても放送では(並行して撮影していた)リズムネタに差し替えられていたり、スベリが前提の台本を渡されたりしていた』という不遇極まりない内幕を吐露して突出した存在感をアピールした(このことから、「リズムネタには手を出してはいけない」と後進に警鐘を鳴らしている)。

近年はYoutuberとして個人的な活動を始める者も多く、ヒロシはそのおかげで再ブレイクを果たしている。
検索をかければ、もしかしたら貴方の知っている意外な芸人がYoutubeチャンネルを開設しているかもしれない。

○主な一発屋一覧
つぶやきシロー:つぶやく人。極稀にゴールデンに出演する事も。
テツandトモ:なんでだろう~の人。 現在は地方営業に引っ張りだこで、年収が億単位に到達するほどの超売れっ子芸人と化した。
はなわ:SAGAの人。兄。もやし売りとゴジラ松井。弟はナイツのヤホーの方。近年では音楽分野でも活動していたり家庭がバラエティに密着されたりしている。
ヒロシ:ヒロシです。自虐ネタを売りにしてブレイクしたが、今は自分が一発屋として忘れられている事をネタにする事も…。現在は本の出版や会社の経営などでそれなりに身を立てている他、趣味のキャンプを活かしてYouTuberとなり、まさかの成功を収めた。
レイザーラモン・HG:セイセイセイ!の人。便乗して「RG」に改名した相方は、何をやってもスベるなど辛い時代も過ごしたが、あるある言いたいネタやモノマネが定着し、今や立場が逆転。
ムーディ勝山:受け流された人。勝山梶というコンビだった。後にしくじり先生に出演してブレイク中は天狗になっていた事を明かした。
藤崎マーケット:ラララライの人。エクササイズを売りにしたネタをしておきながら、ラララライ体操は医師からドクターストップを宣告されるほど体に負担が掛かるネタだったのが痛かった。実は関西では実力派の漫才コンビながら「しくじり先生」では、漫才も出来るのに東京のテレビ局では体操しか求められず、要望を言うと漫才と体操の二本撮りをさせて体操のみ使われていたことを語った。
三木道山:一生一緒にいてくれなかった人。
三瓶:さんぺ~です。一時期、笑っていいともの準レギュラーだった。長年もしもツアーズのレギュラーだったが2019年3月に卒業した。
長井秀和:間違いないの人。エンタの神様ではトップバッターを務めていた。
桜塚やっくん:スケバンの格好をしたアゴの人。多才な一面も見せたが交通事故で故人に。
コウメ太夫:チクショー!の人。芸人を引退するつもりで見ると何故か笑える。
エドはるみ:グー!の人。年齢非公表だったが昨今は公表している。
にしおかすみこ:打たれ弱い似非SM女王の人。
波田陽区残念な人
だいたひかる:どうでもいいですよ。長井と同じくエンタのトップバッター。
J-WALK:何も言えなくて……夏。
いつもここから:かなしいときーピタゴラスイッチではレギュラー。
天津木村:あると思いました。天津はコンビ名。後にエロ詩吟で周りに迷惑をかけた事をしくじり先生で明かした。現在はロケバスの運転手になり最終回直前のぷっすまでドッキリの仕掛人として登場した。ムーディ勝山もロケバス運転手になったことを警戒している。
ゆってぃ:それワカチコワカチコ~。
クールポコ:男は黙って!の人。
山本高広:地球に生まれて良かった~!
ザ・たっち:ちょっと、ちょっとちょっと!
鉄拳:こんなアニヲタは嫌だ~。得意の画ネタを活かして、ネタ路線ではなくガチ路線のパラパラ漫画を手掛けるようになり、まさかの再ブレイクを果たした。
パペットマペット:カエル君が攻めウシが受けのコンビ。親友の鉄拳からはパペと呼ばれている。
まちゃまちゃ:マイク投げる人。エンタの神様では魔邪。
長州小力:キレてないからパラパラ踊りますよ。持ちネタのために縁起として結婚式の余興で大人気。
ですよ。:もうなんかすごく可哀想な人。
日本エレキテル連合:ダメよ~ダメダメ。一般ウケするにはネタの方向性が特殊すぎたか。前述のネタ含め男装が多い中野は2020年1月に結婚した。
スギちゃん:ワイルドだろぉ~。ブレイクする数年前まではコンビとして活動していた。
髭男爵:ルネッサ~ンス!山田はアニメの声優や執筆活動など芸人以外での活動も多い。相方のひぐち君はお笑い教室で一から基礎をやり直しているとか。
芋洗坂係長:体型からは想像できないキレッキレなダンスでR-1グランプリの決勝に残った事も。
8.6秒バズーカ:ラッスンゴレライ!当時のオリラジより短いキャリアでブレイクしたが…。
キンタロー。:フライングゲット!後にしくじり先生に出演した。前職は社交ダンスの講師であり、高い実力を持っていたことから金スマで頑張っていたが、そちらは年齢の都合で一線を退く。
くまだまさし:どうだい、みんな~?小道具は彼の嫁も携わっている。その単純すぎる芸風はウケるところではウケるため意外と侮れない。
クマムシ:あったかいんだから~。何とMステにも出演した。
ジョイマン:なななな~。後にしくじり先生に出演した。また、ツイッターでの自虐ネタのクオリティが非常に高いことでも地味に有名。
レギュラー:あるある探検隊!西川君の気絶はザキヤマが今でもよくパクっていたりする。
ゴー☆ジャス:訳わかんねぇだろぉ~。仕事が無さ過ぎてモンハンばかりしてたらまさかのモンハンから仕事がきた。レボリューションはザキヤマのパクリ仲間でもあるFUJIWARAフジモンのお気に入りか今でもパクる事が多い。
ふなっしー:梨汁ブシャー!テレビ出演は激減したが今でも活動してる模様。っていうか芸人じゃねえし。 梨ステロールの数値が高くなった(本梨談)など健康上の事情もあり仕事量をセーブしているようだ。最近は分身も存在し働き方改革が進んでいるらしい。


〇一発屋だが何だかんだ今も活躍している芸人
もはや説明不要かもしれない。
猿岩石時代に電波少年の企画で風に吹かれて~が大ブレイク。
二発屋になった経緯は彼の項目で。

オッパッピー!競走馬のソンナノカンケーネの名前の由来となった人。
ブームが去った現在もインテリ、筋肉を生かして何だかんだ生き残っている。二時間ドラマのチョイ役をやったことも。
最近では子供相手にシフトした営業長者になりつつある。

ラーメン!つけ麺!僕イケメン!
ロンドンハーツのドッキリや同じ事務所の大先輩の出川哲朗にも引けを取らない天然キャラが受け、何だかんだな時期もあったが現在も活躍している。
ちなみに後輩でもある三四郎の小宮も先輩2人に負けず劣らずなキャラでアメトーークでは彼らトリオをマセキ三兄弟と呼ばれる事も。

  • オリエンタルラジオ
武勇伝。エンタの神様から、しかも驚異的な芸歴の短さでブレイクした稀有な芸人。
ブームが去った後、中田はインテリキャラでクイズ番組に引っ張りだこ、藤森はチャラ男として再ブレイク。
そして『PERFECT HUMAN』で紅白出演を果たした。
キャリアが短い頃にブレイクした故に悩んだ時期もあったが何だかんだで現在は安定期。
気づけばキャリアも10年以上経つが実はまだ30代半ばである。

  • アンガールズ
キモカワコンビ。田中はもはや名物に、山根も何だかんだで生き残っている。
田中に仕事の比重が傾いているが、コンビ仲は良好な様子。

ゲッツの人。現在はマクドナルドのCM等で活躍中。
サンミュージックは彼のブームから一発屋を輩出して長く売り続けるためのメソッドを作ったと言われる。
また、投資家としても高い実力を持っているらしい。





しかし、忘れてはならない。彼らは一発屋ではあるが、売れてテレビに出ていたという事を。
世の中には一発当てることすら出来ず、テレビに出たくても出られない人が星の数ほどいるという事を。



③メタルマックスシリーズに登場する雑魚タンク。一発撃つと弾切れになり、HP自体も低いので楽に倒せるというまさに名前通りの雑魚キャラ。



一発屋な項目ですが追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/