ダブルオークアンタ

登録日:2010/07/16 (金) 20:30:05
更新日:2022/06/25 Sat 23:48:44
所要時間:約 28 分で読めます


タグ一覧
00Q AwoT CB ELSクアンタ EXVS参戦 MS アシンメトリー イノベイター イノベイター用 ガンダム ガンダム00 ガンダムを超えたガンダム ガンダムダブルオーコマンドクアンタ ガンダムダブルオーシアクアンタ キャストオフ クアンタ クアンタムシステム クアンタムバースト ソレスタルビーイング ソードビット ダブルオークアンタ ダブルオークアンタ フルセイバー チート チームプトレマイオス ツインドライヴ ティエリア「ダメだ!トランザムは対話の為の切り札!ここで使うわけには!」 ←刹那「トランザム!」 トランザム バグルオークアンタ ビット フルセイバー 主人公機 刹那の望んだガンダム 刹那・F・セイエイ 刹那最後の機体 劇場版機動戦士ガンダム00 対話 対話の為の機体 左右非対称 戦いを止めさせる為の機体 戦略兵器 最強 海老川兼武 炎の剣 第5世代ガンダム 純粋種 翻訳こんにゃく 脳量子波 量子テレポート





ダブルオークアンタ


刹那・F・セイエイ



出る!!




来たのか!?




遅ぇんだよ!




待ち兼ねたぞ!少年!!





00 QAN[T]



ダブルオークアンタとは『劇場版 機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-』に登場するモビルスーツ(MS)。
本作の主役機となるガンダムタイプMSである。




機体緒元

型式番号:GNT-0000
頭頂高:18.3m
本体重量:63.5t
装甲材質:Eカーボン
動力機関:ツインドライヴシステム(GNドライヴ×2)
所属:ソレスタルビーイング(チームプトレマイオス)

武装
  • GNソードⅤ
  • GNソードビット×6
  • GNシールド
  • GNビームガン
  • GNフィールド
  • バスターソード
  • バスターライフル



機体概要

西暦2314年頃にソレスタルビーイングが開発したツインドライヴシステム搭載型MS。

前身機であるダブルオーライザーの時点で既に高い戦闘力と完成度を誇っていたが、複数の課題はまだ残されていた。

まず、ダブルオーは既存の5基の太陽炉の中から相性の良いものを選別して同調させていたに過ぎない為、ツインドライヴの性能を左右する同調率がまだ完璧とは言い難かった。
更に、その未完成のツインドライヴですら、GN粒子生成及び放出量は開発者イアン・ヴァスティの予想を大きく超えていた。そのため、2312年時点の技術で製造したGNコンデンサやスラスターでは十分に効率よく貯蔵・放出し切れず、謂わば折角の高純度粒子を駄々漏れ状態で浪費していたも同然だった。
そして、刹那はイノベイターとして革新を続けてその反応速度と操縦技量は進化を続け、遂にダブルオーライザーでも刹那の能力に追従出来なくなっており、総合的な性能の向上も必要としていた。


この機体は、そうした経緯でもって改良を加えられた新型ツインドライヴシステムを搭載する刹那専用機であり、初めてイノベイター専用として開発されたガンダムである。
型式番号の『T』は『TWIN』を意味し、搭載する太陽炉は二基とも本機のツインドライヴ専用に木星で新造されたGNドライヴNo.6と7を使用することによりシステム起動開始時から完全な同調を果たしている。

イノベイター(イノベイド)勢力との決戦を終えたソレスタルビーイングは、資金・物資共に疲弊し組織としての運営能力が低下していた為、基礎フレームのデータは前身機・ダブルオーガンダムのものを流用する形で開発されたが、これはダブルオーの時点で設計が完成されていたというのも理由の一つ。
但し、それ以外の構成部品はイノベイターの能力に合わせて改良された新造品が使用され、ツインドライヴの膨大な粒子量にも対応出来ている。

刹那の脳量子波のデータが取り入れられ、イノベイターの能力に対応した機能も追加し、これまでのガンダムとは一線を画す新しいMSとなった。
その為、本機もダブルオーライザーと同じくガンダムを超越した存在であるとして【ガンダム】の名を用いない。

【クアンタ】の語源となっている「Quanta」は、【量子】を意味する「Quantum」(クアンタム)の複数形。
本機の名称の綴りが【QAN[T]】と表記された為、この『[T]』が『GNドライヴ[T]』を連想させた事から、公式サイトでクアンタの太陽炉が新造されたものと発表されるまで「擬似太陽炉搭載機なのでは?」と噂された。

機体造形はガンダムエクシア、ダブルオーガンダム、リボーンズガンダム(1ガンダム)といったエクシア系列の特徴を受け継いでおり、特に頭部のそれはエクシアに強い思い入れのある刹那の為にと気を回したイアンの配慮によるものである。

太陽炉搭載箇所は背中と左肩バインダー内部で、GNドライヴの意匠も意図的に外見からは判別し辛いようにされている。
なお、この影響でダブルオーでは胸部に位置していたコクピットがエクシアなどと同じ腹部に移動している。



武装・機能

  • GNソードⅤ
エクシアから脈々と進化を重ね続けたGNソード系装備の最新型。
Ⅲで確立された新素材技術が全面導入されており、刀身全体がクリアグリーンとなっている。
形状は従来のソードと異なり非常にシンプルだが、GNソードⅡを更に簡略化させた変形機能を持ちビームライフルとして射撃戦にも対応でき、GNソードビットと連結することで【バスターソード】【バスターライフル】へ機能拡張が可能。

劇中ではトランザム発動状態でバスターライフルを披露、そのぶっとさは戦略兵器並のライザーソードモードだった。


  • GNソードビット
刹那の乗るガンダムには初搭載となる遠隔操作兵装。3種類の異なる形状のビットを一対ずつ、計6基を左肩のシールドをキャリアとして搭載。刀身にGNソードⅤ同様の新素材を採用している。
形態毎にA、B、Cの3種類のビットを搭載している。
GNビット等遠隔操作兵装の中では最も有効射程距離が狭い本体サポート用兵装である点と、操縦汎用性が異様に低く刹那くらいしか扱えないという欠点を除けば、あらゆる能力でトップを誇る最強のGNビットである。
ビット本体にグリップが格納されている為、個別にダガーとしても使用出来、一応ビームを射出する事も可能(メカニックfinalではソードビットCのみこの設定画がある)。

前述の通りGNソードⅤとの結合機能により高い拡張性を併せ持ち、刃を外側に向けた円陣に展開する事で強力なサークル状のGNフィールドの形成が可能。更にGNフィールドだけでなく、量子ワープを行うためのゲートを発生させ、クアンタの名に相応しく任意で量子化を発動する。


  • GNシールド
背面から伸びたアームを介して左肩に配置されている大型シールド
新造された最新のGNドライヴの一基がここに格納されている。
GNフィールドを主に防御用兵装として使用する本機だが、このシールドも巡洋艦に擬態した大型ELSの強力な主砲を防ぐ極めて高い防御力を誇る。
GNソードビットのプラットホームとして機能するだけでなく、上部に迎撃用小型GNビームガンを内蔵している。ただし迎撃用といっても太陽炉から直接粒子供給を受けている事もありその威力は並ではなく、ビームを長時間照射出来る程耐久性も高い。




クアンタムシステム

FINAL MISSION~QUANTUM BURST~

トランザムライザーの「トランザムバースト」を凌駕する高濃度粒子を放出し、より強力な脳量子波交信領域を広域に形成する『クアンタムバ-スト』を発動する『対話』の為のシステム。

発動パターンは対話対象の意思疎通難度によって段階的に想定されている。
通常出力となる『タイプレギュラー』での発動では全身の装甲を展開し、GNコンデンサーから効率よくGN粒子を放出して意識共有領域を構築する。

最大出力での使用時にはGNシールドを背中に回し、GNドライヴ2基を直列接続する必要がある。
この直列状態は粒子の純度だけでなく生成量も格段に跳ね上げるので、理論上は普段武装を利用する際にも大いに助けになる。
しかし、直列させたツインドライヴは稼働が不安定になり、設計者のイアンにとっても不測の事態が発生しかねないので、クアンタムバーストの最大出力を使用する時に限定している。
更には大部分の装甲を分離し、各部GNコンデンサーを引き出すことで粒子放出量を極限にまで高め、その膨大な粒子を制御する為に胸部の太陽炉からX字にクラビカルアンテナが展開。
6基のGNソードビットも機体周囲に陣を組み、粒子制御のサポートを担う。

この時ツインドライヴは臨界突破状態にあり、機体はGN粒子と同じ緑色に発光する。
通常のトランザムは兵器用に加速圧縮した朱色を帯びた粒子を纏うが、脳量子波伝播により適した粒子融合され生成された直後の最高純度の粒子の色に染まる、まさに対話の使者の証と言える形態である。


イノベイターとなった刹那がガンダムに何を託すのか。
それを象徴するものこそ、ダブルオークアンタである。



劇中での活躍

映画『劇場版 00-A wakening of the Trailblazer-』

冒頭、新造されたツインドライヴと共に、未完成状態で木星から運ばれて登場。
中盤で外装が取り付けられた姿が一度映るが、実戦投入は最終決戦開始後。
先の戦闘で刹那がELSとダブルオーライザーのトランザムバーストによって意識共有を試みた際にその情報量を処理しきれず、意識不明に陥ったことを考慮したティエリア・アーデにより、ヴェーダのターミナルユニットがコクピット内部に設置された。
これにより、もう一度刹那が意識共有を行った際にELSから送られてくる情報をティエリア、つまりヴェーダが処理し、ELSの“想い”だけ刹那が受け取れるようにした。

最終調整の段階で刹那の意識が回復したため、急ピッチで調整をイアンが行い、ティエリアの意識データをターミナルユニットに送信。
満を持して刹那はELSと最終決戦を行っている宙域に出撃し、ダブルオークアンタの性能と仲間達の援護により超巨大ELSに接近する。

この際、刹那が極力戦闘を避けているため武装を使用するシーンは少なかったが、全方位からの回避の隙間もほぼ無い銃撃を、全身に目でも付いているかの如く綺麗に寸分回避しつつ前進していく様は圧巻。

進路を塞ぐ被擬態バイカル級4隻を生やした大型ELSをライザーソードで破壊、そのまま超巨大ELSを切り裂きに侵入口を作ろうとしたが防がれてしまう。
しかし、そのダメージを負った部分にグラハム・エーカーブレイヴで特攻。文字通り命懸けの活躍で穴が空き、巨大ELSの内部へ侵入を果たす。

対話を望むELSに迎え入れられ中枢に到達した刹那はフルパワーで《クアンタムバースト》を発動。
ELSの真意と状況を知った刹那は武装を破棄し、量子ジャンプでELSの母星へと旅立った。
…よく見ると、GNソードⅤだけ投げ捨てGNビット等は破棄していないが前述の通りGNビットは量子ワープをするゲートを作るのに必要なので、「GNビットを破棄していない」という指摘はお門違いである。




それから対話を終え、50年後にELSと同化して地球に帰還。
この形態はELSクアンタと呼ばれる。
ELS以外にも様々な宇宙生物と融合しており、嘗てパージした装甲等を補う形になっている。虹色の翼のような物体は形態変化が可能な触手を持つ生物が丸ごとくっついている。



ELSクアンタは主を降ろして花畑の中に座し、その身を花で彩る。


草花も兵器に宿る、澄み渡る未来が遂に訪れたのだった……。




Webアニメ『ビルドダイバーズ バトローグ』

イベント「ガンプラバトル1DAYバトルロイヤル」でアヤメの乗機としてシステムがランダムで選んだクアンタが登場。
元々の技量差もあってパルのウイングゼロ(EW)を圧倒しクアンタムシステムの量子テレポートを用いた「太陽量子斬り」なるオリジナル技まで披露した。
しかしパルの奇策に嵌って隙を見せたところにツインバスターライフルを打ち込まれ撃破された。



バリエーション

◆ダブルオークアンタ フルセイバー

機体緒元(フルセイバー)

型式番号:GNT-0000/FS
追加武装
  • GNソードⅣフルセイバー
  • GNガンブレイド×3

機体概要(フルセイバー)

新型ツインドライヴの同調に不具合があった場合に備え、オーライザーのように稼動安定器の機構を盛り込んで設計された「GNソードⅣフルセイバー」を装備した形態。
背中のドライヴがコーン型スラスターに変更されている。
武器を合体・変形させることで、多種多様なモードチェンジが可能。

デザイナーの海老川機体性能は、ヴェーダの行ったシミュレーションによると本機のみで地球圏に飛来したELSの大群を壊滅出来るという驚異的な結果を出している。

但し、これは
  • あくまでクアンタがELSとどれだけ戦えるかの試算。地球の防衛?何それ美味いの?
  • 最低1週間はぶっ通しで戦い続ける。イノベイターとはいえパイロットが疲労に耐えられるか否か等はヴェーダの裁量
  • 劇中では「ELSがある程度地球の技術を学習した状態でクアンタが参戦」したが、このシミュレーションでは「ELSは地球の技術を学習していない状態でクアンタのみと戦闘を行う」のが前提
  • 「そもそもELSは戦意の欠片も無い。仮にクアンタを敵と見做すとどう変貌するか」「地球圏に向かったELSが窮地に陥った場合に、ワラワラ増援が出てくる可能性」という、クアンタに重大な障害になり得る要素も、不確定要素なので敢えて考慮しない

ヴェーダによれば、この条件であればクアンタ単機で地球に来た分のELSを殲滅出来る確率もそこそこ高いらしい。
が、そもそもこれらは現実とはかなり異なるので実際にやるとなればかなり厳しい。
仮に勝てたとしても、地球の防衛に関しては100%無理なので、クアンタ以外の全てが銀色に染まってしまう。

余談だが、上記設定は、作品のテーマを重視して戦闘が省略されたことに対して未練が残ったデザイナーの海老川氏の意向を汲んで設けられた設定である。
ただし、サンライズが監修して許可が下りたものの、水嶋監督は十全にチェックし損ねてしまった。監督は後にメカニックFinalに掲載されたインタビューにて、
「条件付きなら殲滅出来る可能性もあるという設定自体は妥当だろうが、入念にチェックする前に発表されてしまったので、今後は注意したい」
と、情報連携の不備に関して不満を漏らしていた。


しばしば、「対話のためのマシンなのになぜそこまで重武装なのか?」という指摘が入る事がある。
非戦のスーパーロボットとして先輩格にあたる「マクロス7」のファイヤーバルキリーが申し訳程度の短距離ミサイルくらいしか搭載できず、熱気バサラの意向からそれすら搭載されない事も多かった点を考えると、本機の武装は随分と大袈裟に見えてしまうのだが、
そもそもクアンタはダブルオーライザーですら不足するようになったイノベイターの刹那の能力に合わせて建造した後継機であり、
本来はサバーニャやハルート同様にCBが武力介入の必要性がある時に用いる兵器でしかない。
対話を求める刹那の意向を汲んだシステムを搭載しているが必要があれば戦闘をするのが前提である。
あの時点でELS襲来と一連の争乱が起きたのはあくまでイレギュラーに過ぎない上に、
刹那は熱気バサラと違って戦い自体を完全否定しておらず、対話した結果「戦ってケリを付けるしかない」と結論が出ればそれを厭わない。
スーパーロボットの「主人公の分身」という性質を考慮すれば、本機とファイヤーバルキリーの違いは「戦士であり外交官でもある者・刹那」と「徹頭徹尾歌手であろうとする者・バサラ」の違いともいえる。

上記のシミュレーションの際にも、
「仮にELSが単なる侵略者の類で、交渉の余地が無く他の選択肢が無い場合、どう転んでも悲惨な事態にしかならないが、刹那は躊躇わずに武力でもって敵と対峙しただろう」
とも言及されている。

これについては、クアンタの戦闘力の高さという要素以上に、
「ELSに対抗し得る程の圧倒的なまでの武力を持ちながらも、嘗ての刹那のようにそれのみに頼る人格の人間がこの機体を操縦していた場合、どういう事態になったか」
というIFといった趣が強い。



ダブルオークアンタ PV版

BIG EXPOにて先行公開されたトレーラームービー仕様。
『一応の形』として見せる事が目的だった為、像の制作は企画書段階のものである準備稿で行われた。
インテークすらない構成をした胸部や決定稿より厚みのあるデザインとなっているGNソード、
ソードビットもデザインが変更され、初期原稿では「サーベルビット」という名前だった。
カラーリングもトリコロールではなく青と白がメインのツートンカラーで、ロックオンとアレルヤの機体のカラーパターンである白+パーソナルカラーに合わせてある。
こちらの配色も人気が高い。



その他のバリエーション

◆ガンダムダブルオーシアクアンタ

型式番号:GNT-0000SHIA

機体概要(シアクアンタ)

OVA『ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ』に登場するガンプラ。
G-ポータントの後継機であり、HGダブルオークアンタをベースとしている。
詳しくはキジマ・シアの項目参照。


◆ガンダムダブルオーコマンドクアンタ

機体緒元(コマンドクアンタ)

型式番号:GNT-0000SDV
頭頂高:19.0m(ビルダーの独自設定)
本体重量:73.6t(ビルダーの独自設定)

武装
  • ヘビーマシンガン
  • アームズシールド(コンバットナイフ×2、キャノン砲)
  • コマンドソード
  • ミライルランチャー

制作者:ナギツジ・タクマ
使用者:ナギツジ・タクマ

機体概要(コマンドクアンタ)

Webアニメ『ガンダムブレイカー バトローグ』に登場するガンプラ。デザイナーは本家同様海老川氏。
HGダブルオークアンタをベースにSDコマンドガンダムの要素を組み込んだもので、全身に装甲が足され、メインカラーはコマンドガンダムと同じくグリーン。
武装類は実体弾メインになっており、使い終わった武装はパージし機動力を高めていくことも可能。

クアンタをベースにしつつもストレートに「戦闘」を重視した、ある意味対照的なコンセプトになっている。

劇中では冒頭のガンプラバトル全米選手権で使用され、決勝でマハラ・ケンタロウのガンダム・バルバリックに勝利し優勝を飾った。
終盤にはマハラを止めるためGPフェスタのバトルに参戦しガンダム・バルバタウロス撃破に参加した。



関連機体

ダブルオーガンダム

ダブルオーライザー/トランザムライザー

刹那の搭乗した先代機であり、クアンタのベースとなったツインドライヴ搭載機。

ガンダムエクシア

刹那の初代搭乗機。頭部デザインがクアンタに受け継がれている。



立体化

ガンプラ

◇1/144 HG GUNDAM 00

公開に先駆け、2010年8月末に発売。
GNソードⅤを公式画稿のように持たせる事は不可能。
ちょっとした改造で同シリーズの「ダブルオーガンダム セブンソード/G」の武装が取り付け可能。
プロポーションのバランスは全キットの中で最も優れているが、顔つきが少し優しすぎるか。
フェイス部を1mm上に詰めるとグンと良くなる。

同スケールのHGではシアクアンタ及びコマンドクアンタも発売されている。

◇1/100 MG

公開後間もない2010年11月に発売。
内部フレーム搭載の為、クアンタムバースト再現に期待されたが、胸部太陽炉の展開のみできず、中途半端な再現度となっている。
加えて強度や保持力の関係か、ドライヴアームの可動軸がHGより1つ減っており、GNビームガンを前方へ向ける事が出来ない。
GNソードⅤは上面ハンドガードにスライド機構が追加された為、設定画に近い持ち方が可能になった。
スタイルはややマッシブ気味。
2018年9月、フルセイバーが一般販売された。フルセイバー装備のほか、頭部アンテナが新規設計されている。

◇1/144 RG

2016年5月発売。
RGエクシアのAMSジョイントを引き続き使用しているが、腕部フレームが新造された事で、ダブルオーよりも関節構造が設定に忠実なものにバージョンアップされている。
その結果、手首の可動域が広くなり、GNソードⅤが設定画のように持たせられる。
プロポーションはHGとMGの中間ほどのバランス。
後にフルセイバーがプレミアムバンダイ限定で発売。


◆フィギュア

ROBOT魂

良好な可動範囲で頭部の好き嫌いさえ無ければシリーズ中でも上位の出来。
ソードビット用のスタンドも付属している。
その後Web限定でクアンタムバーストVer.も登場。ブラックライト内蔵の専用スタンドが付属したセットとクアンタ単体でそれぞれ発売された。
更にはラストのワンシーンのみ登場したELSクアンタまで発売されてしまった。
武器類が一切付属しない代わりに、3種類のELSが付属。透明な軸(通称対話棒)でELSを連結させてクアンタに持たせる事が出来るという謎ギミックが搭載されていた。

◇METAL BUILD

2017年12月発売。
新設定された『クアンタムバースト・タイプレギュラー』を再現する装甲展開ギミックを搭載。
MGでは不完全となった最大出力でのクアンタムバーストももちろん再現可能。
胸部GNドライヴにはMETAL BUILDでは初となる発光ギミック用LEDが内蔵されている。



ゲームでの活躍

◆Extreme vs.シリーズ

機動戦士ガンダム Extreme vs.

『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of Trailblazer-』枠でラファエルガンダムと共に参戦。コストは3000。
接近戦に特化した性能になっており、同じく参戦しているガンダムエクシアの上位互換とも言うべき性能を持つ。
様々な格闘モーションを持ち、劇中エクシアがトランザム状態で行った連続斬りもあれば、格闘派生で相手を上に打ち上げてビームで撃ち抜く、かのRX-78-2ガンダムを彷彿とさせる〆も出来る。
GNソードビットはバスターソードにする事でリーチや威力が延びるが、一方で展開すれば相手の攻撃を防ぎつつ攻撃出来る為、扱いが重要になる。勿論、
そのまま射出して攻撃も可能。
覚醒するとトランザムを発動し、トランザムライザーと同じく、その状態で攻撃を受けると量子化して回避する。覚醒技は劇中でELSに放った極太GNサーベル。

戦闘開始時にはゲージが溜まっていないが、一定時間経過でクアンタムバーストが発動できるようになる。
コマンドを入力すると刹那が『クアンタムバースト!』と叫び、周囲に触れた相手をスタンさせる緑色の波動を放つと同時に、耐久が少し回復してクアンタムバースト状態に移行する。
余分な武装をパージしてしまう関係上、もう一度通常状態に戻る事は不可能。格闘もGNソードビットを用いたものに変わるが、メイン射撃は変わらない。
クアンタ本体は大幅に弱体化すると言っても差し支えないが、その代わりガンダムサバーニャガンダムハルートをアシストとして召喚できるようになる。特にサバーニャはアシスト系MS最強と名高い。
手動量子化も可能となり、且つ、格闘追加入力でうまく使えば相手の攻撃を躱しつつカウンターを叩き込めるが、やはり全体として3000としては力不足もいいところ。延命用と割り切ろう。
この状態で覚醒すると機体がトランザムシステムによる赤色化ではなくクアンタムシステムによる緑色化を果たすが、性能そのものはトランザムと同じ。別に相手と意識共有したりは出来ない。

Extreme vs.MB

クアンタ参戦から約4年、アップデート版のMBでまさかのフルセイバー参戦
搭乗者は勿論刹那本人ではあるが、同じく参戦した7SGとは違い原作では搭乗経験自体ないため厳密にはパラレルの刹那である
台詞は非常に攻撃的でありながら対話への望みを捨てきれていなかったりどこか独善的な台詞もあったりと精神的に不安定な部分を匂わせる台詞も多く、原点のような落ち着きはあまり感じられない。

『お前達は何者だ!?何を求めてここに来た!?答えろぉぉぉ!!』
『(対戦開始時)敵を殲滅する!』
『(敵機撃破時)対話を選ばなかったのは、お前達だ!』
『(敵機撃破時)フルセイバーの前に、抵抗するなど…』
『未来を切り開く勝ち取る為には、分かり合う必要がある戦うしかない!!』
『どうして…お前達は!なぜ対話を拒む!?(フルセイバーで滅多切りにしながら)』
『わからないのか!?』
『結局、力づくになってしまったか…(勝利時)』
『俺はお前とは違う…始めから、わかりあおうともしなかったお前とは』
『(子供搭乗機体敵対時)子供は、戦場に出るべきではない…!』からの優勢時→『対話への障害と認定、排除する』劣勢時→『子供に…負けるなど…!』

ちなみに性能も攻撃的であり格闘こそ素のクアンタに劣るもののバリエーションが多い上射撃武装も非常に強力であり参戦当初からほぼ同時期に解禁されたナイチンゲールと仲良く最強扱いされていた。

機動戦士ガンダム Extreme vs. MAXI BOOST ON

ダブルオークアンタは新規覚醒技の乱舞斬りが追加。序盤は斬り中心だが、後半になるにつれ量子化を交えた斬り抜けが中心となるためカット耐性に優れコンボ締めに使える。
後のアップデートでBS時のN格闘出し切りと後格闘がバウンドダウンになり、サブ射撃からメイン射撃へのキャンセルルートも追加された。
ただ、メイン射撃の弾数は5発とかなり少ない部類で中距離戦以降がやりにくく、どうしても覚醒中の爆発力に頼らざるを得ない状況が多くなってしまった。
ダブルオークアンタフルセイバーは前作で暴れまわった影響を受け、更なる弱体化を受けている。顕著なのは射撃CSの誘導が再誘導しなくなった部分は、中距離戦で射撃CSを垂れ流せばとりあえず刺さるという容易さを削がれた結果となる。
ただ後格闘格闘派生が量子化可能になったのでカット耐性が良好となり、特にコンボの締めで使えば硬直部分で射撃を避けやすくなっている。

機動戦士ガンダム Extreme vs. 2

ダブルオークアンタは念願の射撃CSが追加。GNソードⅤとGNビームガンの照射で、BS時は貯めが入るが太くなるという差分を持つ。
メイン射撃自体も弾数が6発に増え、後格闘へのキャンセルルートが追加。
サブ射撃はリロード時間、取り付き速度と距離上昇、威力増加など良いこと尽くめである。
特殊格闘は格闘も防げるようになった。だがゲージは100と前作の半分になっているため過信は禁物。
格闘周りはダメージ調整が入った他、BS時前格闘はダウン拾い属性が付与されたり、BS時横格闘に前派生が追加されている。総合的にはBS格闘で詰め寄る事を運営は推奨しているような調整だった。
クアンタムバースト後は前格闘が新規モーションになるものの、自衛力はやや後退した形に収まった。
特殊射撃にガンダムハルート呼出が追加。異様に誘導の強い攻撃だったが、後に下方修正された。
ダブルオークアンタフルセイバーは、サブ射撃の性能劣化や格闘派生の量子化が硬直しやすくなってしまった。
後のアップデートで射撃CSが再誘導がかかるようになり、サブ射撃も誘導強化が入るなど全体的に射撃面は全盛期並みの強化が入った。さりとて環境トップ入りは果たせず、格闘の性能強化が待たれる。

機動戦士ガンダム Extreme vs. 2 X BOOST

ダブルオークアンタは前作で全国大会に出場するほどのパワーを有していたため全体的に下方調整が目立つ。またX BOOST移行に伴う共通調整(耐久値や後格闘の属性変更)も−に働いてしまい、2022年1月現在では厳しい立ち位置となっている。一応レバー横入れ特殊射撃でハルートがビームを撃ってから斬り抜けてくれる新規アシストやクアンタムバースト後にすでに特殊格闘の量子化ジャンプがリロードされているなど強化点もあるが、どちらもやや性能に難を抱える。

一方ダブルオークアンタフルセイバーはNサブ射撃にブーメラン追加、耐久増加、各種特殊格闘から特殊射撃派生追加など強化が目立つ。共通調整で後格のカウンターのバリアがガード移行になったり、オーバーヒート時には横特殊格闘が使用不可になるなど痛い修正もあるが強化点の方が目立つ。依然として中距離での射撃戦は苦手で相手に近づくまでに苦労するものの、一旦近づいてしまえば豊富な近接択を押し付けられる。新規Nサブを横特殊格闘から押し付けたり、格闘を当てるフリをして格闘を迎撃してきた相手に対して横サブ、カウンターを狙ったりと近接択の豊富さは全機体の中でも随一。特殊射撃派生を混ぜた高カット耐性のコンボも健在で環境上位の機体にも抗えるパワーを有する。
しかし中距離での射撃戦の弱さは無視できない弱点。この点が足を引っ張り現在では中堅上位に留まっている。


スーパーロボット大戦シリーズ

スーパーロボット大戦UX

第二部終盤で刹那の復帰と同時に使用可能になる。初登場シーンがとにかく燃えるので必見。
ダブルオーライザー(タンク)から改造を引き継ぐので、是非とも強化しておこう。
ユニットとしては、遠近共に高威力の武装が存在し、さらにMAP兵器まで持っているという高性能機体。
全体攻撃を刹那に習得させるとまさに一騎当千の活躍をしてくれる。
武器以外にもクアンタムバースト(MAP兵器/スペシャルコマンド)が使用可能だが、本格的な解禁は第三部の劇場版シナリオからとなる。

第3次スーパーロボット大戦Z

昔のスパロボみたく、妙に前のめりな立ち絵になっている。
時獄篇ではELSがまだ来ていないのでそれ程強くはないが、火力が十分にある上に分身持ちなので活躍する機会が多い。

天獄篇では遂にELSが襲来した為、時獄篇よりも性能がアップしている。セブンソード・コンビネーションも追加され、UXよりも切り込み型として戦う傾向が強くなった。
(同武装ではソードビットのグリップを使用し手持ちしている)

スーパーロボット大戦BX

原作終盤の再現で、妖精状態のティエリアをサブパイロットに出来るようになった。

スーパーロボット大戦V

戦闘アニメや能力は第3次Z準拠だが、立ち絵が自然なものに変更された。
BX同様に妖精ティエリアのサブ化が可能だが、本作ではBXと違い自由に切り替えできずサブ化かパイロット継続かの二択なのが辛いところ。

◇スーパーロボット大戦X-Ω

2017年2月のイベント「変わる未来」より実装。
2017年12月のイベント「聖夜を待つ者たちへ…」では映画ラストに登場したELSクアンタもスパロボ初登場を果たした。


なお、スパロボシリーズにおいてクアンタムバースト(トランザムバースト)はクロスオーバーの面でも活躍する機会が多い。


ロストヒーローズ2

ダブルオーと新型太陽炉が融合し、進化を遂げた姿として登場。
加入時期は一番最後だが、最大SP・EN攻撃力が高く、スキルも全てEN系なため1よりも使いやすくなった。
GNソードV・ソードモード&ライフルモードの燃費も良く、上位互換のGNバスターソード&バスターライフルも強力。
トランザムで能力を上昇させてトランザムバーストで回復役になったり、ツインドライブで攻撃力を増加させるのも良いだろう。


SDガンダムGジェネレーションシリーズ

『WORLD』で初登場。
単純な性能で言えばダブルオーライザーより高いが、「WORLD」ではダブルオーライザーのトランザムが技扱いでなかった為、火力では劣っている面も見られた。一応こちらもトランザムはマルチロックは出来るが。

『OVERWORLD』ではダブルオーライザーのトランザムも技扱いになったので差はあまりなくなった。
ただGNソードライフルがバスターライフルモードで固定化されたので敵の削りに使いにくくなっている点や、GNソードビットが覚醒扱いになったのでやや人を選ぶ機体になっている。
その分特殊格闘や覚醒、マルチロックにより相手を選ばず無双できる性能ではある。
ただ、マルチロックの射程が違い、覚醒値が必要な覚醒武器が付く等、武装の特性が違いすぎる為、ダブルオーライザーの単純な上位互換とは言えない部分もある。

『CROSSRAYS』ではフルセイバーがついに実装。扱いやすさと火力の高さで、最強機体の呼び声も高い。
……しかし、それ以上のサプライズとしてELSクアンタも実装された。
量子化によるテレポートやらELSを呼び出してファング化して飛ばすとかやりたい放題のアニメは必見。



余談

意図したものなのかは不明だが、左右非対称というデザイン上の特徴は奇しくも同じ劇場版主役ガンダムνガンダムと共通である。
その箇所も『両腕の形状』と『左肩側にビットの塊を背負っている』点で似通っている。
刹那自体、劇中での時間経過を二度重ねているというアムロとの共通点がある。
他にも劇中劇でのアクシズ登場など、要素単位で取り上げればオマージュの可能性が高いが果たして……。




これがラストミッション!

アニヲタWiki(仮)の存亡を掛けた…

追記・修正の始まり!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年06月25日 23:48
添付ファイル