レスティラウト

初出:第307話

家族構成

父:アウブ・ダンケルフェルガー
母:ジークリンデ(第一夫人)
 妹:ハンネローレ
 異母弟:ラオフェレーグ 第二夫人の子*1
 異母妹:ルングターゼ  第二夫人の子*2
第一夫人:アインリーベ


父方の親戚
祖父:ダンケルフェルガー領主一族として健在*3
祖母:ダンケルフェルガー領主一族として健在*4
伯父:ダンケルフェルガー領主一族として在籍*5
 従弟:ケントリプス
 従弟:ラザンタルク
叔父:少なくとも一人ダンケルフェルガー領主一族として在籍*6
叔母:マグダレーナ
 従弟:ヒルデブラント

容姿

髪の色:銀
000000000
瞳の色:赤
000000000
銀髪に赤い瞳。
挨拶の時には貴族らしい作り笑いができるが、
乗り気な時やそわそわしている時でも眉間に皺が寄っていて、苛立った不機嫌顔に見える。

地位

階級:領主一族
職種:領主候補生

年齢と属性関連

  • ローゼマインとの学年差:+3*7
  • 誕生季:秋*8
  • 洗礼時の属性(適性):闇は持っていない*9。少なくとも風*10
  • 3年生時に得られた加護:適性の大神に加えて、武勇*11

作中での活躍

意外とシスコン。本人は自覚なし。ダンケルフェルガーには珍しくディッターには意欲的ではない。
芸術の才能があり、昔から絵を描いたり、ちょっとした細工を作ったりするの好き。
気に入った物は一度自分で作ってみようとするところがある。
絵のモチーフとして家族以外で1番描いているのは、2年先輩で光の女神にも例えられていたエグランティーヌで、妹には初恋相手ではないかと思われている。
頼りない妹の面倒を見てやらねばと本人は思っているが、妹からは話を聞かない兄がいつも面倒事を起こして一緒に叱られるので迷惑だと思われている。

妹曰く、兄の「まあまあ」という評価は「文句の付けどころがない」である。*12
その言動傾向ゆえか、何に関しても難癖を付ける癖があるとされ、下位のエーレンフェスト特に「聖女」と言われるローゼマインには面と向かって悪態をつく。
シュバルツとヴァイスの主の座を譲るように迫ったことで行われたディッターでは、ローゼマインが参加表明したことから自身もルーフェンに参加を強制され、結果的に積極的な指揮も執れないまま「悪辣な奇策」を用いられて敗北したことで、偽物聖女として公然と嫌っていた。
また、領主一族の目で見れば、国全体の力が落ちた現状では礎を奪い合う余裕もないため宝盗りディッターは無駄で、領内の魔物を効率良く狩る為の速さを競うディッターが重要だと判断しており、それもローゼマインを悪辣で卑劣と断ずるのを手伝っていると思われる。
その為、宝盗りディッターを訓練に取り入れようとするルーフェンにやめるよう命じたが反対され、アウブとしての資質を問われた。
不敬として剣で斬りかかるが押さえ込まれ、最終的にはルーフェンの言い分を認めたのか、自身の護衛騎士も含めた学生達の訓練を一任した。*13

ダンケルフェルガーの歴史書のやり取りの中でも、ローゼマインが古語に通じている事を疑ってかかっていたが*14、その後、校閲のために渡された現代語訳の原稿を何度も読み返すほど熱中する。*15
13年春に締結されたダンケルフェルガーの本の出版契約で活躍したローゼマインの存在価値や、エーレンフェストの動向を注視するよう母に何度も説明される。*16
デザイン画を自ら描いた注文書で、エスコート相手に贈る髪飾りを商人を通して発注した。*17
婚約者は母達の間で決定された、ダンケルフェルガーの上級文官見習い。*18

13年冬、貴族院の親睦会にて髪飾りのデザインセンスを褒められ、歴史本にはまった事もあって、ローゼマインとのお茶会に前向きになるほど態度を軟化させる。
ローゼマインが得たと予想される加護数の多さに驚き、母の説明の正しさにも納得の様子を見せるものの、この時点では領地としてどうしても必要という程でもないと判断しており、音楽の授業での祝福(漏れ)の神々しい様子を聞いても、頑なに「偽物聖女」と呼び続けていた。
その後、領主候補生の箱庭の授業で見せた尋常でない魔力量の報告を受け、更に驚愕する。*19
また、虹色魔石の簪のデザインの見事さや、自身が発注した髪飾りの実際の出来に大きく興味を向け、納品の為のお茶会の設定を迫るが、全講義を終わらせるには早すぎる日程をローゼマインに提案されて少し焦る。ちなみに「髪飾りの出来栄えによっては、別の物が必要かもしれぬ、なるべく早く」とは「髪飾りがどのような出来か、楽しみで仕方がない」という意味のようである。*20
その直後、授業でローゼマインの電飾奉納舞を見て、大量にスケッチしてしまう程「聖女」に心を奪われる。*21
お茶会では、その事は本人には隠し、髪飾りの出来に「まあまあ」満足し、ダンケルフェルガーの歴史の本の挿絵を見て、ディッター物語の挿絵を自らに依頼させる。*22
そして、この年に行われた共同研究や、描いた挿絵の扱いに関する交渉を経て、大領地の領主第一夫人としてローゼマインを欲し、求婚する。
その際、エーレンフェストに対し上位領地の圧力をもって嫁取りディッターの勝負を受けさせ、説明不足と羊皮紙不足により契約内容の認識の齟齬を起こす。
この勝負は領地の後援を受けており、ダンケルフェルガーの秘宝である闇の魔石で出来た盾を持ち込んで必勝を期したものの、中央騎士団などの乱入によって起きた混乱の中でハンネローレが自ら陣を出た事で、敗北に終わる。
一連の不始末により、母によって電飾奉納舞含む力作の絵の数々をエーレンフェストに譲ることが勝手に決められ、絶叫する。*23
表彰式では共同研究が1位となり、個人では6年生の領主候補生の最優秀となって表彰される。*24
卒業式の奉納舞では闇の神を担当。派手に盛られた光の女神役のディートリンデをなるべく視界に入れないようにしていた為か、舞の回転中だった所に倒れてきた彼女を弾き飛ばしてしまった。*25

14年春、領主会議での星結びの儀式を見て、その美しさに絵を描かずにはいられなくなった。*26
15年春、礎争奪戦礎取りディッター)でアーレンスバッハに赴くローゼマインの成長した姿に、息を呑んで驚愕に満ちた視線を向ける。*27
目も合わせられず、グルトリスハイトを持ったローゼマインに敬語で話したため、慇懃が過ぎると思われてしまい「距離を取られたようで少し寂しいです」と言われて以前の態度に戻す。*28
嫁取りディッターでの恥を雪ぐべく指揮官の一人として遠征するハンネローレを心配し、こっそり「今回の勝算はあるのであろうな?」と尋ねた。
貴族院防衛戦では、王族から要請があればアウブが中央に行くことになったので、アウブ不在時の次期アウブの役目として自領の礎の防衛に専念した。

が、継承の儀式では「エグランティーヌとローゼマインの奉納舞がある」と知ってアッサリと叔父に留守を頼む。
目の色を変えて参列する事に執着した為、母から筆記具を講堂へ持ち込まないという約束を取り付けられ、当日の朝には何度も持ち物検査された。*29

画伯エピソード 結末
12年冬 髪飾りの注文の絵を描く 納品された髪飾りに満足する。
職人の技術力を褒める(=欲しがった)が
ローゼマインの専属だった為お断りされる*30
13年冬 ローゼマインの奉納舞を見たあと自分の紙どころか
の紙まで使って描ききってしまう
手持ちの羊皮紙が無かったため嫁取りディッターの契約書を
エーレンフェスト紙で交わした事をに詰問される。
罰として、描いた絵を全て取り上げられてしまった。*31
ダンケルフェルガーの歴史の本の挿絵を気に入る
挿絵画家を褒め、ローゼマインの絵の有無を尋ねる*32
ディッター物語の挿し絵を描く為
ものすごい勢いで残りの講義を終わらせる
14年春 領主会議にて本物の星結びの儀式を目の当たりにし
絵起こしに没頭する
15年春 継承の儀式に参列する為「筆記具を講堂へ持ち込まない」という
約束をし、持ち物検査を受ける*33
儀式終了後はいち早く寮に戻り自室に篭る*34

経歴

07年冬 貴族院入学
11年冬 シュバルツとヴァイスの主の座を巡ったディッターで敗北する
12年冬 ダンケルフェルガーの歴史書の現代語訳にはまり込む
13年冬 嫁取りディッターで敗北する
     六年生の領主候補生の最優秀者として表彰され、貴族院を卒業する
14年春 領主会議にて本物の星結びの儀式を目の当たりにする
15年春 貴族院防衛戦では次期アウブとして自領の礎の守備につく
     継承の儀式に参列する
     領主会議の星結びにてアインリーベと結婚する*35


作者コメント

2015年 11月03日 活動報告
レスティラウトもダンケルフェルガーの領主候補生ですからね。芸術肌でルーフェン辺りからはダンケルフェルガーらしくないように思えても、他領から見れば立派なディッター好きです。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • この人、イメージがドラえもんの「ジャイアン」なんだけど……ワガママだし傲慢だし。 ハンネローレは好きだけど、ダンケルフェルガーは嫌い、主にこの人のせいで。。。 - 2017-09-03 04:25:38
    • 自業自得なのに周りは評価するも逆恨みで嫌い続け、美しい姿に惚れて手のひら返し。その後も上から目線で謝る気なしの上、身分が上にならない限り呼び捨て。貴族としてはいいのかもしれないが、人間としてはダメな人という印象。 - 2017-09-03 09:15:10
  • 典型的なツンデレ。 - 2017-09-12 14:16:15
    • ツンはともかく、デレたことあったっけ? - 2017-09-12 21:22:24
      • 絵描いているところじゃね? 部屋の中昔惚れた女の絵でいっぱいって・・・ - 2017-09-14 15:17:09
        • ん~…… 本来?定義のツンツンデレデレからくる「ツンデレ」ではなく、もはや意味変わってね?の「ツンデレ男子」なら、あてはまるのかもしれないと思う。ただ、「ツンデレ男子」カテゴリーの場合、レスティよりフェルの方がはるかに当てはまる気がする。 - 2017-09-14 22:28:36
  • おそらく身内の弱者に対しての責任感が強い跡継気質。まず何に対しても難癖つけるのも、見知らぬものに対する無意識の警戒から来ていると思われ。レスティのアレはツンデレなんじゃなくて、ただ不器用なだけ。おそらくハンネとの問題がなければ、鈍感力が高いヴィルフリートが友人として一番相性が良い。 (2018-03-31 19:59:12)
    • エイプリルフールには早い登校でしたね。その身内(両親・ダンケル勢含めて)が評価しているのに、自業自得の逆恨みによるローゼマインへの悪態は傲慢・狭量レベルのオレ様気質を示しているかと。手のひら返しも奉納舞という絵にしたいという主観的で領地の利益には関係ない要素。その後も、妻そっちのけで地雷さんや光姫にお熱だし下手するとヴィルフリート並みに無神経なので気が合うかもというのは同意するが。 (2018-04-02 23:01:59)
      • 跡継気質ってのはプラス評価してるってわけじゃないぞ?目下の者に対する責任感って、基本上から目線の独善から来るものだから、掛けられる側としては凄く迷惑な事が多い。出会ってとりあえず相手の否定から入るのは、人見知りみたいなモノ。尚且わざわざ口に出して難癖つけるのは「対象に興味がある」という無意識の意思表示。ロゼマに対する態度は手のひらクルーなんじゃなくて、ありゃ感情ゲージが溜まって表に出ただけだろ。ただの素直になれないお年頃ってやつ。 (2018-04-03 08:47:06)
        • 跡継気質って妙な造語ではなく、単なるガキ大将気質とかでよさそう。あの逆恨みは擁護不可。単に自分の感情や興味が我慢できない子供の上、相手が下なら絶対に上から目線で相手マグダに何度も叱責されないと価値が分からなかった時点で。 (2018-04-03 22:12:52)
          • 君の主張するロゼマの価値は、レスティにとってもダンケルにとっても特に必要な物ではない。重要度では「ロゼマが聖女か否か」よりずっと下位に位置する、その程度のものだ。レスティがロゼマを聖女であると認めた後に、自分のもとに引っ張ってくるための表向きの理由の補強にはなったがな。 (2018-04-07 03:25:22)
            • ジークリンデは第一夫人にほしいと明言しているし、周囲もダンケルにほしいと言ってることからダンケルには特に必要ないっていうのは嫌っているレスの偏見も入ってるんでないかね。能力ではなくキラキラ奉納舞という絵になる姿というだけで聖女とか手の平返している暴走馬鹿っぷりはダンケルっぽいけどね。自分が持ち込んだ勝負で逆恨みし、偽物聖女と感情露わに難癖というか悪口レベルの言葉を本人や周囲に面と向かっていう人のどこが後継ぎ気質とやらなのかおれにはさっぱりわからないので教えて。ハンネの嫁入り勝手に決めてジークリンデに大目玉だったし、最上位領地のダンケルの領主候補生だから周囲も非難できないだけで、正直貴族としてかなり問題だと思うんだが。 (2018-04-17 21:48:38)
              • まずそこからかよ。「資質は気質ではない」って分かるか? 実に跡継ぎの長子らしい気質だって言ったんであって、跡継ぎにふさわしい資質とは言ってない。 14歳の年頃の少年が、自分の中の一番きれいな『美しく嫋やかで慈悲深い聖女幻想』を聖女と呼ばれてる見た目幼女に粉々に破壊されて負けたんだ、そりゃ認めないって言うし、嫁にもらえと言われたところで普通に考えて拒むんじゃねぇの。 事実、子供なんだから。 (2018-04-20 23:57:31)
                • >>自分を殺しても領地の利益のために結婚するのはフェルディナンド以外ほぼいない。 初代ギーベ・グレッシェルやゲオルギーネとかいるぞ。というかダンケルは特殊な気風で肯定的だが基本は親の言うとおり(血族・領地の利益)に結婚するのが普通。だから他領地との婚姻はアウブ同士の許可がいるのをわすれているの?ヴェロからの保護が目的で嫁いだエルヴィーラとローゼマリー大好きだったカルステットも地雷さんいないときは冷めた仲だったみたいだし。というか子供作るの魔力差によって不可な世界観で愛人いたりするのに、主人公の周り以外も感情殺した結婚してない奴がいないというのは視野狭窄。気質は性格ともいう。感情をかくして、持って回った嫌味をいうのが貴族でありレスとD子以外はよほどの仲か身内でないと実践している(ムレンロイエとかも)。子供による社交実践の場が貴族院で、面と向かって偽物聖女という悪口を感情のままに言う子供な性格レスぐらいしかいなかったし、自領では自分以外殆ど評価している。追記:後継ぎ気質とかいう妙な造語は他者と自分だと解釈違ってくるの当たり前なんだから、まずその造語がどういう意味なのかきちんと解説するかそもそも使わない方がいいですよ。 (2018-04-21 05:12:52)
              • メインストーリーに関わるキャラで、自分を殺しても領地の利益のために結婚するなんてキャラはフェルディナンド以外はほぼ皆無、自分の望みを叶える手段として活用して好き勝手してるのに、そんな「貴族かくあるべし」みたいな君の理想を押し付けられてもね、ストーリーが進まんでしょと思ってるよ。 だいたいそんな失望を覚えている辺り、君はレスティラウトというキャラに夢を見すぎだ。 (2018-04-21 02:15:37)
                • あの世界ではほぼ全員ある程度好意をもって結婚しているという思考は上記にも書いたが、世界観を甘く見すぎ(夢を見すぎ)なのはそちらかと。失望はしてませんよ、期待すらしてないし(苦笑)。他領地の姫の悪口いうって最悪領地間の仲が険悪になりかねないのにすごいなぁというある意味感心ですよ。地雷さんの気にしない性格と最上位領地という格差のせいか、問題になってないようですが。フェルへの一方的な婚約破棄という負い目あるのに、悪口いってた本人に謝罪もせずに上から目線でプロポーズとは流石はあなたのいう後継ぎ気質ですね。 (2018-04-21 05:45:16)
                • 上でも述べてる人がいますが、他にもブリュンヒルデとジル、トルデリーデとカルステッドというように恋愛感情はなく領地や派閥の利益での婚姻はメインキャラでも結構あります。流し読みであまり読んでいないのかも知りませんが、下でも同様のコメントしているようなので言いますがイメージ先行での感想は避けてある程度読み込んでからの方がよいかと。 (2018-04-21 08:04:05)
  • とにかく毎年ディッター通じてエーレンフェストとの関係を保たせるという物語上の都合で性格が決定された犠牲者。この子が掻き回さなければダンケルフェルガーとの縁がここまで強化されなかったでしょう。その場合、最後の連戦でダンケルフェルガーを巻き込む展開が相当難しくなったと思われます。その設定の為にかなり無茶苦茶な性格にされました。 (2018-04-17 10:48:54)
    • 勝手にストーリーで性格を決められたというのはどうかと。レス兄の性格がディッターに繋がったのは妹関係で暴走してシュミルズを奪おうとする1年だけ。2年はレス兄関係ない。3年もローゼマインの規格外の能力をみて、迎え入れたいという領主候補ならある種当然の判断であるから別にあんだけ傲慢な性格の必要性はないと思う。シスコン気味だが敗北はきちんと受け入れ、能力や姿に魅せられ暴走してディッターを挑むという過程で深い縁になっても問題はないでしょう。最後のディッターはもうレス兄関係なく、アウブ・国レベルの話だしね。 (2018-04-17 21:59:33)
      • いや、この作者はこれだけの長編であるにも関わらず、破綻させずにキャラを動かして遥か前から伏線張るのがとても上手なのでむしろ誉め言葉です。ユルゲンシュミット最強の剣でありつつも単純明快で動かしやすいダンケルフェルガーとの縁を作る為にはマインにちょっかい掛け続ける他領の男は確実に必要で、それは設定上王族では駄目でしたから。最終的にマインに惚れる要素(芸術家としての視野)も予め盛り込んでおり、かつ、友人として重要なハンネローレの兄という、どう考えても予め予定して慎重に性格や言動を決めていたと思います。 (2018-04-23 09:27:56)
        • 同じ意味で、ルーフェンの性格も設定されたのでしょう。兎に角、物語としてはダンケルフェルガーは最終的にマインの味方としなくてはならないのでそれに都合が良いように基本方針は決定されたと思われます。 (2018-04-23 09:29:09)
        • 付け加えると、この作品はハイファンタジーだけでなく少女漫画的でもあると思いますので、むしろレスティラウトの性格は少女漫画的にはよくあるやつです。 (2018-04-23 09:31:46)
    • 一年時:ルーフェンがディッターでの決定を強行、二年時:アウブ・ダンケルの暴走、三年時:速さ→ダンケルの慣習、嫁取→レスティとヴィルの複合 なので、毎年ディッターになった主要因は、ダンケル領の気風であって、レスティ個人の性格ではないと思う (むしろダンケル内ではディッター狂度は低めかと)。 基本的にどのキャラもぶれていないし。世界観や生い立ち(環境)で性格が決まることはあっても、ストーリーに合わせて性格をゆがめることはしてないんじゃないかな。  ……敢えて言うなら、ダンケル領の領主候補生として生まれ育ったことによる犠牲者? (2018-04-17 22:17:43)
      • ぶれてるというか、他の変な性格だとか異常者だとかまともじゃない的な指摘に、適当な理由で傲岸不遜な性格になったのではないと説明したかったのです。ストーリーに合わせて歪めたというよりストーリー上の必然キャラでしょうね。少なくともレスティラウトやルーフェンは始めからあの性格じゃなきゃ、かなり作者が後で困ると思います。 (2018-04-23 09:36:23)
        • うーん……どうだろう。ふぁんぶっくQ&Aを読む限り、大まかな話の流れを決めた後に肉付けされたキャラなのなら、キャラの性格に物語進行上の役割が含まれている(物語ありきでキャラ設定の)可能性があるけど。 初期プロット時から存在したキャラなら、性格ありきで配役の方を調整されている(キャラありきで物語設定/二部までの配役変更該当例:トゥーリ、フリーダ、ルッツ、オットー、ベンノ、ギルド長、神殿長、神官長)。 そしてレスティラウトがどちらのキャラなのかは、現時点では作者のみ知るかと。 <個人的には、活躍度からキャラありきな気がするが。真相は不明。 (2018-04-24 01:07:45)
        • プロット上必要だったのは、実力主義+戦い大好きなダンケルの気風であり、レス兄は一年時のディッターと三年時の嫁取りディッター以外でストーリー上役割は殆どない。同世代唯一の女友達であるハンネさんは超重要だが。エーレンに王族の宝であるシュミル所有権があるので奪おうとする、地雷さんを評価して自領のものにしようとする領主候補生という点さえあればいいから別にあの性格である必要性は然程ない。特に後者は大領地の領主候補生として普通の判断だしね。 (2018-04-24 22:14:13)
          • むしろハンネさんの性格こそどうでも良かったと思いますよストーリー的には。むしろハンネさんの性格だけだとダンケルが最終戦に付いてこないじゃないですか。 (2019-01-14 16:11:54)
    • リュティガーやオルトヴィーンみたいな優等生キャラやハンネローレやフィリーネみたいな気弱なキャラだったら絡み辛いから仕方ない (2018-04-23 19:58:16)
    • 本人に自覚がないだけでハンネ並みの間の悪さのせいじゃないかな。妹可愛さでから回ったりその妹を巻き込んで叱られたり、相手に誤解されることも多そう。ドレッファングーアの加護が必要だと思います。 (2019-08-24 17:18:15)
  • アナグラムで「イラストウレテ」になる、というのは考えすぎですか。 (2018-07-02 21:33:33)
    • すごい、よくそんなアナグラム発見したなwレス兄が売れない画家みたいで笑ってしまった (2018-07-04 14:51:17)
    • ヴィルマとどっちが上手いのかな? (2018-07-10 12:44:37)
  • しかしロゼマさんとの婚約不成立で助かったな 下手したら第二の金粉王子になるところだった (2018-09-06 15:20:38)
  • レスティラウトの騎獣はやっぱ紋章の鷹なのかな? (2018-10-26 23:04:07)
  • ダンケル血統のヒルデブランドがいずれアウブになるためにエーレンからフェルディナンド取り上げる後押ししてその後にローゼマイン嫁取りとかエーレンに魔力不足で死ねというようなもの (2019-08-26 11:21:46)
  • レスティラウトがというよりダンケル全体の行動として悪気無くエーレンに不利益な行動ばかりしてる。最後の最後で本物のディッターで帳尻合わせたが (2019-08-26 11:26:20)
    • 実戦で死者を1人も出さず、その上順位を1位に上げたので何も損をしていない。完全な勝ち組領地である。 (2019-08-27 21:36:50)