呂布

目次

  1. 史実の呂布について
  2. 呂布(ワールドヒーローズ)
  3. 呂布(SANGO FIGHTER)
  4. 呂布(恋姫†夢想)
  5. 未分類大会情報

史実の呂布について

+ ...
呂布(りょふ、ピンイン: Lu Bu(リュイ ブゥ)、生年不詳 - 198年)は、後漢末の武将。
字(あざな)は奉先(ほうせん、Fengxian(フォンシェン)。五原郡九原県(現在の内蒙古自治区包頭県西部)の出身。

後漢末の戦乱における群雄の一人であり、
稀代の名馬とされる赤兎馬と共に「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」と称された勇将。
また古代中国の名将・李広になぞらえて「飛将軍」と称されてもいる。
特に小説『三国志演義』における活躍から、個人の戦闘力に限定すると「三国志最強の男」と呼ばれている。

正史『三国志』によれば、腕力は並み外れ、弓術・馬術を得意とし、
キレた董卓が投げ付けた手戟を避ける敏捷性を備えるなどかなりの豪傑。
また騎馬の運用に優れており、その軍団は他の群雄から恐れられていた。
その一方、思慮に欠け、目の前の利益に弱く、反覆常ならぬ性質であり、
正史の編者・陳寿は「英奇の略無し(英雄と呼べるだけの知謀が無い)」と断じている。

但し、大局的な眼は持っていないという点においての異説はあまり見られないものの、
戦場において敵の罠や弱点を見抜くことには長けていたとする説もあり、武力一辺倒の人物ではなかったのかもしれない。
尤も曹操や陳親子の誘引の計や離間にあっさり引っ掛かるわ、
劉備の伏兵で増援を阻止された挙句、郭嘉の水計で城ごと水浸しにされるわ、
果てには更には目の前にいる曹操に気付かず曹操の馬の色を教えられ、
それを探して曹操に逃げられるという大ポカを犯していたりと基本的に頭は悪い

上司であった丁原を殺して董卓に仕え、また董卓をも殺してその部下に逐われ、
袁術・袁紹・張楊などを頼りながら中華を転々とし、後に張邈・陳宮らと兵を挙げて曹操を襲撃するが破れ、
また劉備を頼るも、隙を突いてその土地を奪い独立。
しかしとうとう曹操・劉備により捕らえられた。
人材コレクターとして有名な曹操は能力があれば多少の悪人でも許して配下にしており、呂布にも興味を示していたが、
劉備と夏侯惇の「呂布を抱えた者達の末路」を聞かされ結局処刑している。

『三国志演義』では、正史における豪傑ぶりがさらに誇張され、派手で無敵な美丈夫として位置づけられている。
虎牢関の戦いにおいては、主人公サイドである張飛と互角に打ち合い、加勢した関羽・劉備をもあしらう余裕を見せ、
下邳の戦いでは、曹操軍の猛将である夏侯惇夏侯淵許褚典韋・曹仁・曹洪・徐晃を相手に打ち合い、退けている。
こうした武勇に加え、天下の名馬・赤兔馬と天下の美女・貂蝉を手中にする優遇ぶりからも、彼の人気がうかがえよう。
なお、彼の武器といえば「方天画戟(西洋のハルバードや日本の十文字槍のようなもの)」が有名であるが、
これは明に成立した『演義』の創作であり、後漢末にこのようなな武器は存在しない。
また、知名度の高さの割に関羽=ヒゲ、孔明=美形というようなこれといった外見的イメージが伝わっていないためか、
翎子(りんず。京劇用の長い雉の尾で出来た頭飾り)=呂布のトレードマークというのが現在の定番になっている。
本場中国にまで定着しているようで、例えばSNKのゲーム作品とコラボしている『王者榮耀』の呂布も巨大な綸子を付けている。

後世の三国志作品では『正史』『演義』の影響を受け、天下無双の武人だが知謀はまるっきりの馬鹿という描かれ方が多い。
一方で、北方謙三の小説『三国志』のように「男の誇り」と愛する女に忠実で、
それらを守ることこそが全てに優先するという、いかにもハードボイルド小説といったキャラ付けがなされることもある。
まぁ正史でも演義でも基本的に馬鹿なので、むしろ稀有なキャラ付けと言えるのだが、
下記の『無双』シリーズや『SD三國伝』の呂布トールギスなど、後発の作品では北方三国志の呂布のイメージがよく採用されている。

コーエー(現:コーエーテクモゲームス)の『真・三國無双』シリーズでも、概ね『演義』や北方三国志を踏襲した設定がなされている。
高攻撃力・長いリーチ・全方位カバーの広範囲…の攻撃に加え、足も速いわ弓も強いわと、
あらゆる面で「最強」としか言いようがない性能を誇り、プレイヤーに恐れられつつも親しまれている。
しかも出番が基本的に三国志の初期にあたる「虎牢関の戦い」である都合上、
キャラによっては1~2ステージ目でこの強敵を相手に戦わなければならなかったりする
さらに、大体戦場に同道している貂蝉をうっかり倒してしまうと強化された上に暴走し、
無双乱舞の一撃で撤退に追いやられることもしばしば……。
同シリーズのクロスオーバー作品である『無双OROCHI』シリーズでは、戦国最強との最強対決が話題となった。
ただ、頭飾りの翎子が触角にしか見えないことからファンからはゴキブリという酷いニックネームをもらっており、
さらに『5』以降北方三国志の影響か全身黒尽くめの鎧を身に纏うようになったため、ますますゴキブリっぽくなった。
『6』におけるプレイヤーとの会話で「その羽飾りが似合う」と言うと上機嫌になるため、どうやらお気に入りらしい。
『7猛将伝』からは正室である「厳氏」との間に生まれた娘「呂玲綺(史実における実名は不明)」が参戦し、
同作のPV2弾ラストでは親バカっぷりを見せている。

この他、とあるRPGでも登場しているが、ストーリーの関係上で途中まで名前が判明しない。
+ しかしながら
…所持する武器と特徴的過ぎる頭飾り「翎子」のせいで、ちっとも名前が伏せられていない状態だった。

余談だが呂布が平然と裏切りを繰り返す人物だったことに関して、
彼が中原の文化すなわち中国の儒教文化と違う価値観に生きていたからではないかとも考えられている。
呂布の出身地は北方の騎馬民族の影響力の強い地域であり、呂布の身体能力や騎兵を指揮する技量から、
漢民族ではなかったのではないかという説も存在し、一概に「悪」と決めつけることが出来ないのが彼の魅力かもしれない。
ただし割とトンデモ説の一つであることには違いないので注意。
カプコンのベルトスクロールアクションにもなった漫画『天地を喰らう』では西洋人とのハーフ説が採用されており金髪だったりする
金髪は劣勢遺伝聞こえんなぁ


呂布(ワールドヒーローズ



「やるな!この腕の震えがまだ収まらぬわ」

 コピー:三国一の大豪傑
 出身地:中国
 身長:209cm
 体重:110kg
 誕生日:不明
 血液型:B型
 職業:豪傑
 格闘技:槍術
 ※しかし愛用武器の名は「方天画」スタッフが戟(げき)と槍(やり)を同じものと勘違い?
 趣味:飲茶
 好きな物:酒、豪快なもの、天下
 嫌いな物:忠誠、敗北
 知能指数:気にしない
 宝物:手に入れた物すべて


ワールドヒーローズ2JET』において、ゼウスにより召喚された。
この時ゼウスはHEROを呼ぼうとしたのであるが、間違ってHEEL(悪役)と入力してしまった為、呂布とジャック・ザ・リッパーが召喚された。
確かに経歴的には裏切りに次ぐ裏切りと悪役と呼ばれるに相応しいのだが、ある種英傑とも呼べるその武勇からして
HEROとしても呼ばれる可能性はあったのかもしれない。まぁ少なくとも正義の味方にはならないだろうが。

呼ばれたのは良いが隙あればゼウスの寝首をかこうとしていたり、天下を制覇する為に強い部下や強い嫁を探していたりと、
ゼウスの言うことを聞いているようには思えない。
『パーフェクト』でのVSゼウスの「うらぎりではないぞ!」の発言や、勝利時の台詞(「あるじとよべいっ!!」「たちばがかわったな!!」)から、
ゼウスを自分を倒す程の力を持つ強者として従いつつ自らの武による打倒、そして時空を渡る力を持つゼウスの城を奪い、
自分が敗北する歴史を改変することによる世界制覇を狙っている…という状態のようだ。
『WH2JET』で優勝した時も「グァッハッハ、これで天下は俺の物だぜ!!」と暴露しちゃってるし。

しかし武人らしく正々堂々とした戦いを好み、戦った英雄に対しては基本的に敬意をもって接する。
特にJ・カーンとは武人として互いに尊敬しあっている。
「またいつか、手合わせ願いたいですな!!」
しかしジャックとはどうも馬が合わないようだ。
「おぬしのような奴は、どうも虫が好かんな!!」

なお、汎用ランダム勝利メッセージで「誰にでも誘いをかけている訳ではない。 おぬしだけだ」と言っているが、
相手を勧誘しない勝利メッセージは1つしかない

呂布の英雄格付け
J・カーン殿(右腕)>ブロッケン殿(参謀)>エリック殿キッド殿(水軍)>ジャンヌ良子(后)>その他の英雄
珍しくシュラを地味だと馬鹿にしない。地味すぎて固有台詞さえ言わないのかもしれないが。
ただし、ブロッケンには「危険人物」と認識されている。

ちなみに、『コミックゲーメスト』で雑君保プ氏が執筆していた漫画版では、
ゼウスが出てこないため「ヒーロー達と敵対したブロッケンギガスにより召喚された」ということになっている。
彼らの目的は歴史改竄による世界征服であるが、呂布の目的は単に強敵と戦いたいという部分が大きかったようだ。
ギャグっぽい立ち回りもさほどなく、ゲームにおける性格ともあまり変わらない。
所謂テンプレ的な「呂布っぽい性格」と言えばいいのだろうか。
終始大暴れしており、奸計と称して罠もためらわず使い、やりたい放題。わりとシンプルイズベストなキャラ付けだった。

漫画版はこれ以外にも、タイムマシンを製作したのが「根腐軸盆博士」とその部下ABCDであったり、
HEROを召喚した訳ではなく自力で適当に引っ張ってきただけだったりと全体的に設定が違う。
特にまともな聖人ラスプーチンやフリーダムな良子など面白い変更点も多々あり、
漫画自体の出来もかなり良いため、ワーヒー好きは読んでみるといいかも。

原作(『パーフェクト』)では大振りかつ高威力を誇る大P、Kを振り回すという戦い方が基本なキャラ。
次に出す技の威力を上げるエクストラアタックの「酒借力(しゅしゃくりき)」を積極的に使い、事故勝ちを狙うキャラとなっている。ぶっちゃけ連続技いらず。
良子NEO-DIOと同じく対戦で使うと嫌われる。
ただし、しゃがみ状態ののけぞり時間が他キャラに比べて長いため、マッスルパワーキャプテンキッドには「呂布限定永久連続技」が存在する。
その戦い方ゆえ相手する際は「しゃがみガードしとけば死なない」と言われていたが、
研究により、空中エクストラアタックの「天突槍(通称ぶら下がり)」からすぐ地上に届くジャンプ攻撃を出す崩しが加わり、さらに強くなっている。
おかげで従来の必殺技はなんだか影が薄い。いやまったく使えないということはないのだけれど。

槍撃破(そうげきは)
水平から斜め45度に向かって突きの連打をする技。食らい判定が足元スレスレだけなので地味に反撃されにくいが、威力が…
槍乱舞(そうらんぶ)
炎をまとった槍を縄のように振り回す演舞。攻撃判定が槍の先っぽにしかないのでやや当てにくい。削りには使える
気功蹴(きこうしゅう)
槍を持ってロバートの飛燕龍神脚。判定が鬼強いがモーションバレバレ
火炎拳(かえんけん)
酒を飲んでヨガフレイムなぜ拳だし。いちおう空中ガード不可。
麒麟猛衝破(きりんもうしょうは)
槍乱舞のパワーアップ版。麒麟の形をした炎が出てくる(飛び道具扱い)。

どんな場所でもぶら下がる

なお、『ワールドヒーローズ』と同じ世界という設定の『ニンジャコマンドー』に登場する敵・リョフとの関係は不明。
尤もこちらは首だけがドラゴンになったり、後のステージで別個体が登場したりと、
どうも敵組織の作り出した「呂布をモデルにした人造人間」っぽい節がある為、同一人物の可能性は低いかもしれない。
ちなみに、立て続けに呂布が登場したことで、「ADKと言えばと呂布」と言われることもあったという。


MUGENにおける呂布(ワールドヒーローズ)

+ 死門氏製作
  • 死門氏製作
『WHP』仕様。
死門氏のサイトは閉鎖されたため、現在は正規入手不可。
ラスプーチンのコサックキックのような技が増え、連続技に幅が出ている他、
通常投げの「風車殺し」が仕様なのかバグなのか原作より余計に回すため、とんでもないダメージになることも(元町氏による修正パッチも存在する)。
最新版の更新によりエクストラアタックの酒借力と天突槍が搭載され、原作仕様再現と相成った。

AIは搭載されていないが、ワーヒーキャラでお馴染みのtokume氏による外部AIパッチが存在。
通常技による的確な牽制や対空、ガード弾きからの連続技とかなりの強さを誇る。
また、前述の元町氏のパッチもこのAIに対応しているので安心である。

ペパーミント氏によるAIも公開された。10段階のレベルや挑発設定、天突槍の使用スイッチなども搭載。
また、風車殺しに関しては、元町氏の修正パッチを元にして動作の修正がなされている。

+ 癈仁氏製作
  • 癈仁氏製作
死門氏のものを改変。より原作に近づけている。
性能や変更点を解説したテキストが非常に豊富で一読の価値あり。
『ワーヒー』は体力が減ったら究極奥義(超必殺技)を使い放題、
そして画面下のヒーローゲージは必殺技や究極奥義のパワーアップ版を出すために存在するという仕様なのだが、
原作再現か、通常のMUGENのパワーゲージを使用するかを選択できるようになっている。
デフォルトAIは搭載されていない。



「俺の名よ!! 天下に響けぇ!!」

出場大会

削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー



呂布(SANGO FIGHTER




「ヨッシャ!エイサー!」


 1993年に台湾の「熊猫軟體股扮有限公司(Panda Entertainment)」によって制作されたPCゲーム、
 『SANGO FIGHTER(正式名『三國志 武將爭霸』)』、および1995年に発売された続編の、
 『SangoFighter2(『武將爭覇2』)』に登場する呂布。

ジョコプターと同様、やたらと気合の入った掛声を出し、なんと「方天画戟」を持たずに素手で戦う
というかなんか波動みたいなのが出ている。一体何者なんだ…


MUGENにおける呂布(SANGO FIGHTER)

General Chicken氏が製作したものが存在。
海外サイト「Mugen Storehouse」内の「Old Mugen Storehouse」というコーナーにて氏の他の武将達とセットで代理公開されていたが、
サーバーに問題が発生したらしく、現在は正規入手不可。

日本未発売ということもあり、どこまで原作仕様を再現しているかどうかが判断出来ないが、
少なくともシステム的に地上空中チェーンコンボ、回り込みと性能の良い超必殺技が追加されている。
AIも搭載されているが、突然場所を選ばずゲージ溜めを始めて硬直するかと思えば、
下のgifの技で延々と打ち上げてから超必で追い打ちして6割とか、ゲージが補填出来れば10割持ってったりとか、
ムラだらけだが強い時は強い。
波動の隙が大きいのとリーチの無さが難点だが、コンボ主体の格闘ゲーム勢とも十分に渡り合うことが出来るだろう。


出場大会

削除済み

出場ストーリー



未分類大会情報

  • 「[大会] [呂布]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年02月20日 09:44