スタースクリーム


「今日からこの俺様がデストロン軍団のニューリーダーだ!」

+ 担当声優
  • 原語版
Chris Latta
『THE TRANSFORMERS』
Doug Parker
『ビーストウォーズ』
Michael Dobson
『マイクロン三部作』
Jack Merluzzi(ジャック・マルジ)
PS2『トランスフォーマー』
Matt Hetherington
PS2『Transformers』(ゲーム版『マイクロン伝説』)
Daniel Ross
『The Game』
Charlie Adler(チャーリー・アドラー)
ゲーム版含む実写映画シリーズ、『ザ・ライド3D』
Patrick Hallahan
『Beginnings』
Tom Kenny
『アニメイテッド』
Bronco Jackson
『サイバーミッション』
Sam Riegel(サム・リーゲル)
『War for Cybertron』『Fall of Cybertron』『ライズ オブ ザ ダーク スパーク』
Steve Blum(スティーヴン・ブルーム)
『プライム』、ゲーム版『Dark of the Moon(ダークサイド・ムーン)』
『Prime The Game』『Prime: Beast Hunters - Predacons Rising』『アドベンチャー』『アーススパーク』
Carlo Patrick Torres
『ヒューマンアライアンス』
Frank Todaro(フランク・トダロ)
『SMITE』、『Combiner Wars』(『アドベンチャー』のシーズン3に相当)、『Titans Return』『Power of the Primes』
Scott Whyte
ゲーム版『Devastation』
Billy Bob Thompson
『サイバーバース』『バトルグラウンド』
Jon Bailey
『Tactical Arena』

Latta氏は『宇宙戦艦ヤマト2』の斉藤始の英語吹替をしていた方である。
マルジ氏は英語吹替版『ウルトラギャラクシーファイト』においてウルトラマンゼロウルトラマンベリアルベリアロク等、多数演じている。

  • 日本語吹替声優
鈴置洋孝
『戦え!』『2010』『スクランブルシティ発動編』
矢尾一樹
『ビーストウォーズ』
高橋広樹
『ビーストウォーズII』
山野井仁
『マイクロン伝説』『スーパーリンク』『アニメイテッド』
河本邦弘
『ロボットマスターズ』
黒田崇矢
『ギャラクシーフォース』
宮澤正
実写映画シリーズ
鶴岡聡
『プライム』
杉田智和
『キュートランスフォーマー』
平川大輔
『アドベンチャー』
佐藤せつじ
『ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』『アーススパーク』

鈴置氏の没後に持ち役を引き継いだ声優は『トランスフォーマー』シリーズに出演している方が多く、
斎藤一など多くの役を引き継いだ成田剣氏も、『ザ・リバース』にて出演歴がある。
原語版では三枚目風の演技が中心だが、日本語版では皮肉っぽい二枚目要素が足されており、
2.5枚目といったキャラ付けが足されている。

1984年より放送された米国アニメ(製作は東映動画)『THE TRANSFORMERS』のキャラクター。
日本では1985年より『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』のタイトルで吹き替え版が放送されている。
金属の星「セイバートロン星」出身の「トランスフォーマー」と呼ばれる金属生命体(あるいは超ロボット生命体)。
宇宙征服を企む悪の軍団「デストロン」(原語版で曰くのディセプティコン)の航空参謀である。
座右の銘は「勝利ってのは敵の残骸からできるんだ」。

戦闘機形態を持つ「ジェットロン」と呼ばれるトランスフォーマーで、F-15イーグルに変形する。*1
最初期の玩具はタカラが販売していた『ダイアクロン』シリーズの「ジェット機ロボ」の流用で、
「超高速戦闘タイプ」のカラーがスタースクリーム、「アクロバットタイプ」のカラーが同型のサンダークラッカー、
「トランスフォーマー」として発売する際に新たに黒をベースとしたカラーが加わり、それがスカイワープとして販売された*2
一部キャノピー部分がマイナーチェンジしているほかはほぼそのままである。

来歴・パーソナリティ

元々は科学者・探検家であり、様々な惑星に赴いて探査を行っていたが、戦闘のスリルを求めデストロンのメンバーになった。
No.2」「デストロン軍団の将来を背負って立つ男」などと自称する超自信家・ナルシストであり、
自身の能力を全く疑わない他、リーダーであるメガトロンに対しても事あるごとにを繰り返している。

実際に戦闘能力・知力共に高く、危険を察知する能力も非常に優れているため敵味方双方から一定の評価は得ているものの、
味方を出し抜いてでも手柄を自分のものにしようとしたり、失敗を他人になすりつけようとするため人望はほぼ皆無に等しい。
一応肩書は「航空参謀」であり、デストロン軍の中でもそこそこの地位+ジェットロン部隊のリーダーという事になっているが、
部下であるはずのジェットロン達も、スタースクリームの事をリーダーとしては認めていない節が見られる。

頭が切れる一方で、その機転をメガトロンの地位を脅かすために使う事やメガトロンの命令を無視した行動が多いため、
結果としてデストロン軍の作戦を妨害したり、利敵となるような行動をしてしまう場合もある。
「ニューリーダー病」という言い回しがファンの間で出来るほどメガトロンに成り代わろうという意志が強く、
度々メガトロンを裏切ってはお叱りを受ける…というのがお決まりのパターンである。
このような点と、どちらかと言えば正義陣営っぽいボディカラーから、
「影のサイバトロン戦士」「サイバトロンのスパイ」とファンに揶揄される事もある。

+ ニューリーダー病の一例
  • メガトロンをいきなり後ろから撃つしかしほとんどメガトロンにはダメージを与えられず、返り討ちに遭う
  • ガダルカナル島に島流しにされるが、反逆者のパーソナルコンポーネント+放棄されたWW2の兵器でコンバットロン部隊を作りメガトロンに逆襲
  • 地球産デストロン改造のロボ忍者・ナイトバードがサイバトロンを追い詰めていたが、
    面白くないスタースクリームはナル光線でナイトバードを不意打ち。「これで永遠にグッドナイトだ!」
  • デストロン他メンバーをそそのかし、反乱を扇動。混乱に乗じてニューリーダーになろうとする。
    しかし他のメンバーを煽ったものの、実際はスタースクリーム自身も彼らの反乱の対象としてメガトロン共々始末されかけたりするパターンも…。
    その際の理由は裏切りに散々失敗しているので信用できないとのこと。こればかりは本当のことなんで仕方ない

毎度毎度メガトロンを裏切り、自分がリーダーに成り代わろうとしては、
失敗してメガトロンに「この馬鹿者メガ!」「まったくこのスタースクリームめ!」とお叱りを受けるのがいつものパターンである。
しかし、メガトロンも何故かスタースクリームが何度反乱を目論んでも一向に処刑しようとせず、
時としてスタースクリームが自分がリーダーになろうと野心を燃やすのを容認するような発言をする事すらある。
…というのは、デストロン軍戦士は自分の頭で考える事が苦手な者が多く、こうした自主性と機転を持っているメンバーが貴重である点と、
スタースクリームの「野心を煽っておけばよく働く」という性質をメガトロンが把握している事による。

トランスフォーマーシリーズでは一種の代名詞ともなっており、
リーダーに成り代わろうとするやつが出てくると「ニューリーダー病を発症した」と言われたり、
サイバトロンの司令官という立場を重荷に感じ、マトリクスを手放したがっていたロディマスコンボイなどには、
「逆ニューリーダー病」などと言われる事がある。

それと同時にかなりのヘタレでもあり、「臆病者」「口だけは威勢がいい」「この愚か者めが」
バカ」「頭がお粗末」「統率能力はガキと同じ」など、散々な言われようをしている。
「まったくこのスタースクリームめ」 スタースクリーム=馬鹿、愚か者という新たな形容を生み出したフレーズもある。

「お許しください、メガトロン様ー!!」

このように三枚目な部分も多いキャラクターだが、非常に冷酷な面があり、働く悪事は洒落にならないものがしばしばある。
地球を爆破してエネルギーを得る+敵味方、地球人をまとめて全滅させようとしたり、
地球の科学者を本人の意思を無視して改造したり、メガトロン含む負傷した仲間を何の躊躇いもなく宇宙へ放り出したりとかなり残酷な事をしている
(尤も、この時は船の出力不足で負傷者を放り出さなければならず、メガトロンの忠臣であるサウンドウェーブですら、
 メガトロンを含む負傷者達を放り出すのに全く躊躇がなかったのだが)。

また危険察知能力も鋭く、サイバトロンの作戦を見抜きメガトロンに忠告するシーンも多数存在する
(普段の行いが悪すぎるせいか聞き入れて貰える事は少ないが)。

使用武器は両腕部分に装備した砲から発射する「ナルビーム」、クラスター爆弾など。
ナルビームには機械類の機能を麻痺させる効果があり、トランスフォーマーのみならず地球の機械類に対しても有効である。
出力を弱く調整する事で一時的に麻痺させる・暴走しているトランスフォーマーを沈静化させるなど、
なかなか器用な使い方が出来る武器だが、強く設定した場合には破壊する事も出来る。
しばしばメガトロンに不意打ちを仕掛け倒そうとするが、メガトロンに対しては威力不足なのか、
ほとんどダメージを与える事が出来ず、「へなへなレーザー」呼ばわりされる事もある。
マッハ2.8というジェットロン中でも最速での飛行が可能で、この飛行能力に関しては、
サイバトロン戦士のエアーボット達にも一目置かれている。
その他、科学者・探検家という前職からか、手首部分が引っ込み、ドリルやペンチ状のツールを使用する事も出来る。

+ その後のスタースクリーム
初代トランスフォーマーと『2010』の中間にあたるエピソードを描いた『ザ・ムービー』では、
コンボイとの一騎打ちで重傷を負ったメガトロンを宇宙に放り出し、
残ったメンバーの間で起こった次期リーダーの座をめぐる争いを制し、悲願であったリーダーの座を手にする。

しかし、それをひけらかす為に戴冠式を行っている最中、宇宙へ放り出したはずのメガトロンが、
惑星を食らう超巨大トランスフォーマー、「ユニクロン」によって強化された「ガルバトロン」として舞い戻る。
元のメガトロンですら倒せなかったスタースクリームが強化されたガルバトロンに勝てるわけもなく、
ガルバトロンによってあっさりと殺されてしまう。
ガルバトロンはその後、同じくスタースクリームによって宇宙に放り出された後、
ユニクロンに改造されたデストロン兵「サイクロナス」を航空参謀のポジションに据えた
(サイクロナスは誰が改造された姿なのかは諸説あり、スカイワープであるという説、ボンブシェルであるという説がある
 誕生シーンでのみ二人のサイクロナスが描かれているカットがあり、製作陣でもこの辺りは統一されていなかったようである)。

+ ところがである!
『ザ・ムービー』で死亡し、出番は終わりかと思われたスタースクリームだが、
続章『2010』(英語版『THE TRANSFORMERS』のシーズン3にあたる)で登場したデストロン戦士の墓所にて、
一応彼の脚らしきパーツが墓に納められている、という衝撃の再登場を果たす。
更に、スタースクリームの肉体は滅びたもののスパーク(トランスフォーマーの魂のようなもの)だけの状態で存在しており、
いわば幽霊の状態でガルバトロンに復讐するため、両陣営を引っ掻き回した。

幽霊であるため通常攻撃はすり抜けてしまい効かず不可視化や、
他のトランスフォーマーに取り憑いて操る力を使うなど生前にもまして厄介な存在となっており、
死んだ後の方が強いんじゃないか?と言われる事もしばしば。

最終的にユニクロンを出し抜いて体を手に入れて復活を果たすが、
直後ガルバトロンが(幽体であるためすり抜けると思って)腹いせに放った砲撃が命中、宇宙の彼方へ飛ばされて出番は終了した。
ギャグっぽい退場の仕方だが、G1と呼ばれる一連のシリーズではこの後の彼の消息は不明になっている。

裏切りの面ばかりが目立っているが、元科学者という点や野心が高い故に行動力もある為に、
他のデストロン兵士全体の欠点である「メガトロンがいないと何も出来ない」という部分が存在しない貴重な人材でもある。
色んな意味で大人気であり、『トランスフォーマー』を語る上では外せないキャラクターである。
続編でも彼の系譜に連なるキャラが多数登場しており、実写映画版にも当然のごとく出演した。

アメリカの公式ファンクラブが企画した善悪逆転パラレルワールド『シャッタードグラス』においては、
真っ当な研究者でオートボットの勧誘を良心を優先して断り、そのために殺されそうになっていた所をメガトロンに救われた事から、
自警団ディセプティコンに所属。
そうした経緯であるため、正史のギリワンぶりがカケラも見られない真面目で忠実な部下となっている。
ある意味、「スタースクリームである事」に徹底して反逆した存在と言えない事もない。
なお、代わりに正史における忠臣サイクロナスがギリワン勢になっており、メガトロンを裏切り重傷を負わせ、
ガルバトロンへと転生するきっかけになっていたりもする。
このエピソードは本編におけるサイバトロン戦士VF-1Sスーパーバルキリー一条輝機*3ジェットファイヤーのエピソードが元になっており、
ボディカラーもジェットファイヤーをモチーフにした物となっている。

ちなみに、あの伝説のクソゲー『コンボイの謎』では、超高速で逃げていき、撃墜するとワープが出来るという謂わばボーナスキャラであった。

+ 歴代スタースクリーム
『ビーストウォーズ』
下記の「スタースクリームの名を持つ別人」と違い、初代スタースクリームが1話だけのゲストキャラとして登場。
ガルバトロンに殺された後、スパーク(トランスフォーマーの魂)だけで漂っていた所、
時空を超えて惑星エネルゴアに辿りき、デストロンの一員である、ワスピーターに乗り移る形で行動を起こしデストロンを乗っ取ろうとした。
彼の悪評はビーストウォーズのトランスフォーマー達にも伝えられており、裏切りがバレて叩きのめされ、
再びそのスパークは宇宙を漂流する羽目になった。
…が、それ以外にも実は設定の割と根深い所で関連がある。
直接の続編(第2シーズン)「ビーストウォーズメタルス」では、実は(ビースト)コンボイは、
「スタースクリームのスパークの不死性を再現すべく作られたスパークを持つ「プロトフォームX」を、デストロンの手の届かない場所に投棄せよ」
という密命を受けていた事が明らかにされる。
尤も任務の最中、セイバートロン星から「ゴールデンディスク」を強奪したメガトロン部隊と交戦する事になり、
結局、物語冒頭の戦闘でスパークが「謎の惑星」上に散らばってしまった。
その後、「プロトフォームX」は「ランページ」というカニ型のトランスフォーマーへと変化するのだが、
その辺りを詳しく解説すると脱線するのでカット

ビーストウォーズII
何故かオネエ言葉で話すデストロン機甲部隊の航空参謀。
初代と違い破壊大帝ガルバトロンに忠誠を誓っているものの、
No.2であるメガストームの存在は快く思っておらず、謀殺を計ったり、
ダージとスラスト(『リターンズ』のバリバリー、ブ~ンとは別個体)に対しても見下した態度を取る。
No.1よりNo.2になりたいキャラになっている。
性格的にはそのメガストームの方が初代スタースクリームに近い。
「ラジャー」が口癖のBB(こっちじゃない、というか男性型だし)と常にコンビを組んで行動している。
物語後半ではサメ型のサイボーグビースト「ヘルスクリーム」にパワーアップした。

『マイクロン伝説』『スーパーリンク』
破壊大帝メガトロンに仕えるデストロン軍の若き航空参謀。
プライドが高い事は初代と共通しているが、卑怯な行動を嫌って正々堂々とした戦いを好み、
ウィングブレードやスターセイバーといった「剣」を使いこなす、「武人」としてのイメージが付加された。
また初代とは対照的に、メガトロンに次期破壊大帝になる事を期待されるほど有能で目をかけられている。
理不尽な仕打ちを受ける事も多々あり、デストロンを裏切る時もあったが、
それらはすべて様々な経験を積ませて立派なリーダーに成長させるための、メガトロンなりの親心であった。
実際大きく成長した彼は、物語後半においてユニクロンと戦うため、サイバトロン・デストロン両軍を一つに結束させるために活躍する事になる。
続編『スーパーリンク』においても彼と共通する部分が見れる「ナイトスクリーム」が登場しており
(なお米国版では設定上前作のスタースクリームと同一人物であり、名前もスタースクリームのまま)、
こちらはガルバトロン(元メガトロン)に完全なる忠誠を誓い、歴代スタースクリームの中では最もデストロンに貢献した。
ただし、スーパーリンク終盤で死んだ影響からか自らの意志で行動する事が無くなったため、ガルバトロンの懐刀ではあってもNo2とは言い辛い。
当時サイバトロンや地球人と友情を育んだ記憶も消えてしまっている。
こちらの声優は飛田展男

ギャラクシーフォース
破壊大帝マスターメガトロンの右腕である航空参謀。
実力は歴代スタースクリームの中でもトップクラスに高く、サイバトロン総司令官であるギャラクシーコンボイも圧倒するほど。
プライドが高く、真っ向勝負を好むが、デストロンNo.1の座を狙い力を手に入れるためにはどんな非道な手を使う事も厭わない、
今までのスタースクリームを足し合わせたようなキャラクターになっている。
中盤にて超エネルギーの源である本作のキーアイテム・プラネットフォースの一部を手に入れてパワーアップし、
そのついでに地球に封印されていた古代のトランスフォーマーを復活させ手駒とした事で、
完全にマスターメガトロンを裏切り、第三勢力を打ち立てる。
その後も終盤までサイバトロン、デストロンと三つ巴の激闘を繰り広げた。

アニメイテッド
初代スタースクリームをより性格・容姿共に凶悪にしたようなキャラで、1話からメガトロンに反旗を翻し、彼を半殺しの憂き目に遭わせて見せた。
このタイプのスタースクリームとしては異例の戦闘能力を持っており、
番組序盤では全オートボットが束になっても簡単にいなしてしまえるほどの強さを発揮している。
また番組中盤でメガトロンに殺されるが、オールスパークの破片によりスクラップからゾンビのような状態で復活。
メガトロンを何度も襲撃するがその度に返り討ちに遭い、ゴミのように放り捨てられた。
後半では自分の戦闘能力をコピーしたクローン軍団を組織するが、臆病(スカイワープ)で、
尊大(サンダークラッカー)で、おべっか使い(サンストーム)で、嘘つき(ラムジェット)で、狡猾(スリップストリーム)と、
オリジナルの性格までコピーされてしまったため、自分の分身である彼等に案の定なんと裏切られてしまう。
……自分をコピーしたクローンに「忠誠心」があると本気で思っていたんだろうかこいつは
(スリップストリームのみ女性型で、日本語版では田中敦子女史が演じている。アシッドストーム?ンな奴居ねぇよ)。
ちなみに『プライム』でもクローンを作っているのだが、こちらは自分の性格を理解していたようで、
メガトロン暗殺に失敗したクローンが、メガトロンへの命乞いの条件としてオリジナルを暗殺しようとした時は、
逃げ帰ってきた時点で裏切りに気付いており、気付かないふりをしたまま撃ち殺している。

どのスタースクリームも初代とは違った魅力を持っており、それぞれにファンがいる人気キャラとなっている。

+ 生まれ変わったニューリーダー


ダリナンダアンタイッタイ!!わざるを得ない
実写映画版(下)では数万に及ぶ機械のパーツを分解してロボットの形に組み替えているため、
「飛行機から変形する」という点をリアルに考えたらこうなったのだろうか。
とはいえ、過去や未来から並行世界まで数多くの世界観を作っているトランスフォーマーシリーズには「同名の別人」が多く登場しており、
名前同じでも全然違うキャというのは良くある事なので、何、気にすることはない

ちなみにこのスタースクリームは初代アニメのF-15よりさらに近代化したF-22に変形し、
空中戦で人型と戦闘機形態を瞬時に切り替え、識別不可能な外観も合わせて米軍の同型機を手玉にとって華麗に戦っている。
飛行性能の面でもF-22を圧倒しており、通常では不可能な超低空飛行や単機での大気圏離脱まで行っていた。
また、オートボットの実力者であるアイアンハイドとラチェットを前にしてもバルカンとミサイルで反撃し、逆にダメージを与えるなど、
戦闘能力は元祖を始めとするかつてのスタスク達にも引けを取らない。
変形する時の動きも格好良く、映画公開前のティーザーでも披露した地上スレスレでの縦一回転しながらのトランスフォームは、
国内外のTFファンの度肝を抜き、「アニメの実写化」という黒歴史化の黄金パターンへの不安を一気に払拭したと言われている。*4
「リベンジ」ではメガトロン不在のディセプティコン(海外におけるデストロンの名称)の仮のリーダーとして、
地球のディセプティコンに招集をかけるなど、元祖のような「口だけニューリーダー」ではなくなっており、
歴代スタスクの中でも実力は上位に位置すると思われる。

…が、アニメから実写になってもやっぱりスタースクリームはスタースクリームだった。
乱戦の最中に米軍の攻撃に混じってメガトロンを攻撃したり、メガトロンが倒されたと見るや一人で宇宙に逃亡したりといった、
ずる賢い面は相変わらずで、メガトロン不在の間ニューリーダーになっていたと思えば、帰還したメガトロンに詰られるなど、ヘタレな所もそっくりである。
「リベンジ」でメガトロンの復活後、初っ端から「またしくじりおったなスタースクリーム!」と定番のセリフで怒鳴られ、
「俺を見捨てて逃げ出したな!?」と殴られ蹴られキャタピラ付きの脚でグリグリされるみっともない姿は、
往年のファンを「これでこそスタースクリームだ」と安心させたとか、させなかったとか。

+ 『ダークサイド・ムーン』以降のネタバレ注意
『ダークサイド・ムーン』ではサバンナらしき平原で隠遁生活を行っているメガトロンの側に付き、彼に媚を売りつつ再起の時を待っている。
媚を売りながらも負傷したメガトロンに「哀れなご主人様」「落ちぶれたディセプティコンのリーダー」と嫌味を言ってド突かれるなど、
スタスクらしさをしょっぱなから観客に見せつけた。

戦闘数は少なく、後半の大乱戦にてようやく本格的に戦いに参戦。
新武器である回転ノコギリ状の武器を引っさげ、白兵戦でもその強さを遺憾なく発揮した。
そして、実写映画シリーズ通しての主人公である地球の一般人サム・ウィトウィッキーを、
「弱いやつをいたぶるのは大好きだ!」とその巨体で追い回すなど小物悪役らしい活躍を見せた。
…だが、調子に乗っていたためにサムの決死の反撃を許してしまい、ワイヤーガンで目を潰された上に、
その片目を失った眼窩にオートボット製の強力な爆弾をねじ込まれ、なんとTFでもない一般人に倒されてしまった。
まぁ、この時はサムも振りほどこうとしたスタスクに凄まじい勢いで振り回されても死なないという主人公補正かかりまくりの状態だったし、
「弱者をいたぶる悪役」という死亡フラグを満たしてしまったため、しょうがないのだが。
サムを振りほどこうとしてキックを放ち盛大に外すなど、最後までスタスクらしさを観客に見せ付けながらの死であった。
なお、彼の死にざまを参考にしたのかは定かではないが、その様子を見ていた米軍兵士は、
「装甲が薄い目の部分をピンポイントで狙撃して視界を奪い、混乱している隙に爆弾or集中砲火で破壊する」
というシンプルかつ強力な戦法で、ディセプティコンのTF数体の破壊に成功している。

『ダークサイド・ムーン』で明確に死亡してしまった為、それ以降の新シリーズには登場しない。
……のかと思いきや、
新シリーズ二作目(通算五作目)の『最後の騎士王』にて、ジャンク屋の商品としてスタースクリームの頭部が登場
眼窩に爆弾突っ込まれて爆破されたのに頭部が無事なのはおかしい?気にするな!
ジャンク屋のデイトレーダーが修理でもしたのだろうか

声帯ユニットのパーツが無事だったため、実写シリーズでは諸事情で声を失っているバンブルビーの声帯ユニットと交換するのだが、
パーツを交換したバンブルビーは何故かSiriの音声になっていた(当然、バンブルビー本人は落ち込んだ)。
その後、バンブルビー達の拠点に攻め込んで来たメガトロンが発見、
「古い友」「故郷が復活する様をお前に見せてやりたかったぞ」と話しかけられていた。
因みに本作ではバンブルビーの「声」はある重要な役割を果たす事になるのだが、それに一役買ったかは不明である。
実写シリーズでのスタスクまとめ

その後、実写シリーズの過去を描く外伝映画『バンブルビー』が発表されたのだが、
そのPVの中にG1時代のスタスクっぽいトランスフォーマーがおり、「スタースクリームが復活!?」とファンに騒がれた
(後に「ブリッツウィング」という別のトランスフォーマーである事が発表された)。

+ 日米ロボアニメ対決でも相変わらず…?
2019年に発表された日本の元祖スーパーロボットとのクロスオーバー作品『マジンガーZ対トランスフォーマー』では、
サイバトロンとの戦いの最中うっかりスペースブリッジを破壊し両軍団諸共マジンガーZの世界に飛ばされる、
という相変わらずのスタースクリーム振りを発揮し、今回のクロスオーバーの切っ掛けを作った張本人となった。
そしてDr.ヘルの軍団共々サイバトロン&マジンガー連合軍を襲撃するが…。

+ そのとき、不思議なことが起こった!(驚愕のネタバレありの為注意)
そのとき、不思議なことが起こった!
コンボイに撃ち落とされ、マジンガー出撃後の水槽が開いた先へと墜落して行ったスタースクリーム。
ドサクサに紛れて侵入した光子力研究所内部にてマジンガーの予備パーツや光子力エネルギーを取り込み、
ボディを再構築したことで巨大な姿となって現れ、その場の4勢力全てに牙を剥いたのである!

「…そうさな
 マジンスクリームとでも名乗らせてもらおうか」

光子力ビームやロケットパンチといったマジンガーの武装もそのまま自身のものとしており、
さらにお得意のナルビームがブレストファイヤーと組み合わさったナルファイヤーは、
取り押さえにかかってきた機械獣数体を一瞬で纏めて融かし尽くす凄まじい威力を発揮。
このトランスフォーマーにしてマジンガーという類を見ない神か悪魔の如き存在と化した彼に、
マジンガーZ、そしてコンボイ達トランスフォーマーはいかに対抗したか──それは是非その目で確かめていただきたい。
それにしてもZEROはこいつを見たら一体どう思うのだろうか…

ちなみにこの「マジンスクリーム」はアーティストとして参加した津島直人氏によるデザインであるが、
巻末の設定画では本編に無い「ブレインサーキットがいてえぇっ」と呻き声を上げるカットがあったりする。ゴステロ様かお前は

+ シャッタード・グラス
善悪の立場が反転している世界を舞台とする作品『シャッタード・グラス』では、
力による支配を企む悪のテロリスト軍団「オートボット」に抵抗する、
数学者にして大学教授のメガトロンに率いられた一般市民達の正義の自警団「ディセプティコン」に所属する科学者という設定。

反転した世界の彼がどんな性格かと言うと、
  • 優しく謙虚で驚くべき科学的思考を持ち、同志達全員から好かれている
  • メガトロンの副官兼専属衛生兵としてリーダーシップと技術力を発揮
  • 自身がカリスマ的で有能な指揮官であるにも拘らず、メガトロンこそがディセプティコンを率いるのに最も適したボットであると感じている
  • (本人は否定するだろうが)多くの者はスタースクリームこそディセプティコンの中で最も洗練されたハンサムであると考えている
  • 率直さとオープンな議論こそがオートボットとの戦争を終わらせる鍵であると信じている
  • 平和を目指して日々努力しているが、必要とあらば意欲的で有能な戦士でもある
元の性格を反転させたら、非の打ち所の無い聖人君子が出来上がってしまった……。


MUGENにおけるスタースクリーム

トランスフォーマーキャラを多数製作しているOmega Supreme氏製作のスタースクリームが存在。
一時期入手不可能だったが、後にDropBoxで再公開された。
デフォルトステータスは氏の製作キャラの例に漏れず、やや高めに設定されている。

原作でも使用していたナルレーザーを使用する「Null-ray Laser」、ロボット形態の胸部分からミサイルを発射する「Missiles」、
戦闘機にトランスフォームして空中から爆撃する「Altitude Bombing」といった飛び道具の他、突進技やコマンド投げも備える。
3段ジャンプが可能であるなど、機動力に優れていた原作のイメージも反映されている。
チェーンコンボやスーパーキャンセルも搭載されており、小足始動で5割以上一気に減らせるなどかなり火力は高め。
また、勝利ポーズで戴冠→ガルバトロンに黒焦げにされるなど、コミカルな演出もあり。
AIは搭載されていない。
参考動画。相方は同氏のメガトロン様。
お相手はDuracelleur氏のバットマンとTEAM CVG製ロビン

なお、氏により同型色違いキャラのサンダークラッカーとスカイワープも製作されている。

出場大会

  • 「[大会] [スタースクリーム]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー



*1
スタースクリーム以外のジェットロンは、セイバートロン星では△←こんな形の戦闘機に変形していたのだが、スタースクリームだけは確認されていない。
それどころか、回想で本編より遙か昔に地球に調査に来たシーンではF-15の戦闘機に変形していた。
スタッフのミスの可能性が大だが、仮にもジェットロンのリーダーなので1人だけ別のものに変形していてもおかしくないのかもしれない。

*2
しばしば作画ミスや彩色ミスが生じている事で有名なG1トランスフォーマーシリーズだが、
ジェットロンの3人に関しては色違いで3人のキャラクターが存在しているという都合上、
特に彩色・作画ミスが頻発しており、セリフのないシーンで色を間違えられるのみならず、
それぞれの特殊能力を使用するシーンですら色を塗り間違えられているという現象が生じていた。
それどころの話ではない作画ミスも頻発していたのだが
更に、原語版を日本で吹き替えというスタイルでのアニメ製作だったため、
吹き替え映像を作る段階でもスタッフに混乱が生じ、塗られているままの色で声を当ててしまっているシーンもある。

例:
  • スカイワープがワープして攻撃するシーンなのに色がスタースクリームなのでスタースクリームの声が当てられている
  • 同じ画にスタースクリームが2体並んでいる
  • 作業するサンダークラッカーの後ろに立っているサンダークラッカー
  • 3人のジェットロンが立っているシーンで全員サンダークラッカー
  • 3人の誰にも該当しない謎のカラーで塗られている

…など。これでも日本版では独自に彩色ミスを修正している部分もあるため、
原語版よりもミスが少ないはずなのだが、それでもかなりの箇所で見受けられるほど間違えられてしまっていた。
後にソフト化されたものや各種映像配信サービスで配信されたものもこれらのミスは健在であり、
「作画ミスを探すのもトランスフォーマーの楽しみの一つ」と言われる事もある。

これらの作画ミスが頻発したためか、
シーズン2以降で新登場した航空兵ラムジェット、スラスト、ダージの通称「新ジェットロン」の三人組は、
翼のデザインがそれぞれで変更され、取り違えなくなった…かと思いきや、
やっぱりそれ以前のレベルの作画ミスがしばしば出ていたりする。

*3
『超時空要塞マクロス』における主人公機。これのタカトクトイス版玩具がトランスフォーマーとして発売されていたのである
(同類として『特装騎兵ドルバック』のムゲンキャリバー(ロードバスター)とオベロンガゼット(ホワール)が居る。
 何故かボナパルトタルカスは採用されなかった。なお、ムゲンとオベロンとボナパルトはパイロットの苗字であり、量産型では外されている)。
日本では『マクロス』側との版権問題でアニメには登場できなかったが、後の作品ではデザインが変わっている為、問題なく登場している
(尤もアメリカ版でも(『マクロス』を正規に改変した)アメリカアニメ『ロボテック』との版権問題により四角いデザインに改変されていたが)。

余談だが、厳密に言うと『マクロス』シリーズに「VF-1Sスーパーバルキリー・一条輝機」は存在しない。
  • TV版後半主人公機「VF-1Sスーパーバルキリー・ロイ・フォッカースペシャル(戦死したフォッカーから輝が受け継いだ)」(白地に黄と黒。四本角)
  • 劇場版前半主人公機「VF-1Aスーパーバルキリー・一条輝機」(白地に赤と黒。一本角)
  • 劇場版後半主人公機「VF-1Sストライクバルキリー・一条輝機」(背中の武装が左右非対称)
が、ごっちゃになっているのである
(なおTV版前半主人公機「VF-1J(二本角)」は「黒を使っていない&髑髏マークが無い」と言う事でジェットファイアーとは無関係)。

*4
ちなみに実写映画のトランスフォーマー達は1体数万以上の細かいパーツの集合体で構成されており、
製作当初は変形どころか、動かそうとしただけでアメリカ映画界の誇る視覚・映像スタジオILMの約300台のPCを一斉停止させたという冗談のような逸話がある。
そんな苦労を乗り越えて作られたトランスフォーマー達の動きは非常に活き活きとしたもので、
特に変形シーンは某進化する戦闘メカアクションのOPに比肩する超絶的なクオリティを誇る。


最終更新:2024年02月01日 22:31