御津闇慈



「何発俺に当たるかな?」
  • 出身地: 壊滅前の日本
  • 生年月日: 1月1日
  • 身長: 183cm
  • 体重: 68kg
  • 血液型: B型
  • 趣味: 体を激しく動かすスポーツ、旅
  • 大切なもの: 信念、自由
  • 嫌いなもの: 天邪鬼、屁理屈
  • アイタイプ: 黒







「裸が気になる?
         いや、これで「攻撃食らうと痛ぇ」ってのがあるから
                                                    必死でよけられるのさ!」

GUILTY GEAR』シリーズに登場するキャラクター。2作目の『GUILTY GEAR X』が初出。
以後、プレイアブルとしては『XX』シリーズや『STRIVE』、『Xrd Rev2』にも梅喧のストーリーで声だけ出演している。
名は「みと あんじ」と読む。
某十本刀とは名前の由来は同じ(日本のロックバンド「アンジー」*1)だが字が異なる。
見た目は小さな鼻眼鏡を着け、炎尾燃のヘッドバンドのような形の布を被り、
上半身裸で肘から先だけを背中で一つに繋がった振袖のようなもので覆い、
袴に足袋と下駄、扇子を持った男。通称は「露出狂」、「半裸」、「裸族」、「(・∞・)」など。

ギアの成り立ちなどを確かめるため、知的探求心のために「あの男」を追う日本人。
そのためにコロニーの保護観察下から脱走したため指名手配されている
(GGの時代には日本はギアによって壊滅しており、日本人は絶滅危惧種扱いである)。

性格は直情的で曲がった事が嫌いな熱血漢。直情すぎて後先考えずに突っ込む事が多い単純バカでもある。
上半身裸の理由も上記の台詞の通り「当たると痛いから死ぬ気で避けるため」だそうである。どう考えてもバカです。
しかし頭を使わないだけで頭自体は良く、内面では打算的な性格かつ鋭い洞察力と観察眼も併せ持ったかなりのキレ者であるらしいが、
ザッパが闇慈に勝った場合の勝ち台詞では「露出狂」扱い*2されている。
他キャラからも大体似たような扱いで、熱苦しいだの変態野郎だのと中々に酷い言われ様である。
口調は基本タメ口。丁寧語は「むずがゆい」から使わないようにしているらしい。
梅喧を姐さんと呼んで慕う。他にもチップに面白半分で日本文化について教えたりしている。

+家庭用ストーリーモードネタバレ
「――俺は知りたいだけさ、全てをね」

『XX』のストーリーモードにて、あるルートではイノを退けて遂に「あの男」と対面。
「あの男」に対して独自のギア計画論を展開し、その洞察力を買われて仲間に引き入れられる。
『AC+』の彼のストーリーはこのルートの続きで、「あの男」の計画に興味を持ち、
達成のために助力して構わないという思想を持つようになり、その一環としてイノを連れ戻す任務に着く。
展開は2ルートあり、無事イノを封印して「あの男」の部下に収まるルートと、
任務の途中で出会った梅喧に復讐を止めるよう諭し、「あの男」の下を離れて共に旅に出るルート(梅喧のルートと共通)に分かれる。
続編の『GG2』には名前すら出ていない(『X』以降出演のほとんどのキャラがそうだが)ため、どちらのルートが正史なのかは不明だったが、
『Xrd』でイノが続投している事や『XrdRev2』での梅喧のストーリーを見る限りでは、後者が正規ルートだと思われる。
+更なるネタバレ、ギア計画の考察について
闇慈の論とは簡潔に言えば、「GEAR計画とは兵器生産計画ではなく、本当は人類を進化させるための計画だったのでは?」というものである。
他にも「ギアになって長生きできるのは良いニュース」「それで地球が満杯になったら宇宙に進出すればいい」とも語っている。
実は『X+』のストーリー内でもソルに対して似たような事を述べている(「人工進化」と言いかけた所でソルに斬りかかられて中断)。
この考察に対して、「あの男」は特に肯定はしなかったが否定もしなかった
その際、闇慈の「それが一体どうしてああなった(=聖戦に発展した)?」との問いに「天罰......いや、原罪か」と意味深な言葉を吐いている。

『AC+』のストーリーモードでは全く触れられなかったが、『GG2』→『Xrd』とストーリーが進むに連れて、
GEAR計画の真相について核心に迫りつつあり、上記の説が間違いでは無いと言えるだけの証拠が多数出てきている。

なお、2020年10月11日より『Xrd』家庭用のストーリーモードのネタバレ(動画アップロードや記事掲載)が解禁されたため、
これまでストーリーを知らなかった人は公式よりアップロードされるストーリー動画を確かみてみよう

参考動画

CVは五十嵐亨氏。あまり聞いた事がない名前の声優だと思うだろうが、
それもそのはずで普段はテレビやラジオ、舞台での活動をメインとされている方であり、キャラの声当てでは闇慈以外の担当歴は無い。


原作での性能

戦闘スタイルは、「舞」と「神器・絶扇」を組み合わせたもの
(神器=『GG』世界における伝説の武器みたいなもの。ソルが作ったものが原型)。
この絶扇は伸縮自在の扇であり、「風」の法力を高める力を持つ。あとアニメ別で描かれている文字が異なる。質量保存の法則とか言ってはいけない。
ちなみに入手経路は不明。プロデューサー兼ソルの中の人である石渡氏曰く「拾った」そうである*3
(漫画版では日本人コロニーに保管されていた絶扇を、コロニーから抜け出す際に持ち出したとされているが
 漫画版自体が黒歴史なのでこの設定はゲーム中では一切反映されていない)。

キャラクター性能的にはガードポイントを利用して相手のコンボや牽制に割り込み、カウンターでコンボを入れたり、
ガードされると中段判定で再度襲い掛かる飛び道具「疾」を利用した中下段同時起き攻め*4をしたりする、
「ゴリ押しカウンター中心立ち回り型」とでも言うような性能。ただし全体的に技の出がやや遅い
ちなみに、ハイジャンプにおける横の移動距離が全キャラ中最も長い。
上半身裸+熱血な性格からか、『GG』全キャラで一番の根性値の持ち主。しかし防御力はメイ紗夢などと同じ数値なので、少し低い部類。
また、ガードバランス値が溜まった後減少する速度が何故かミリアと二人だけ「遅い」に設定されているため、固められるとダメージが酷い事になる。

+X(ゼクス)
疾ハメからフォルトレスディフェンスキャンセル(FCD)を絡めた画面中央でも気絶させる事が出来る。
だが疾ハメや気絶コンボ自体の難度も高い、通常技が弱い(疾ハメに移行するための足払いが動作中全部CH判定)などで立ち回り全体は弱かった。
キャラ固有のGPもFCDのおかげでほぼ使用出来ないので防御性能も低く、ランクとしては当時の文句なしの弱キャラ4人の一つ上といった程度。

+XX(イグゼクス)、XX#R(青リロ)
コンボ性能が弱体化され、リーチが短く地上戦で不利を強いられる闇慈は
差し合いで詰むキャラも多く、無印、青リロ両方の作品で最弱候補に挙げられる。
頼みの疾ハメも抜け道は多く仮に決まってもFCDの削除で安い火力で終わるなど、どうしようもない冬の時代であった。

+XX/(スラッシュ)
「疾」が中段でなくなる代わりにヒット時でも二段目へ派生&二段目が2ヒットになり拘束力が増し、結果として起き攻め能力はアップ。
固めは風神からの新派生技でガードされても有利な臨、崩しも中段の3Pを手に入れたため申し分なし。
「針・弐式」の強化で容易にダウンを奪えるようになり、「風神」の強化でコンボ性能も大幅強化。
ガードポイントの基本システムの変更でGP技で相手の技を潰しやすくなり、通常技のリーチも伸びて立ち回りが向上。
切り返しも各種GPと動作終了まで無敵のDAAで隙無し、等々かなりの強化調整が施され、一気に強キャラへと変貌した。

+Λ CORE(アクセントコア)
GP技に大幅な変更が加えられ、一部の技が牽制に特化されて、それ以外はコンボ用に使いやすいように修正された。
FB技限定で疾ハメが復活するが硬直の長さからかなりの状況限定起き攻めに。その他必殺技も弱体化が沢山。
その結果、以前のように差し合いが苦しくなり、キャラランク的にはかなり下に追い込まれたものの、
コンボとその締め方のバリエーションが豊富になり、非常にやり込みがいのあるキャラに仕上がっている。

+ΛC+R
かなりのテコ入れが為され、総合的には強化された。
特にガトリングルートの大幅増加、全ての通常技がヒットorガード時にいつでもガトリングへの移行やキャンセル行動が
可能になった事で連携とコンボに磨きがかかっている。
やり込めばやり込むほどに期待に応えてくれる良キャラである。

参考動画


MUGENにおける御津闇慈

現在、3体存在する。

+高崎舟氏製作
  • 高崎舟氏製作
強キャラとして名を馳せた『GGXX/』時代の闇慈が忠実に再現されている。
AI超反応GPからの切り返しが非常に強力。コンボ精度も高い。さらにAIレベルも選択可能
勝利時一撃必殺準備も完備と、㍻㌢氏AIの『GG』キャラとの相性もバッチリである。

オリジナルモードは一風変わった仕様。
「疾」のバリエーション増加やガーキャン技の追加により、また違った立ち回りが要求される。
ストーリーモードの技を再現した「土遁の封」は使い所は難しいが、相手に相当なプレッシャーを与える事が出来る。
また、オリジナルモードにAIが追加された模様。
同氏製作の梅喧同様にミッドナイトブリスにも対応している。

+MEKA氏製作
  • MEKA氏製作
ニート運送氏により強AI入りのD4化パッチが製作された。大幅なアップデート改変が加えられており、本項ではそちらについて記述する。
『GGX』、『GGXX』、そしてEXモードが搭載されており、戦闘中でも即座に切り替える事が出来る。
Xモードには『アドバンス版ゼクス』の要素が追加されている。
扇子でパタパタ飛んだり空中で地上技を使うなど、一見奇妙だが奥深い性能はやり込みがいがあるだろう。
AIはFCDを利用したコンボを遠慮なく使ってくる。注意しよう。
XXモードは『XX無印』から『アクセントコア』までの闇慈を足して割ったような仕様。
フォースブレイクや、3Sキャンセルも使用出来る。
EXモードは原作のEXに加え、扇子繋がりなのか不知火舞西行寺幽々子の技の一部を使用出来る。
原作通りガードポイントでは無く、コマンドで出せる「蒼」が非常に強力。
また、ガードポイントから派生する一撃必殺技「死蝶浮月」は実戦でも十分に狙っていけるから恐ろしい。
ちなみにこの技はHelpermaxがデフォルトのままだとDESTROYEDが表示されない。mugen.cfgを弄って増やしておこう。

こちらの闇慈には勝利時の一撃必殺準備は搭載されてない……と思いきや、タッグ戦の相方が一撃準備をするキャラだと自分も一撃準備をするようだ。
そして、他の製作者の物と比べて若干サイズが小さくなっているので見比べてみよう。

覚醒必殺技である「一誠奥義「彩」」は少々出が遅いが、「広範囲・多段ヒット・持続時間が長い」と結構な性能を有しており、
出の遅さを相方がカバーしてくれるタッグマッチでは無類の強さを誇る。
初期のニコニコMUGENで活躍していた古いD4パッチの方の闇慈は、ゲージが溜まればこれを即ぶっぱなしていたために、
「奥義のバーゲンセール」「奥の手大放出」などのあだ名が付けられた。
現在はタッグAIの搭載によりぶっぱの割合がより一層高くなった事はもちろん、上記高崎舟氏作の闇慈も新AIだとぶっぱを自重しなくなっている。

+無敵医師氏製作
  • 無敵医師氏製作
『GG』キャラ製作で有名な氏による闇慈。高崎舟氏と同じく『GGXX/』時代の再現であり、ACモードもきっちり搭載済み。
MUGENの仕様の関係で下段ガードポイントの2HSで上段、中段に対してもGPが成立するようになっているが、
その対策として相手がその時にしゃがみ状態でなければ、その後にGP技やRC以外のキャンセルが出来ないようになっている。
ナテルオ氏によるAIパッチも公開された。

+大会ネタバレ
男女タッグ祭り2008(通常枠)において、
決勝トーナメント第1回戦で合いペアを相手に165Hitの連携を叩き込み、勝利している。

一方、作品別味方殺しタッグチームバトルでは『一誠奥義「彩」』が完全な味方殺し兼自爆技になった上に、
この技をバシバシ出しまくったため「あれは出すなw」と視聴者に突っ込まれる有様だった。
しまいにゃ、敵ごと相方DESTROYEDした。それにしてもこの闇慈ノリノリである。
後の大会でも見事なまでの味方殺し&自爆を披露している辺り、もはや狙ってやっているのだろうか。

AILv最大禁止アークオンリーシングルトーナメントでは無敵医師氏作(ACモード)が本戦においてベスト16に入賞。
しかしそれ以上に輝いたのがおまけのAILv最大トーナメントであり、
本戦優勝者のジャスティスをGPと疾ハメで完封&ストレート勝ちするという大金星を挙げた。
yameteoke氏の検証では「同条件で10戦中4勝」と決して偶然の結果では無い辺り、MUGENにおけるAI殺しの強さを再認識出来る結果と言えるだろう。
試合は16:00~画面右下






「いいもん見れたろ?」


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー



おすすめコンボ(MEKA氏+ニート運送氏パッチの闇慈)

コマンド 備考
2K>2S>2D>S風神>凪刃 ガト+必殺技。ここで挙げた通常技は全て下段。
K(>S)>HS>HS風神>FB臨(>HS風神>FB臨or臨)>K>S>陰(>HS風神>一足飛び) 画面端に到達したらK>Sで拾える。
K(>S)>HS>一誠奥義「彩」 画面端かFRCをすれば追撃が必要
K>S>2D>S風神>臨>K>S>陰>K>6S>9HJ>JK>JS>JHS 画面端限定…だが2割半も取れない。陰後に「S風神>臨>P>陰>S風神…」でループ可能なのでゲージ回収にでも。
針・弐式RC>K>S>6S>9HJ>JK>JS>JHS 中段RC始動。針・弐式は最低空なら闇慈の持つ最速の中段技になる。
空中投げ>K>S>6S>9HJ>JK>JS>JHS 空投始動。これだけで3割程取れる。
(投げor2Dor陰>)疾>ダッシュ… 起き攻め基本形。疾は少し遅めに出せば重なりやすい。普段はRCしなければ単発の3P(中段)も疾の2段目と一緒に当たればノーゲージで3P以降につなげる事も出来る。



*1
なお、両者はボーカルの三戸(初期のみ水戸)華之介氏を元ネタの一部にしている点でも共通している。
(闇慈は三戸氏の苗字、十本刀の方は連載当時の三戸氏の外見)

*2
ちなみに他の方々にも「暑苦しい(ソル)」「汗臭い、美しくない(ジャム)」
「目眩まし(スレイヤー)」「駄目だんさー(ロボカイ)」「クソマッチョ(イノ)」と散々な言われようである。

*3
余談だが、石渡氏曰く「ゲーム性能的にもキャラクター的にも失敗」と闇慈は酷評されているが、
酷評に反して女性人気が高く、複雑に考えているそうである。

*4
ダメージが低い上に完全に同時には出来ないのでガード不能にはならず、凌がれる場合もあり、
さらにリバサ無敵技でアッサリと返されるなどにより「逆n択」とまで言われる事もある。


最終更新:2020年11月04日 20:58