ファウスト


「医者は治すのが仕事です!」

  • 出身地: 不明
  • 生年月日: 不明
  • 身長: 282cm
  • 体重: 55kg
  • 血液型: 不明
  • 趣味: 不明→上質な紙袋の収集(『Xrd』)
  • 大切なもの: 不明→あってはいけないと思っている(『Xrd』)
  • 嫌いなもの: 不明→自分を罠に陥れた者(『Xrd』)
  • アイタイプ: 発光体

GUILTY GEAR』シリーズに登場するキャラクター。愛称は「先生」など。
妙に甲高い声と口調、頭に被った紙袋が異質さを放つ謎の医者。
闇医者だが腕は立ち、どんな奇病でも無償で治してしまう事が話題を呼んでいる。

ストーリー

かつて彼は善良な心を持ち、世界最高とまで呼ばれるほどの外科医だった。
しかし、ある日有り得ない治療ミスを犯し、患者である少女を死なせてしまった事から、
気が触れて一転、恐怖の殺人鬼と化してしまう。
筆舌しがたい残虐な手口によって数多くの罪無き人々を殺めた彼は捕らえられ、次元牢へと投獄された。
だが、前大会で釈放のチャンスを得た彼は再び本来の人格を取り戻す。
善良な記憶を取り戻した彼は、今までの自分の罪を戒め、自ら命を絶つ事を決意する。
しかし確かに「死」は償いにこそなるが、今の彼にとって死は苦痛ではなく、
むしろ気持ちが解放される分「逃げ」の選択に過ぎない事を十分に理解していた。
そんなある日、過去における少女の死は、単なる医療ミスではなく、第三者による計画的殺人である事を知る。
真実を垣間見た彼は、その事件にある謎を究明するまでは謝罪を先送りさせ、
その道中に「可能な限りの命を救っていく」事を新たな道として選んだのだった。
(『GUILTY GEAR X』より)


戦闘の時はヤンキー座りの様な姿勢のおかげで縦の当たり判定は小さいが、イントロや勝利ポーズからもわかる通りかなり背が高い。
ずばり身長282cm。驚くのはまだ早い。なんとこの身長で体重は55kgである。ムエタイの帝王もびっくり、タムタムとタメを張れるネタキャラだろう。
挑発する時に素顔を晒すのだが、紙袋の下は。本人が「顔フラッシュ!」と言うぐらい
本当に頭が光る(しかも光部分に攻撃判定まである)ので、その激しい逆光のせいで直接確認する事はできない。
だが、シルエットが見事なまでに丸いのでハゲである事は間違い無い。

血液型も誕生日も不明で、その人外っぷりは終戦管理局に「Type. Human (?)」と記されるほど。
本当に人間じゃないかもしれない。人間から一歩進んだ存在かもしれない。人間から五歩くらい外れた存在かもしれないけど。
スレイヤーにすら、「面白い」と興味を持たれているぐらいだし。
公式小説では便利なので手術で首を伸ばせるようにした事や、便利なので腕を四本生やせるようにした事を当たり前のように語り、
カイチップを引かせている。というか二人は見なかった事にした。

キャラがキャラだけに少々ギャグに走りがちな所はあるものの、『GG』シリーズきっての大人の人格者で凄くいい人。
特殊な事情を抱えていたり悩み多かったり、いい年して我が道を突っ走っている連中も多い『GG』において、
誰に対しても思いやりを持って接する事ができる数少ない人物である
(他にも常識ある面子はいるが、カイは責任感や正義感ばかりが先に立ってしまい、
 スレイヤーは隠居のスタンスを崩そうとせず、ジョニーの思いやりは女性限定等)。

参考動画

このようにGGキャラでは珍しい常識人なのだが、倒された時の皆からの反応が酷い
…まぁ、この見た目と動きでは仕方ないとも言える。
+反応一覧
  • ソル=バッドガイ
    • 「医者ってのは、みな、こんなだったか?」(『GG』)
    • 「まずテメェが医者にかかれ。話はそれからだ。」(『Xrd』)
  • エディ
    • 「何ダ、コノ抗体ハ! ワガ細胞ガ拒絶サレル!」
  • チップ・ザナフ
    • 「テ、テメェを形容する言葉が見つからねぇ…。 つまりなんだ、アレだ! 「御愁傷様」…」
  • 蔵土縁紗夢
  • メイ
    • 「なんか寒気がするの…。 あなた、ハゲね、ハゲなのね?」
  • ジョニー
    • 「クッ、もう少しでコミュニケーションがとれるかと思ったが、さすがにデンジャラスな試みだったか…」
  • アクセル=ロウ
    • 「なんかさぁ、心臓に悪いんだよ…。 頼むからもう起きあがんないでくれるかな」
  • 梅喧
    • 「こ、この被り物を取らしてもらうぜ…? テメェが人間かどうか確かめてぇ。」
  • 御津闇慈
    • 「いや、オマエほら、危機感とか無いの? 自分に」
  • ミリア=レイジ
    • 「慰める訳じゃないけど、人間はやり直すことができるらしいから…」
      (『XX』『Xrd』では(…私には、ありのままを伝える勇気がない…)というモノローグまで入る)
  • ヴェノム
    • 「組織の専門医は世界でもよりすぐりの者だ、病に立ち向かう勇気があるのなら紹介しよう」
  • スレイヤー
    • 「時折、君のようなものが出るから、人間は面白い。 あるいは我らの元祖も、君のような人だったかも知れぬな」
  • ブリジット
    • 「えーと、あの、その…、見せ物小屋系ですか?」
  • ロボカイ
    • 「エェイ! 人間ガ少ナイゾコノ辺ハ! でーたニナリャシナイ!! ッテ、何? 人間? …ソウデスカ」
  • A.B.A
    • 「UMAに念仏…。 寄るな、触るな!」
  • ジャスティス
    • 「この生物はデータにないな。 貴重なサンプルだ。 遺伝子構造から解析する必要がある」

更に覚醒必殺技では「刺激的絶命拳」という名のカ○チョーまで使い出し、
その際の皆からの反応はやっぱり酷い

+Xrd
『Xrd』にも登場し、相変わらずのはっちゃけっぷりを見せている。

色々な面が変わってはいるが、特筆すべきは「刺激的絶命拳」と、手術で相手を面白い顔に整形する一撃必殺技「コレが...、私?」の2つ。
どちらも(視覚的な意味での)破壊力が酷い。
刺激的絶命拳はとうとう指をぶっ込むようになり、色んな意味での危なさが格段にアップ。
やられボイスは勿論、喰らった際のリアクションまで専用のものが用意されている。
また、ザトーに決めた際のみぶっ込む時の台詞が「死ねぇぇぇ!!!」という固有ボイスになる。
唐突な(肛門を)殺る気満々のボイスは必聴。
[一撃必殺技>DESTROYED]]の方も、各キャラ3種類あるパターンそれぞれに別のボイスが用意されているという徹底っぷり。

一撃必殺技のカオスなネタっぷりも必見

最新の技術でエフェクトやモーションがふざけた方向に進化を遂げる一方で、
キャラクター紹介では「時折奇天烈な言動をするのは過去に発狂を起こした後遺症」という重い設定が明かされている。
また『Xrd』では、別のキャラの一撃必殺技(過去のトラウマを見せ付けられるタイプ)で、少しだけ先生の医療ミスに触れる事ができる。
この一撃必殺に対する反応は、ほとんどのキャラで痛々しいが、先生の反応は、特に見てる者の心が抉られる事間違いなし。
(一つだけ医療ミスとは関係ない雰囲気ぶち壊しのモノもあるけど)

「馬鹿な、そ、そんなはずはない!30分前まで安定していたんだぞ!?」

「すまないすまないすまないすまないすまないすまないすまないすまない!許してくれぇぇぇーー!!」

ストーリー面でもますますシリアス要素が強くなり、人格者で常識人である事が全面に押し出されるようになり、
医学方面のスペシャリストとして事件に独自の視点で切り込んでいったり、貴重な転移術使いとして重宝されるなど見た目を裏切る名脇役である。
対戦モードの勝利台詞を見ても、ソルのGEAR化による変調を察して自分に診せろと真剣に話したり、
かつての医療ミスを仕組んだ張本人である事が判明したザトーには、
「私の前から消えてください。貴方だけでなく、この「ファウスト」も死にかねないですから。」と冷たく言い放つなど、
対戦時のコミカルなアクションから一転してシリアスな発言をする事もあり、やはり侮れない存在感を見せ付けている。
前述したザトーに対する刺激的絶命拳もそこだけ見れば完全にギャグだが、
彼の複雑な心情を理解していれば、むしろよくそれで済ませたられたなと言った所だろう…本当に良くできたお方である。

ファウストの腕を見込んだザッパアクセルも、自分の抱えている悩みをどうにかしてもらうために彼の元を訪れた事があるが、
彼曰くどちらのケースも「医学ではどうしようもない」との事。
まあ確かに憑霊体質や時間移動能力なんて医学でどーせいっちゅーねんって話であるが。
他に彼(?)を追いかけている人物として、『プチ』にのみ参戦した看護士のファニーがいる。
+備考・ファニーの画像とプロフィール









「ごめんなさい、わたしは「はくいのてんし」
 わたしのあいは みなさんびょうどうですの。」

  • 大切なもの: 母の形見の注射器
  • 嫌いなもの: 病院のにおい
  • 出身: 不明
  • 血液型: O型
正確には追いかけているのはボルドヘッドの方であり、ファウストに出会った際ボルドヘッドだとは欠片も思わなかった。
不治の病(と思っているが、実際は単なる風邪)から救ってくれた先生に師事すべく准看護婦になったが、先生が行方不明になったため探している。
ファウストの正体に少しも気付かない上、当のファウストが正体を隠しているので、恐らく永遠にすれ違い続けるのだろう。
ちなみに、担当絵師のエミィ氏によると元々の設定はカイの追っかけだったのだが、
「女の子に首を伸ばさせたい」という想いから医者の追っかけになってしまった。
また、名前を「ナース」にしましょう、とかなり本気で言っていたそうだが、「それはあんまりだ」という事で、ファニーになったそうな。

公式小説では、怪我人を匿っている診療所を一つの町よりもでかいギアの攻撃から(精密なメスさばきで軌道をずらして)守り抜いたり、
物質転移の術を駆使して高速戦闘(ゲーム上では「どこでもドア」っぽい演出で使用)をするなど、
恐ろしいほどのハイスペックぶりを見せつけている。
ゲーム上では使用しないが法術の腕前もかなりのものらしい。
どのくらいの腕かというと、カイ同様「気」以外の全属性を使用可能で、しかもそれぞれが達人級の腕前。
だが、台詞を聞く限り戦闘に使うなどという事は発想すら持っていない模様。
さらに、物質転移の術は使用する事自体がとんでもない技術だと語られているが、彼はこの術を応用し、異空間に専用の手術室まで持っている。
「設備がないときに使うんです」などとまるで「ちょっと便利な道具」とでも言うように話す先生マジパない。

「イロモノな外見」「しかし人格者」「リーチキャラ」という特徴はダルシムによく似ている。
あちらと違ってこちらが伸びるのは首だが。

しかし、こんな先生も初代じゃ素顔でやんちゃしてたから困る。
あの戦闘スタイルとか「ンギモヂイ゙イ゙イ゙!」とかマッドなオペレーションとか。まあ、その時は正気を失ってたわけだけど。
公式では認められてないがどう見ても同一人物です本当に(ry
+備考・Dr.ボルドヘッドの画像とプロフィール
  • 名前: Dr.ボルドヘッド
  • 出身: 中国
  • 誕生日: 8月21日
  • 身長: 282cm
  • 体重: 55kg
  • 血液型: O型
  • アイタイプ: 黒
  • 趣味: 手術
  • 大切なもの: メス
  • 嫌いなもの: ガン細胞

「私・・・・・・?・・・・・・私は何をした・・・・・・?
 ・・・・・・あの娘に・・・・・・何を・・・・・・
 ・・・・・・私は・・・・・・・・・・・・殺した!!」

体格は先生と全く同じ。
世界最高の腕を持った医者として、人々に尊敬されていた人物。
しかし、彼が「名医」と呼ばれ慕われていた一番の理由は、単に手術の腕が良かっただけではなく、患者を慈しむ心を持っていたからである。
公式攻略ファンブック『ギルティ・ギア コンプリートバイブル』には、精神に異常をきたす前の彼のイラストが載っている。
ベッドで寝ている患者の少女に、童話を読み聞かせてあげている姿である。笑う少女に優しく微笑みかける彼の姿は、泣ける…。

+Dr.ボルドヘッド初代EDネタバレ
ジャスティスを倒した彼の元に、世界を救われた事に歓喜する多くの群衆が集まっていた。
狂気に囚われていた彼は、早速人々を「手術」しようとしてしまう。
しかし人々の喜ぶ声は、天才医師として慕われていた頃の彼の記憶を呼び覚ましていった。
そして、かつて自分が死なせてしまった少女との思い出も…。
つらい記憶が蘇ってきた事により、激しく苦しみ始めるボルドヘッド。その時、少女が自分に呼びかける声を、彼は聞いた。

「もう自分を責めないでほしい、皆が先生の事を待っていてくれている」という、言葉を…。

咆哮を上げた後、Dr.ボルドヘッドは苦悩の表情を浮かべながら、闇夜の中へと姿を消していった。
その後、狂気の殺人鬼ボルドヘッドが世界に姿を現す事は、二度と無くなった。
その代わり、神のごとき腕前を持った流浪の闇医者の噂が、絶える事なく続いたという…。

メイはなんとなく、正体の「一部」を見抜いているようだが…。
かつて学会にいただけあって、『GUILTY GEAR JUDGMENT』では黒幕であるレイモンドの事を知っている(互いに面識は無い)唯一のキャラであり、
ファウストでプレイした時のみその経歴が発覚する。

なお、初期設定(無論、ボルドヘッド時代)ではメスの名前が「丸刈太(マルガリータ)」だったという話がある。
…丸刈りにかけていたのだろうか?

中の人は、同作のポチョムキンや『悪魔城ドラキュラ ジャッジメント』のラルフ・C・ベルモンドなどを担当している近藤隆氏。
なお、初代のボルドヘッドは塩沢兼人氏が演じており、ザトーと2役である。


原作での性能

「何が出るかな?」によるアイテムにランダム性があるため、実際に何が出るかで立ち回りを変える必要があったり、
覚醒必殺技では自爆したりもする、少しバクチ性のあるキャラ。
おまけに戦闘中での言動・見た目・アクションがイロモノそのものなので「使いにくそう…」と思われやすいが、
作中でも屈指のリーチによる高い牽制能力を用いて相手を動かし、豊富な対空で迎撃するという実にシンプル且つ正統派な基本戦術を用いる
コンボ性能は低いがその代わりに単発攻撃力が高く、裏を返せば難しいコンボが必要ない…など、初心者にも扱いやすいという側面を持つ。

弱点としては中段が不足する(6HSがあるのだが、当たれば痛いものの出がかなり遅い)ため能動的な崩しが苦手な事と、
巨体であるため、屈んでいる立ち状態*1やしゃがみ状態ならともかく空中の喰らい判定がやたら巨大な事
(おまけに体重が軽いため、各キャラに「ファウスト専用高火力空中コンボ」があり、そこからさらに起き攻めを受けてしまう)、
信頼できる切り返しがほぼ存在しない事など、攻められたら厳しいという点が挙げられる。
リーチが長い分通常技の喰らい判定がかなり前に出てしまうものが多く、一部の技を除き全体的に当たり負けしやすい点や、
防御力自体は普通にあるものの根性値が最低クラスな為、土壇場の粘りが効き難いのも地味に痛い所。
また、空中ダッシュが非常に特殊で、速度が極端に遅い上やられ判定が見た目通り横に広がりまくりなため、迂闊に使うと痛い目を見やすい。
他のキャラのように「ヒットする事を期待しつつ、素早い空中ダッシュから判定の強い技を振り回して突撃する」事はほぼ不可能
(そもそも空中ダッシュがないキャラもいるが…)。

貴重で有効な中段としてドリルキック(J2K)をFDCしてJKに繋げる通称ドリキャンが存在する。
低空で使用する事によりファウストにとって最速の中段技となるが、入力猶予はたったの2Fだけであり、初心者には少々難易度が高い。
ファウストを使いこなしていく上では重要な技術である為、より上を狙うなら必須のテクである。

どの作品でも常にそこそこの強キャラ位置をキープしており、強過ぎて叩かれる事もなく、かと言って弱いという事もないので安定したプレイヤー人気を持つ。
しかし『#RELOAD(赤リロ)』では少々やんちゃが過ぎたのか、稼動三日でお手軽永久が発見されてしまい大惨事になった事もある。

なお、覚醒必殺技の「刺激的絶命拳」をブリジットに対して使った場合、
ロジャーの戻るタイミングに当たりのカ○チョーが重なるとブリジットが空中停止するバグがあるため、
ロジャーの滞在時間が長い「俺とキルマシーン」使用時には、宝箱選択のタイミングを注意する必要がある。
もっとも、この空中停止状態はファウスト側が攻撃を与える事で解除されるので、発生してもゲームが崩壊するほどの影響は無いが。

『AC+R』までの一撃必殺技「今週のYAMABA」は、相手を手術台に固定して爆弾で爆破する技。
いかにもファウストの技らしいコミカルな演出が特徴だが、その内容は『X』と『XX』以降で大きく異なる。
初出の『X』では「不発だと思って様子を見に行った瞬間爆弾が起爆、自分も相手もアフロヘアーになる」というコントのような演出だったが、
『XX』以降は「きのこ雲が発生するほどの爆発が起きて辺り一面が焦土になり、シェルターから出て来たファウストが震え上がる」という、
ある意味笑えない演出となっている。
ちなみに、家庭版限定だが、『XX』以降の作品でもEXキャラクターを選択した場合は演出が『X』時代のものに変更される。
『XX』以降の追加キャラにもアフロ姿がしっかり用意されているので、興味のある人は是非。

「次行ってみよー!」


MUGENにおけるファウスト

+無敵医師氏製作
  • 無敵医師氏製作
動画で主に見かけるのはこちら。
原作性能を概ね再現しており、『#RELOAD』仕様・『Λ CORE』仕様・家庭版EXキャラ仕様の3タイプを選択可能。
ただし、EXキャラ仕様を選択しても対応の難しさ故か「今週のYAMABA」の演出は変化しない。
2007年初期、GGキャラにAIの手が差し伸べられていなかった時代に強AIを搭載していたほぼ唯一のキャラ。
コミカルな外見・技とは裏腹に、判定の強さとリーチの長さ、途切れない攻めで活躍。
凄腕の医者で人格者という設定からは想像もつかない奇抜な言動と動きで、昔も今も皆に愛されている。
「何が出るかな?」の爆弾、「愛」の顔爆弾が自分も味方も巻き込んで爆発し、
そして何より覚醒奥義「刺激的絶命拳」が味方にも当たる仕様となっているため、タッグで彼がいるとまさしく阿鼻叫喚。
AIインフレの波に飲まれてすっかり影が薄くなっていたものの、ナテルオ氏によって通常・EXの両方に対応した氏お馴染みの非常に強力なAIが公開された。

闇ではあるが医者としての技術もあり、戦闘力の高さも相まって公式小説でもいい位置を与えられていたり、
MUGENストーリーでもギャグキャラも人格者もなんでもござれと扱いやすい、重宝される存在。
小ネタだが「刺激的絶命拳」を同氏の一部のキャラクター(エディブリジット等)に当てると特殊ボイスが出る。
…うん、ブリジットは正しいよ、それが一般論だよ。

+bad darkness氏製作 Dr.ボルドヘッド
  • bad darkness氏製作 Dr.ボルドヘッド
まだ素顔でやんちゃしてた頃の先生。珍しい初代『GG』のキャラである。
現在はfoxy氏のOneDriveにて代理公開されている。

原作のグラフィックを使用し、各アクションも原作に準拠している。
が、ゲージ最大値が2本に増えている代わりに体力が減っても覚醒必殺技が使い放題にならない、
一撃必殺技の発動条件が殺界発生ではなく一撃準備アクション、チャージキャンセルの撤廃など、
いくつかの点は『X』以降との折衷になっている。
また、フォルトレスディフェンスやガードキャンセルは未実装。

J・J氏によるAIパッチも存在し、いくつかの大会に出場しているが、
見かける機会はファウストと比べると少なく、知名度の低さから「誰?」と言われたり改変キャラと間違われる事もある。

2015年6月には千手百足氏によるAI付き改変パッチが公開された(更新で必要ファイルが全て入ったので実質改変キャラだが)。
初代ジャスティステスタメントのAIを製作した氏のAIらしく、このボルドヘッドも挙動やシステムが初代に近付けられている。
永久スイッチ以外の設定項目は無く、常時AIが起動しているので基本的に操作は不可能。
ガーキャン「マッドオペレーション」を初め、チャージキャンセルや超低空ダッシュなどのバグめいた仕様を最大限に活かし戦う。
改変元と違い一撃準備は無い(殺界始動ヒットで発動)が、相手が気絶した際に連打するもののタイミングが悪くあまり当たらない。
また、氏の他パッチと違いマッチキルスイッチが無いので、一撃が当たっても次のラウンドで即死を垂れ流したりはしない。

出場大会

+一覧
【ファウスト】
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止
非表示
【Dr.ボルドヘッド】
凍結

出演ストーリー

+一覧
A girl in the Darkness
Cry for the Moon
F.K.B. ~炎とナイフとバーグマンの事情~
Freedom Wind
La Jodaso Stiana
MUGEN STORIES INFINITY
MUGEN学園カラス部
MUGEN館に住まうもの
MUGEN町 任侠伝
MUGENの星
SOS団と3人の姫君
Tea Party of Witches
Timekeepers
WME RAW+SMACKDOWN
アイマスハート
いおりんやったれMUGEN譚
居酒屋mugen
ウサギの大冒険
狼は安らかに眠れない!
風と星の夜話(Dr.ボルドヘッド)
がんばレイセン!R2
狂って踊れ(Dr.ボルドヘッド)
サオトメが行く!
崎さんと霊夢の便利屋爆走記
ジャギ学熱血青春日記
ジョブチェンジ!
すごい漢シリーズ
スターダスト美鈴(Dr.ボルドヘッド)
セルハラ訴訟勝訴争奪男女対抗団体戦
大剣タッグ(?)でストーリー動画
血が嫌いな吸血鬼
ディオ・ブランドーは落ち着けない
てんこちゃん愛してる!
とある無限の物語
人形の夢と目覚め
はい、X人組作って運動会
はい、○人組作って運動会
百鬼運送業
飛竜の旅
ブランドー一家
無限のウォルターク
無限の果てに。
もえるく。
ロック・ボガードの憂鬱


「な、な、な、
                    なにがでるかな?」


おすすめコンボ(無敵医師氏、ファウスト)

コマンド 備考
K>2S>2HS(>2D)>槍点遠心乱舞>ごーいんぐまいうぇい 地上ガトリング+必殺技。Kは打点が高いので、実際は2Pや近Sなどが主な始動技になる。
2S(CH)>レレレの突き>引き戻し>2S>2HS(>2D)>槍点遠心乱舞>ごーいんぐまいうぇい 2Sのカウンターヒットからレレレが繋がる。引き戻し>2Sは目押しだがタイミングはそれほど難しくない。
6HS>槍点遠心乱舞>(RC)6HS>槍点遠心乱舞>(RC)6HS>槍点遠心乱舞>ごーいんぐまいうぇい 起き攻めで6HSの中段を重ねて当たったら。初代『XX』は槍点がFRC可能だったのでさらに長くループさせる事ができた。
D>JHS>JHS>JK>JP>JK>(JC)JK>JS>JHS ダストコンボ。MUGENでは安定させづらいが無理という程ではない。


*1
ファウストを知らない人のために補足しておくと、
彼のニュートラルポーズは公式ガイドブックでも「立ち」と表現されるが所謂「ヤンキー座り」で、下を押す(しゃがむ)と伏せるポーズを取る。
無論、ヤンキー座りに見えてもガードなどの判定は他キャラの「立ち」と同様である。


最終更新:2020年11月05日 01:24