ウィキッド・ドロシィ


基本データ

「願い叶えし魔女狩り娘」ウィキッド・ドロシィ
モチーフ作品 "オズの魔法使い"より、ドロシー・西の魔女
ロール アタッカー
開放条件 リーフショップで交換(0枚) ※1
Art. かわすみ CV. M・A・O
通り名 願い叶えし魔女狩り娘 身長 166cm
趣味 帽子集め 好きなもの ポーカー
嫌いなもの 流儀に反する事 大切なもの ファミリー

基本ステータス
最大HP Lv1: 44 Lv8: 58
最大MP Lv1: 55 Lv8: 65
ストレート攻撃力 B (2.2)※2
ドロー攻撃力 B (2.0)
スピード A (2.9)
公式射程表記
SS射程 キャスト 3.94体分 サンドリヨン
(Ver.5.20)
との比較
78.41%
DS射程 キャスト 5.40体分 91.96%
回避距離   100%
※キャスト1体分の大きさは、バフを受けた際の黄色い円が基準

+ ...
※1 ウィキッド・ドロシィ獲得イベント(2019/8/19~2019/9/8)でメダルを1枚入手で先行入手可能。Ver.よりリーフショップに移行。
※2 Ver5.20-Fより。Ver5.20-Eまでは2.0

スキルデータ

ワンダースキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
LFBジャックポット WR 超絶強化 5 なし フリックをすると即時発動する。
自身のストレートショット攻撃力最大MPが上がり、ストレートショット硬直減少する。
さらに、敵キャスト攻撃をヒットさせるたびに追加でストレートショット攻撃力上がり、与えたダメージ量に応じて自身のMP回復する。
※戦闘中一度のみ使用可能
スキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP(/DT) 詳細
ライオズ・アンティ R 強化 3 25/20 フリックをすると即時発動する。
自身のストレートショット射程徐々上がる
ダブルトリガー
ストレートショットの射程の上昇が止まり、ストレートショット変化し、敵を貫通するようになる。
この状態は、自身がストレートショットを1回撃つまで一定時間継続する。
ティンハート・チルト R 妨害 2 20/20 自身から引いた線の方向に攻撃を放つ。
ヒットした敵キャストに小ダメージを与え、ロックオンする。
この妨害効果は、無効化できない。ロックオンは自身が撤退すると終了する。
さらに、裂傷(最大HPが徐々に低下)状態にする。
この妨害効果は、妨害効果への完全耐性でなければ無効化できない。
ダブルトリガー
ロックオン裂傷(最大HPが徐々に低下)状態が終了し、ロックオンしている敵キャストのHP回復効果下げる
この妨害効果は、妨害効果への完全耐性でなければ無効化できない。
スケア・カード R 妨害 4 25/15 自身から引いた線の先にコアを生成する。
コアはHPが徐々に減少し、自身が撤退するか、コアのHPが0になると消滅する。
また、このコアは敵兵士や巨人の攻撃の対象になる。
ダブルトリガー
生成されているコアを中心とした範囲の敵キャストに大ダメージを与え、敵兵士に小ダメージを与え、巨人に特大ダメージを与え、コアが消滅する。
ストレイト・ラッシュ SR 攻撃 5 25/10 フリックをすると即時発動する。
前方に一定間隔ごとに自動で貫通攻撃を放つ。
この攻撃は自身がダウンしているか行動不能状態の場合は発生しない。
ヒットした敵キャストをロックオンし、小ダメージを与える。
ロックオンは自身が撤退すると終了する。
ダブルトリガー
ロックオンが終了し、ロックオンしている敵キャストを中心とした範囲に発動し、範囲内の敵キャストに大ダメージを与える。
オーバー・コール ※1 SR 移動 3 20/10 自身から引いた線の方向に攻撃を放つ。
ヒットした敵キャストをロックオンする。
ロックオンは自身が撤退すると終了する。
ダブルトリガー
ロックオンが終了し、自身がロックオンした敵キャストへと瞬間移動し、自身が敵キャストを撃破したときにチームゲージに与えるダメージ上がる

+ スキルの修正
※1 Ver5.20-A以前の説明文
オーバー・コール SR 移動 3 20/10 自身から引いた線の方向に攻撃を放つ。
ヒットした敵キャストをロックオンする。
ロックオンは自身が撤退すると終了する。
ダブルトリガー
ロックオンが終了し、自身がロックオンした敵キャストへと瞬間移動する。

キャスト概略


魔法国家の西部を統治するもうひとつの弾丸(アナザーストーリー)
ドロシィ・ゲイルのアナザーキャストで、ロールはアタッカー。
連射式のSSやアビリティなど、所々に本家の面影が残ってはいるが各性能は全くの別物。
ドロシィ譲りのダブルトリガーに加え、ウィキッド固有の能力である「ロックオン」を持つ。

  • 長所
    • 射程延長・回復妨害・兵士妨害・ワープなど、ややクセはあるが手札は多い。特に近距離タイプ並の回転率で遠距離射程のSSを撃てるというのは明確な強み。
    • DTによる貫通SSでの兵士列処理やカカシでの進軍妨害など、端レーンの適性も中々高い。
    • 事前の準備が必要だが、「ロックオン」による非常に強力な不意打ちが可能。相手を撹乱する、または専用の対応を強いる行動が多いため、優勢の状況で強いものが多い。
  • 短所
    • 長所の裏返しになるが、ショットもスキルもロックオンとDTが前提の設計。MPも不足しやすい。
    • どの手札にも無視できないクセがあり、何をするにも下準備が必要で即効性が薄いと扱いが難しい。
    • SSに特化したキャストではあるがもともとのパラメータが低く火力不足に悩まされる。
    • 「オーバー・コール」以外ではキルダメを盛りにくくWSの逆転性も低い。低火力と相まって劣勢状況・荒れた盤面に弱い。

・アビリティ「ダブルトリガー」

ドロシィ・ゲイルと同様のアビリティ。
略してDTもしくはWTとも。
スキルを使用すると、そのスキルの絵柄が変化しダブルトリガー待機状態となる。
効果時間中に再度そのスキルをフリックすると、待機状態を解除しダブルトリガーが発動する。
ダブルトリガー待機状態はスキルの効果時間の終了、または自身が撤退することでも解除される。

"スケア・カード"以外のダブルトリガー待機状態には「持続時間」が設定されている。
持続時間が終了する間際(10秒前)には、特徴的な警報音が鳴ると同時に、対象のスキルカードが激しく点滅する。

ダブルトリガー発動時、追加でMPを消費。
またスキル使用時とダブルトリガー発動のそれぞれでスキルを1回使用したという扱いになる。
「スキル使用回数」を起動条件としたサポートカード・ソウルカードのカウントを稼ぎやすい。

+ ...
このダブルトリガーは本来のスキルカードとは別のカードとして処理され、カードを重ねる事による軽減ボーナスが「0」に固定される。

ウィキッド独自の仕様として、一部のスキルは敵を「ロックオン」することができる。
それらのスキルのDTは「自身」ではなく「ロックオンした相手」を起点にして発動する。
よって本家のバフやマーカーとは違い、ロックオンが成立しないかぎりDTは発動できない
またロックオン対象はスキル毎に個別に管理されている。


+ キャラクター概略
恐らくはオズの魔法使いの物語の序盤に登場する「西の悪い魔女」。特にキャスト名にも使われている彼女のバックストーリーを題材としたミュージカル『ウィケッド』の色が濃い。
オズの国を旅するドロシィ達の前に現れた魔法使いは「今まで誰にも倒されたことのない彼女を倒せば、皆の願いを叶える」と言う。
こうして中盤のボスとなった彼女は様々な配下をけしかけるも、ドロシィ・ゲイルとその友達にやられて、最後には自分も水を被って溶けてしまう。
原作における彼女の扱いは噛ませ犬に近い存在だ。

しかし、そんな彼女にとある小説家が目をつけた。
アメリカで大人気の「オズの魔法使い」のキャラをもり立てた彼女は、エルファバという名前を与えられ、同時に「本当に悪い魔女なのか?」という疑問も投げかけられた。
同じくオズの魔法使いに登場する「良い魔女」との友情。
良かれと思って、最終的にウィキッド…「邪悪な」「悪い」「意地悪な」な結果になってしまう悲しき少女。
そのようなキャラ付をされたエルファバは「ウィキッド」という公演の主人公となり、ドロシーとはまた別の主人公となったのである。
ちなみに「西の悪い魔女」としての登場は「オズの魔法使い」だが、エルファバとなったのは1995年。そしてミュージカルとして「ウィキッド」と名がついたのはなんと2003年と、御伽噺としてはこいつの次の新参者である。あれが御伽話かどうかはさておき

しかし神筆に描かれた彼女は、西の魔女=エルファバというには少し弱い。
というのも、名前に「ドロシィ」が入っているのだ。
その上、関西弁で人懐っこい印象を持っていた少女がギャングの頭領のような存在になるには、十分すぎる要素を持っていた。
ゲイルの時点で格好が西部劇のカウガール風な時点で、アウトローなのは明白。
仲間(ウィキッドはファミリーと呼ぶが)を大切にするのも、ギャングとしては必要条件だ。
破天荒な少女が、かつての個性豊かで…そして相手を殺すことに躊躇しない仲間たちと共にギャングになる可能性は決してありえない話ではない。

…だが、エルファバではない。とも言い切れない。
ウィキッドの名前は、前述の通り彼女が主人公のミュージカルに使用されている。
そして、アウトローの主人公ゲイルに相反する格好のシェリフ衣装は、ゲイルの好敵手という現れだ。
もしや彼女は、オズの魔法使いの2人の主人公が合体した姿なのかもしれない。

なお、オズの魔法使いでは水に溶けてしまったエルファバであるが、(ミュージカル『WICKED』においては)実は生きており、彼女もまたドロシィと同じくオズの国を後にしている。
作中では好敵手だったドロシィ2人だが、もしかしたら案外似た者同士だったのかも…。

また、技名など随所にギャンブルがモチーフとして用いられているのは、出身地であるカンザスでカジノが解禁されたことに影響している。
同様の影響はオトギフロンティアでも見られ(こちらはギャンブルに狂うというどちらかというと残念な方の影響だが)、人間界での出来事がワンダーランドやオトギノクニにも影響を及ぼしているとも言える。

悪役の魔女がモチーフなのは間違いないのに“ドロシィ”でもあるという謎の多いキャラクターであったが、設定資料集3の発売で紐解かれることとなった。
なんとある人物の野望のため、当時の西の魔女を暗殺するために異世界から召喚されたという衝撃の事実。
彼女の方が原典におけるドロシーに近いかもしれない。
そのターゲットだった西の魔女から恩義を受けた彼女は、倒れたあとに地位と領地、愛するファミリーを引き継ぐことになるのである。
ちなみにドロシィ・ゲイルの扱う3人の仲間たちは、元はウィキッド・ドロシィの部下でもある。
詳しくは設定資料集3をご購入ください

表の主人公視点では一見“ただの悪役”に見えて、その悪役視点から見ると危ういバランスを保っている……という構造はまさに本家の『オズの魔法使い』と『オズの魔女記』の関係にのっとっている。

R専用「女義賊の薔薇眼帯」は先代西の魔女からもらったもの。魔法的な力はないらしい。だから性能も……
WR専用「統率者の切り札」に描かれている3体が上記の、のちにドロシィ・ゲイルのお供になる3体。試合開始時のモーション等でもばらまいている。
WR専用「号令かける白銀の笛」は腹心の部下たちを呼び出すためのもの。高解像度でないと見えづらいが、不気味なデザインのカカシ・ライオン・ブリキの絵がついてる。

【セリフ】
「ここは煉獄の世界だ、生半可なやつに明日はない」(戦闘勝利)
「たった一つの切り札が、標的を煉獄に導く」(WSのOL2)
キリスト教(カトリック)では、天国には行けないが地獄に堕ちるほどでもない人が炎で罪を清める場とされる。狭義での神とは異質な存在によって清められる場とも。
ただカッコいい漢字や語感から“落ちたものを徹底的に苦しめる地獄も同然の場所”みたいな意味で扱われることも多々。

アウトローなキャラクターとしては後者の意味のが強そうだが、前者として解釈しても「異世界から呼び出された彼女」にとってはオズの国はある意味で「一度目の死で訪れた、神のいない世界」と言えるか。召喚されるときは元いた世界でトラックに轢かれたのだろうか
あるいは黒幕によって利用された者に引導を渡す、という解釈も。
「呪縛を受けろ、お前の罪で」「裁くのは私の銃弾だ」など、ウィキッド・ドロシィ自身が断罪者であるという読み方もできる。

+ セリフ集

戦闘セリフ
戦闘開始時 使用キャスト 私に立ち向かって、7分生きていられると思うなよ
お前を裁く、私の流儀と法律で
私のテリトリーに近づく者は、すべて散るがいい
使用キャスト
(ありふれた日常への憧れ)
私とて、時には年頃の少女のように振る舞ってみたいものさ
味方キャスト 一撃で仕留める
流れに乗るか
外しはしない
使用キャスト
(ありふれた日常への憧れ)
笑わないでくれ…
ストレートショット ふっ!
やっ!
そこ!
ドローショット 散れ
消えろ
ちっ!
回避 やっ!
行け!
そこだな
ふっ!
はっ!
緊急回避 させるか!
はあっ!
ダメージ ぐっ!
うぐっ!
ダウン うぐぅっ!
貴様ぁっ!
きゃあーっ!
レベルアップ 邪魔者を探せ
ロールエフェクト発動 私に手を出すな、命が惜しければ
撃破 ずいぶんと安い命だな
早く行け、あの世でやつが待ってる
拠点攻撃 無駄だ
失せろ
邪魔だ
拠点破壊 敵拠点、壊滅だ
撤退 なに、弾切れだと…?
帰城 ファミリーのためだ、戻ってやるか
復活 未だ争いは絶えず、か
戦闘勝利時 ここは煉獄の世界だ、生半可なやつに明日はない
戦闘勝利時(変幻の栞) では高らかに宣言しよう、今日からここも私のテリトリーだ
スキル
LFBジャックポット 使用者 お前の命を預かろう、私が有効に使ってやる
使用者
(カスタム1)
家族を守るためならば……私自ら、最期の手段を使おう
使用者
(カスタム2)
たった一つの切り札が、標的を煉獄に導く
味方使用時 ジョーカーの出番だ
ティンハート・チルト 通常 銀輪の刃が、うつろな心を裂く
カスタム1 臆病者は朽ち果てろ
カスタム2 呪縛を受けろ、お前の罪で
ダブルトリガー 消してやるさ、お前の心を
ライオズ・アンティ 通常 勇敢なる獅子の叫びを聞け
カスタム1 賭けよう、私の命を
カスタム2 裁くのは私の銃弾だ
ダブルトリガー お前の勇気を挫いてやろう
オーバー・コール 通常 地の果てまで追い詰めてやる
カスタム1 賭けるか、貴様の魂
カスタム2 理不尽を受け入れろ
ダブルトリガー 一つ、運試しをしようか
スケア・カード 通常 知恵なき者よ、荒野で孤独にもがけ
カスタム1 ブラフを使わせてもらう
カスタム2 死にたくなければ逃げるがいい
ダブルトリガー 貴様の知恵、私が奪い取る
ストレイト・ラッシュ 通常 満足させてやる、存分に弾を食らえ
カスタム1 真っ向勝負も悪くない
カスタム2 灼熱の雨で尽き果てろ
ダブルトリガー こちらにはまだ、隠し弾がある
チャット
意思 左へ移動 左に行くぞ
中央へ移動 中央に行くぞ
右へ移動 右に行くぞ
一人で大丈夫 私は一人でも大丈夫だ
交替します 私が替わろう
援護します 手を貸そう
WS使用 ワンダースキルを使うぞ!
巨人を攻撃 巨人を攻撃するぞ
巨人を援護 巨人を援護するぞ
ここで粘る ここは耐える
攻めよう 攻めるぞ
守ろう 守るぞ!
依頼 左へ移動 左に向かってくれ
中央へ移動 中央に向かってくれ
右へ移動 右に向かってくれ
一人は不安 一人では...厳しいか...
交替して 私と替わってくれないか?
援護して 手を貸してくれ!
WS使って ワンダースキルを使ってくれ
巨人を攻撃 巨人を攻撃するぞ!
巨人を援護 巨人を援護してやってくれ
WSに注意 ワンダースキルだ!気をつけろ!
時間に注意 時間がない!急ぐぞ!!
森に注意 森に注意しろ
カスタム 優勢だ フフフ、優勢だな!
劣勢だ 劣勢だと…バカな…
やった! フッ…良しとするか
手札を集めろ 手札を集めろ
イカサマ 私にイカサマは通用しない
まかせて 私にまかせておけ
帰城する フッ、帰城する
自己紹介 ウィキッド…口さがないやつは、私をそう呼ぶのさ
地獄にようこそ 地獄にようこそ
カードは好きか カードは好きか、お前?
いつ仕掛けるか いつ仕掛けるか、それが問題だな
切り札を用意しろ そろそろ切り札を用意しろ!
ナイス! さすが、だな
ピンチ! 援軍をよこせ
計画通り フフ…計画通りに進んでいるな
運の無いことだ くっ、運のないことだ…
ご苦労だ ご苦労だ、シスター&ブラザー
できないことは くっ…私にも、できないことは、ある…
謹賀新年 さあ、新しい年だ…気持ちを改めていこうか
バレンタイン 君にも甘い贈り物をやろう…それとも、弾丸がお好みか?
ハロウィン トリックアンドトリート、どちらか一方など選ばせないよ
クリスマス クリスマスプレゼントだ、100発ほど贈らせて頂こう
よろしく よろしく、シスター&ブラザー
ありがとう あ、ありがとう…
ごめん スマンな
わかった 了承した
あいさつ よろしく頼むよ
感謝 感謝しておく
すまない すまないな
気にしないで 気にするな、次がある
指示が欲しい 指示はないか?
了解 了解だ
やめておこう 解せんな
気にしないで 気にするな、次がある
同意する 同意する
1月 今年も派手に行こうか、シスター&ブラザー
2月 豆鉄砲を食らうがいい
3月 フッ…お近づきのしるしに、握手でも交わそうか
4月 贅沢だな、ただ花を眺めていられるなんて
5月 休む余裕がある、それだけ平和だということさ
6月 水はやらん、欲しければ天を仰げ
7月 星の世界に生きる人々も、きっといるんだろうな
8月 この程度の灼熱など、暑いうちには入らないぞ
9月 背伸びすれば、月に手が届きそうだ……欲しいものだな
10月 這いずり回って汗をかけ、それが勝利への道だ
11月 子供たちは純粋だ……羨ましいよ
12月 来年の話をしよう、未来を考えるのは嫌いじゃない
鬨の声 行くぞ!ぬるい奴らに現実を見せつけてやる!
カスタム
(追加獲得)
旧リリィ1 有罪(ギルティ)…
旧リリィ2 同じ数のカードがあるんだ、誰にでも勝つ機会はある
旧リリィ3 バレなければ、イカサマではない
旧リリィ4 掴んだぞ、ジャックポットだ!
旧リリィ5 私がテーブルマナーを教えてやる
旧リリィ6 銃が二倍で、火力も二倍だ
当たり前のことを
(リリィ7)
当たり前のことをやってみせなくて、何が組織の長だ…
(メダルイベor入門パック) 始めるぞ、3つ数えろ
(晩夏のおたのしみパック) テイク・イット・イージー
赤い道
(資料集特典)
赤い道を行くか?
好意
(旧リリィ)
お前、私の家族(ファミリー)にならないか?
ファミリーと共に
(CR10到達)
ウィキッド……如何なる汚名を着ようとも、私はファミリーと共に翠玉の国を目指す

(CR25到達)

(EX05到達)
感嘆
(EX10到達)
やったな!…フ、フン……まあまあだな

(EX15到達)
ワンダーランド わんだーらーん
せ~が~♪ せ~が~♪
ミニマップ 攻撃 これを始末するぞ!
移動 動くとするか
注意 警戒しろ
防御 防衛するぞ!
了解 了承した
選択肢 YES いいだろう
NO
スタンプチャット
その他
キャラ獲得時 赤い血の道を越えて、戦い続けよう。シスター・アンド・ブラザー
キャラ選択時 遺言があれば、聞いてやる
最後のお祈りは済んだか?
狙い撃つ、お前の命
キャラ決定時 やってみるさ、明日のために
キャラ決定時
(舞闘会)
ナイス 私が賛辞を受けるのも、運命ということか
ファミリーの支えがあってこその、組織の長、だろ?
キャストランク CR上昇 ファミリーと共に生きるため、あらゆる手段を講じてやるさ
CR5、10 お前に私を利用など、出来ると思わない方がいいぞ
CR15、20 お前が私を使うのではない、私がお前を使ってやるのだ
CR25 お前はとんでもないじゃじゃ馬だが、いつか私が乗りこなしてみせる
EX00(マメール) ウィキッド・ドロシィと貴方は、信頼すべき、ファミリーとなったようですね
EX00(アナスン) 家族の形はそれぞれ。これからも、
君と彼女の家族が発展していくのを楽しみにしているよ。
EX上昇 お前の使い道が分かってきた…お前のほうは、どうだ?
ペンチャーム 技の断片1 地の果てまで追い詰めてやる
技の断片2 裁くのは私の銃弾だ
苦戦の記憶 くそっ、動けん!
助けて…っ!
冒険譚 支援1
支援2


+ ◆変幻の栞
栞説明(デフォルト):無法者には冷たい弾丸を。家族には温かな庇護を
栞説明(カラー栞):組織の長ともなれば、相応しい装いが必要というもの。それが家族の顔としての責務なのだから
栞説明(ありふれた日常への憧れ):組織の長として振る舞ってきたことに後悔はない。家族を護るのは当然だ。……ただ、なにも知らない私のままでいた、そんなありもしない未来もあったかもという、つまらない話だよ。
  • 衣装A(CR20達成報酬)
紫青カラー
  • 衣装B(スペルリリィ交換 ワンダー部販売)
緑白カラー
  • 衣装C(スペルリリィ交換 ワンダー部販売)
赤白カラー
  • 衣装D(スペルリリィ交換 ワンダー部販売)
黒黄カラー
  • 衣装E(スペルリリィ交換 ワンダー部販売)
白桃カラー
  • 衣装F(スペルリリィ交換)
赤色の髪、赤い瞳に黒い衣装。マフラーも赤。
  • ありふれた日常への憧れ
2020年3月のリリィフェスタにて実装。ミニシャドウ・アリス兵士と同時。
センスはさておき、アメリカのストリートにいそうな格好である。
今となっては珍しくないが、拳銃1つで戦うため一部のモーションが変更となっている。
髪型はゆるめの左右三編み。眼帯もパーカーに合わせたデザインに。
ペンキをぶちまけた風なデザインの帽子とズボン、ピンクをベースに黄色でハートや星の模様が入ったパーカー。
銃もピンクっぽい色合いだが、実銃だなと思わせるくらいには細かい。
+ ◆変幻の扉絵
  • デフォルト
扉絵説明:遺言を考えておくといい。私を前にしてそれを告げる時間があれば、の話だが
  • 扉絵A
  • 扉絵B
  • 扉絵C(6周年記念イベントにて先行配布)
扉絵説明:私とは一番遠いポーズと意味だと思うが? 随分な物好きもいたものだ
腰に手を添えて、顔の横でピースをする。トランプが周囲を回転して手元に収束、紫色に光る。
勝利を祈り称えるポーズは、自らの力で勝利を手繰り寄せるマフィア・勝負師には似合わないという意味だろうか?解釈違いなら訂正おねがいします
ログインによる獲得時には「長い道のりを進んできたものだ。お前もよく務めたよ いや……これからも頼むよ。ファミリーの為にも、な」のメッセージ付き。
変幻の扉絵D(清秋のおたのしみパックにて先行獲得)
説明:ショウ・タイムだ。勝利への弾丸は、常に私の手に握られているのさ
2021年10月上旬からのワンダー部ガチャにて先行獲得。
ドロシィ・ゲイルのデフォルトに近い。上に銃をくるくるを投げてキャッチ、前方に構える。カメラが回転する際には銃口に「ふっ」と吹きかけている。

ショット性能

ストレートショット

拳銃を二連射する。1発目がよろけ、2発目がダウン属性。
素の射程は美猴と同じ。

基礎射程は短いが発生・弾速・硬直が優秀。
足の速さと相まって、敵の硬直を誘って差し込むのに向く。
後述の"ライオズ"で射程を伸ばせば牽制・迎撃手段としても強くなる。
連射式なのでHPが削れている兵士の処理効率も良好。
本家同様、試合を通して主力となるショット。

問題はSSアタッカーとしてとても低めの攻撃力。
素の遮那より少し低く、ほぼすべてのショットを主体とするアタッカー以下の数値。
(その遮那はLv3スキルで威力を補強できるが、彼女はWSでの威力強化しかないのがよけいに低く感じさせるか)
ジョーカーのようにHP満タンの兵士を二体倒すには40メモリほど盛る必要がある。(←Ver5.20-F以前)
これはファイターであるシャドウ・アリスがHP満タンの兵士を振りかぶり/爆風で倒せるようになるのに必要な数値に匹敵する。
このため単純なダメージレースに弱く、近接アタッカーでありながらアタッカーとの撃ち合いが怖い。

何らかの要因で弾の発射間隔が変化する模様(要検証)

+ 過去の修正
Ver.4.15-Aにてダメージ上方
Ver5.20-Fにて、ダメージ上方。全国対戦最上位帯で勝率が低かったためとバトル班コメントあり。B (2.0)→B (2.2)  マリクよりちょい上だったのが遮那と同等になってちょっとずつは上がってきている。

ドローショット

大きな光の銃弾を放つ。よく見ると銃弾型に細長く尖った薔薇の形になっている。
終点では消えていく際に花のエフェクトが出る。
キャスト・兵士共にダウン属性。
射程は本家と同じく中距離相当で、アシェンプテルジョーカーと同等。
発生は及第点だが、硬直はがっつりある。

弾速が非常に遅く、また描線を鋭角に曲げてもほとんど減速しない。
いわゆる停滞撃ちができないのに素で停滞しているように見えるほど。
キャストへの直当ては難しいが移動制限や起き攻めでは有効。

初期威力がやや高めなタイプらしく、連射式SSと相まって序盤の兵士処理は早め。
だがLv3以降は"ライオズ"を常時かけておきたいのでこれを積極的に撃つ必要はない。
スキルからキャンセルドローもできるが、そもそもドロ―での自衛を必要とするような間合いでスキルを使うこと自体が微妙。

スキル解説

LFBジャックポット

自身のSSの攻撃力が?%上昇し、SSの硬直が減少する。
最大MPの上限が解放する。(=MAXMP100になる)(現在MPは回復しない)
さらに敵キャストに攻撃するたびにSSの攻撃力が上がり、ダメージ量に応じてMPが回復する。

1回攻撃を当てるたびにSS攻撃力が?%上昇し、?回当ててSS攻撃力が25%上昇分でカンストとなる。
効果時間は+MAXで120秒。

上方修正によりVer.5.01-H時点では全キャスト中で最も長い効果時間を持つ。
うまく育成できればネックだった低めの攻撃力、DT発動のためのMP問題が解消され、
試合後半の時間に高い火力のSS・スキルを連発できるようになる。

MP回復量はかなり高く、ダメージがほぼ発生しない「ストレイト・ラッシュ」のトランプでさえ1~2程度のMPが回収できるほど。
「ストレイト・ラッシュ」や「ライオズ・アンティ」で強化したSSなどでSMASH HIT相当のダメージを叩き込めば20~30程度は回復できるため、複数のスキルを連続で使ったり、ダブルトリガーを使うたびに即座にスキルを再発動するような動きも可能となる。
通常SSも威力上昇と硬直軽減が相まって、アシストである程度強化していれば大ダメージかつ安定して10~20程度のMPを回収できる性能と化す。

ただし、他アタッカーのように瞬間的に効果が出せるようなものではなく、攻撃が刺さらない場合結局MPが回らなくなる。
如何に場を整え早期に成長させられるか、使い手の技量が試されるWSと言える。

+1で効果時間が上昇、+5、MAXでストレート攻撃力が上昇

+ 過去の修正
Ver.4.15-Aにて効果時間の延長(45⇒60秒)
Ver.5.01-FにてSSを当てたときの攻撃増加値が上昇。以前は5%だった。
Ver.5.01-Hにて効果時間の延長(60⇒120秒)及び、それに伴って攻撃ヒット時の最大威力までのSS上昇量が低下した。要は必要ヒット数の増加(最大威力は変わらず)

+ ポーカー用語から見た分析
ジャックポット、大当たり・大儲けである。
ポーカー用語としては掛け金の総額がとてつもなく多くなり、それを勝ち取ること。
敵キャストに攻撃を当て続けて次々にSS攻撃力とMPを、最終的にはキャストキルも丸儲け。

ライオズ・アンティ

フリックすると即時発動し、自身のSSの射程が徐々に上がる。効果時間は50秒。
約1秒毎に射程が延長。(?秒強毎に「大風払いの扇」1つ分延びる)
20秒経つと白煙を噴き最大距離となる。(「大風払いの扇」9つ分。デフォルトの射程距離の1.35倍)
サンドリヨンSS射程を100とした基準で、78%→107%になる。
中距離A全般より長く、遠距離アタッカーより若干短い程度のSS射程になるため、かなり差し込みやすくなる。

白煙を噴くまでに20秒かかるので、最大成長してからDT発動までの猶予は30秒という事になる。
はっきり分かるほどの硬直があり効果発動までもやや間があるため、敵の眼前で使う場合は潰されないように注意したい。

  • ダブルトリガー
射程の上昇が止まり、SSの性質が変化(ダウン属性の単発化・判定巨大化・貫通化)する。効果時間は??秒。
SS射程はサンドリヨンSS射程を100とした基準で、78%→103%になる。
また単発化の副産物としてショット動作全体の硬直も短くなる。
相手からすると兵士列を盾にできないため、先に迎撃するか範囲外に逃げる他ない。
兵士列横から撃てば一掃できるので、端レーンでの兵士処理にも非常に有効。
当たり判定も太いため、左右方向の読み合いにも強い。
SSを一発撃つ・再度ライオズを使用する・一定時間経過のいずれかで効果は終了する。
+1で消費MP減少、+5、MAXで効果時間が上昇

+ 過去の修正
Ver.4.15-EにてSS射程が上限になるまでの時間が短縮。これに伴い時間あたりの射程上昇も増加
Ver.5.01-Fにてダブルトリガー時ストレートショットダメージ上昇とあるがダメージが増えていないため要検証。アナウンスミスの疑いあり

+ ポーカー用語から見た分析
アンティとは賭けの参加料、特にポーカーでゲームごとに最初に参加表明として出すチップ。
MPをアンティとして出し、SSが徐々に伸びるように少しずつ稼ぎ、ダブルトリガーでSSを1発だけ大強化の大勝負に出るといったところか。

ティンハート・チルト

自身から引いた線の方向に兵士無視のトランプを放ち、ヒットした敵キャストに小ダメージを与え、“ロックオン”する。
この効果は一定時間経過するか自身が撤退するまで継続する。
射程はレーン端から端(縦対面の森壁先端)まで届き、弾速も非常に速い。
“ロックオン”は45秒ほどまで継続(35秒で点滅)。

さらに今作初のデバフとなる裂傷(最大HPが徐々に減少)状態にする。この効果は各種スキル・アシストでのリフレッシュや耐性では無効化できない。完全耐性・完全無効化なら対応可能。
裂傷中、被弾者は身体から各チーム色のインク(この世界でいう血液のようなものか)を噴き出している状態となる。
効果は+0で35秒程の時間をかけHP最大値を10減少させ、減少値が最大になるとどす黒いオーラを纏う。オーラ後、数秒後に効果が切れ、最大HP部分のみ回復する。
射程、発生共にジョーカーの「HOLD UP!」に近く、兵士を貫通するためそこそこ当てやすい。

  • ダブルトリガー
発動時に“ロックオン”と“裂傷”状態が終了し、このスキルでロックオンした敵キャストのHP回復効果を下げる。効果は約25秒。
“ロックオン”後にHPミリとなった敵キャストに対して発動することによって取り逃がして帰城された場合、レベル8撤退時と同様の時間相手を回復の泉で拘束することが出来たり、サポーターの回復スキル、アシストやマスタースキルによる回復、攻撃による体力回復(美猴多々良など)など、ここぞと言う時のカバーや逆転を阻害できたりと状況によってはかなり刺さる。中央の時は採用しても損はない。
この効果も“裂傷”と同様、妨害への完全耐性でなければ無効化できない。

が、このダブルトリガーはロックオン対象がダウンしていると“裂傷”のみが解除される。完全に損するのでダウンしているかどうか気を付けておきたい。

+1で消費MP減少、+5、MAXで射程が上昇

+ ポーカー用語から見た分析
チルト、もしくはon tilt
主にカードゲームやギャンブルにて、相手の心理が動揺した様子を指す。
裂傷やHP回復効果効果を相手の動揺と例えたのだろう。

スケア・カード

指定した位置へトランプを上空に投げ、カカシの形をしたコアを発生させる。
兵士や巨人の攻撃対象となり、カカシのHPが0になるか、自身が撤退することで消失する。
敵拠点奥に置いておくと拠点攻撃の手助けにもなるだろう。
無人のレーンで兵士処理をする際に兵士を足止めするのに有用。(兵士処理マスタースキルとの併用が一掃性能高い)
正直アタッカーらしからぬ性質を持つスキルである。

本家のカカシさんより耐久力が上昇しており、特に兵士弾に対する耐久が段違いで兵士玉のみなら46~55発?くらいまで耐えられる。
(兵士の攻撃力がテリトリーなどのスキルで変動しているとその影響を受けるという噂あり)
また、アタッカーのSSも(強化の程にもよるが)1、2発は耐えてくれる。ただ巨人の攻撃には耐えられない。

設置については壁を無視できるものの、設置するまではある程度時間が掛かり、その間は無防備になるため使いどころは気をつけたい。

  • ダブルトリガー
コアを中心とした範囲の敵キャストに大ダメージ、敵兵士に小ダメージ、巨人に特大ダメージを与えコアは消滅する。
トリガー発動から爆発までの発生、範囲ともに本家と違い発動できればかなり有効なスキル。
範囲は9人列の兵士の中央に置けば端から端まで丸々範囲に入る。
対敵キャストに対してはコアを壊しに来たところに打ち込むことでそこそこのダメージになる。
また、ダウンした敵の逃走経路に置いておくことで逃げ道をふさぐ運用も可能。
兵士特化ではなくなり、無強化で4割程度のダメージに。兵士をまとめて一掃するならもうひと手間必要。スキル火力を上げて1確にするには100%以上盛る必要があるため非推奨。兵士に対してはあくまでも足止め手段と考え、処理に関しては大人しく「ライオズ・アンティ」DTからの貫通SSかラージェ系のMSを使った方がいいだろう。
巨人に対してはダメージが大きく、比較的硬い部類である双汽唱巨人に対して3発で倒しきる火力がある。ウィキッド・ドロシィの数少ない巨人処理スキルである。

+1で消費MP減少、+5、MAXでダメージが上昇

+ 過去の修正
Ver.5.01-Fにてコア耐久値減少。前は兵士弾80発ほど耐えた。

+ ポーカー用語から見た分析
カードは、そのまんまカード、もしくはウィキッド的には手札といったところか。
また、スケアカードはより強い手が完成する可能性のあるカードという意味。
主に、テキサス・ホームデル(2枚の手札+共有の場札5枚から、5枚の組み合わせで勝負する。ドローポーカーと違い、交換などによる運要素がほとんど排除され、ベッドによる読み合いで勝負する。)で、自分の手札が高位のペアやストレート・フラッシュが狙えるなど強くても、『さらに高位のカードが場札に出て相手のペア系手役が上回る』『連番や同スーツが場札に出てさらに上位のストレートやフラッシュを相手が成立させる』などの可能性がある追加の場札のカードのことをいう。
要は「厄介なカード」となるので、出されたら相手に読み合いを迫らせる、ということ。
カカシの英訳であるスケアクロウを含めた意味もあるかも。

ストレイト・ラッシュ

一定時間、前方一直線に一定間隔ごとに自動で兵士、巨人を無視した貫通するトランプを放つ。効果時間は25秒。
ヒットした敵キャストを“ロックオン”し、小ダメージを与える。
また、このトランプにヒットしても相手は仰け反り動作を行なわない。
ロックオン状態の効果時間は30秒。
“ロックオン”の効果時間は別に扱われるため、スキルの効果時間が終了してもDT待機状態が解除されたりはしない。

ダブルトリガー関連の攻撃能力が高いが、自由方向ではなくまっすぐプレイヤーから見て前方にしか弾は飛ばないため、真横、後方からの奇襲には向かず、また相手に横をとられた際には無力となるため、正面へ回り込む必要がある。
ダウンしている敵に対して“ロックオン”はできない。

一度ダブルトリガーを起動しても「ストレイト・ラッシュ」自体の射撃効果は終了しないため、効果時間中であれば、トランプを相手にヒットさせロックオン状態にすれば何度でもダブルトリガーを発動できる。

「スケア・カード」と同様に、発動から行動可能になるまで硬直が発生するため、敵の眼前で使う場合は注意したい。

  • ダブルトリガー
このスキルで「ロックオンしたすべての敵キャスト」の足元に陣を発生させ、一定時間後に爆発する。
セリフ「こちらにはまだ、隠し弾がある」の“まだ”の時点で攻撃位置が確定し、“しだ”のあたりで爆発する。
範囲はツクヨミの月輪DSとほぼ同等の範囲。ダメージはキャストのみだが大ダメージとある通り、スキル攻撃力無強化でも20ちょい入りそこそこ。(※Lv4のロールエフェクト、Lv6の一律強化により何もなしでも15%ほど強化されるが)
攻撃力上昇系のアシストがが発動していればSMASHも出しやすい。

範囲発生から爆発までの時間がとても短いため、避けるのは困難。
足の早いキャストですら、動き続けてギリギリのタイミングで回避しなければ避けられない。
移動スキル等でいなそうとする場合、ウィキッドのDTモーションから攻撃位置の確定まで間があるので、移動が早いと移動後の位置を爆破される。

範囲は上記のとおりで少し広い程度だが、密接に組んでいる相手にダブルヒットを狙うこともできる。
先に複数にロックオンを仕掛けてから確実に狙うか、DT連発を視野に速攻を狙うか判断したい。

+1で消費MPが減少、+5、MAXでダメージが上昇

+ ポーカー用語から見た分析
ストレイト、もしくはストレート(straight)
ポーカーにて5枚が連番になっている手役。
1枚でも数字がずれていればワンペア、場合によってはノーペアで終わってしまう。
しかし、フラッシュ(全て同じスート)であればストレートフラッシュで最強の手役になる。
横から隙を突かれてノーペアで終わるか、将又ロックオンを大成功させてストレートフラッシュ級の効果が出るか。

真正面にしかトランプ飛ばせないシュールさゆえ、ユーザーから「名刺交換」と言われたりする。そこまで良いニュアンスでないので普通にストレイトと呼んだ方が無難。

オーバー・コール

自身から引いた線の方向に兵士貫通の弾を放つ。ヒットした敵キャストを“ロックオン”する。
“ロックオン”は時間経過か自身が撤退するまで継続する。
相手にヒットした際、こちらはダメージおよび音・ノックバック共に無し。
ヒット系アシストやソウルのカウントも対象外となる。
射程はレーン端からレーンの端にまで届く程度。
敵キャストが2体以上重なっている場合は同時にロックオンすることがある。その場合どちらに対してダブルトリガーが発動するのかは要検証。(たぶん後から当たった方)

ロックオン状態の効果時間は驚異の180秒。効果時間が切れることはまず無いため、“ロックオン”しているだけで長時間相手にプレッシャーをかけることが出来る。
ヒットを防がれる要因の兵士を無視できる点は有用で、ダメージ音がしないため混戦時にはロックされたことに気づかれないこともある。また、“ティンハート”同様に硬直自体は少なく、発生も早い。
判り易い使い方は帰城しようとするミリ残りにトドメを刺す、スカーレットなどの機動力の高いキャストの奇襲を咎めに行く、など。端レーンの場合は返り討ちのリスクも高いが帰城前に刺しておけば即座にレーン復帰する事も可能。

  • ダブルトリガー
このスキルでロックオンした敵キャストの元へと瞬間移動する。移動後はほぼ相手の眼前(レーン方向)であり、おおよそSSの射程圏内。
さらに20秒間、撃破ダメージが増加する。通常キルの約1.5倍(美猴の怒髪、ジョーカー・深雪乃のWR専用発動時くらい)。

HPの少ない敵に対して追いかけるのに使うために用いられるが、森に入られた後に発動することで安全に森の中を追いかけることができる。
移動後に無敵時間はあるが1秒も無いため、移動後瞬時に状況を判断しないと返り討ちに合うため注意が必要。
逆にいえば無敵時間で一撃見舞わせることができる。相手も突然自分に重なるように敵が現れたら相当焦るはずだが。
位置指定型の瞬間移動の常として、とりあえず“ロックオン”をしておき、万全を整えてから発動して強襲することもできる。
射程で勝る相手に無理やり近接戦を仕掛けることも可能。

しかし、ロックオンした敵の位置が見えていない状態で使うと想定外の場所に飛んでしまうことがあるのが難点。ミリ狩りをしようと思ってDTしたら敵キャストは帰城が完了しており、飛んだ先は敵城の真前。そのまま城から出た敵兵の兵士弾と敵キャストのショットで返り討ちに…なんてこともありうるので決してリスクが低くない点も考慮に入れなければならない。
なお、相手についた“ロックオン”のデバフマーカーは瞬間移動の直前に消えるため、注視していればタイミングを察知されてしまう。特にミラーマッチでは後から瞬間移動した方が無敵時間の関係でやや有利になるため、覚えておくと良いだろう。

ウィキッド同士で同時に使用した場合は、それぞれの位置が入れ替わるというなかなか面白い光景が見れたりする。
またレアケースだが、フリックしてから移動完了するまでのわずかな間に敵がキルされた場合はウィキッド自身のいる場所に戻るような挙動になる。(シュネーヴィッツェンの復活スキル「イモータルハート」が関係した場合の挙動は要確認。狙ってやれるかはさておき

総評すると、『攻めにしか使えないがキルダメージがついてくるエアーウォーク』といったところ。手間がかかる為使いどころがやや難しい。
発動レベルの速さやMP負担の軽さ、キルダメ、自由方向指定と、瞬間的な無敵を武器に、スキルやSSをぶち込みたいところ。

+1で消費MPが減少、+5、MAXで射程が増加

+ 過去の修正
Ver5.00-Bにて効果時間アップ。(??秒→180秒)これ以前では30秒あたりから点滅し始めるため、それほど長続きしなかった。効果時間が延長されたことにより、予め相手をロックオンをしておき弱ったチャンスを窺いDT発動、ということが簡単にできるようになった。
Ver.5.01-Iにて弾速アップ。全盛期ホールドアップ級になり、SS硬直程度でも差しにいける速度に。最上位帯での勝率が低かったためと調整班のコメントあり。元からそれなりの弾速はあったしこの調整で勝率が上がるほどなのかはこれから次第である
Ver5.20-Aにて瞬間移動後に撃破ダメージが増加する効果が追加。(このあたりからオーバー・コールが準必須な強力スキルとする声が増えてきた印象)

+ ポーカー用語から見た分析
コールとは、ポーカーのベッドで、相手が提示したベット額と同じ額を出し勝負に乗ること。
相手と同じ場所に行き、近接戦の勝負に乗るといった感じか。

アシストカスタマイズ

アシストはSS威力・射程、スピード、MPを中心に強化。ストレイト・ラッシュを使う場合はスキル威力も視野に入る。
ストレイトを入れる場合を除いてアンティで強化したSSが兵士処理・キャストキル双方の肝となるため、SS火力を上げておかないと中途半端になりがち。また、DTを使うためMPも可能な限り確保しておきたい。
レベル5~6以降SS1セットで兵士2体を倒せるように調整する場合もある。
差し合いの性能を上げるためにSSの射程や弾サイズを上げることもある。

R専用アシスト「女義賊の薔薇眼帯」
レベル5装飾。最大HP中↑とスピード中↑。
固有効果はキャスト撃破時に、一定時間(?秒)SSの弾速が上昇する。
差し込みには有利になるが、発動レベルと上昇値がネック。
採用率は極めて低い。
+5、+MAXで効果時間が延びる。

WR専用アシスト「統率者の切り札」
レベル4武器 SS中↑スピード中↑
専用効果は、一定時間経過毎(20秒)でスピード上昇(40秒)。
また、一定時間毎にロールエフェクト範囲内にいる味方のスピードが上昇する。
自身へのスピードアップはLv5アシと同等かわずかに遅いくらい?、味方への効果は控えめ。
無難に便利なため採用率は高い。
素材は「タネのないトランプ」(カテゴリが武器な点に注意)

+5、+MAXで専用効果で上がるスピードが上昇。

WR専用アシスト「号令かける白銀の笛」
レベル6道具、最大MP中↑とSS中↑。
固有効果は、キャストヒット回数が一定毎(4回)にスキル消費MPが軽減(12.5%)。
さらに即時HP回復(0.5メモリ)と一定時間(60秒)のHP継続回復(合計1.5メモリ)が付与される。
採用率自体は十分にあるが、火力を求めてアタッカー6専用の「身の丈越えの太刀」が採用されることもある。
 +5,MAXで?が強化
素材は「コルクの弾丸」

戦術

【スキル構成】
  • スキルは兵士処理とドッグファイトの要となるライオズ・アンティは採用確定。あとは立ち回りや対面に応じて変えてゆこう。
    • 巨人処理・兵士の足止め・対キャストへの不意打ちなどを重視するならスケア・カードが有効。特に足回りや各種ショットの硬直に難のある遠距離タイプのキャストは、即座に破壊することが難しい上、兵士を壁にして戦うことが多いので効果抜群。コアダメージが高いキャストの場合は素早く起爆しないと破壊されてしまうことも多いため他のスキルも視野に入る。ただし、これ以外では巨人を即座に処理する手段がないということは念頭に置いておかねばならない。
    • 相手に回復系アビリティ持ちが居たり、他に遊撃性能が高いアタッカーと組んでいる場合はティンハート・チルトが有効。うまくダメージを与えてミリ残りに追い込めば、そのままキルしても良し、逃げられるようならDTで回復妨害でレーン復帰を妨げて押し上げても良し。ただしダメージをしっかり与えないとリターンに乏しい点には注意。端レーンでは刺さればレーンをガラ空きにすることもできるが中央からの援軍に咎められたり、そもそもチルトを撃った後に帰城に追い込めるだけの攻撃を挟む余裕が無い。
    • キルを狙う場合はストレイト・ラッシュかオーバー・コールを。使い易さを考えると概ねストレイトか。ストレイトは刺されば大抵の硬直に差し込める上に威力も高い。相手の真正面に立つ必要があるので立ち回りがバレバレとなる上にコストも馬鹿にならない。端レーンならば嫌が応にも向かい合っての立ち回りになるため差し込み安いが、使い処を間違えるとキルが取れない上に兵士処理も滞ってレーンを押し込まれる。マスタースキルで兵士処理力の確保も考える事。
    • オーバー・コールは上手く使えば攻守で相手を引っ掻き回す事が出来るが相手の立ち回りに依存しやすく、DTの移動直後に行動を誤ると返り討ちに遭うリスクが高いため扱いが難しい。特にアンティのバフが育っていない状態でのDTは出来るだけ避けたい。狙い目は相手の中央レーンサポーター、ターゲットしておくだけで相手は森からの兵士処理スキルが使いにくくなり、それだけで一部サポーターの強みを潰せる上に帰城すら細心の注意が必要になる。アンティのDTで貫通を付けてから飛ぶようにすると、相手が兵士列に逃げ込んでも確実に一撃を打ち込むことができる。何度も使える手ではないが、バリア系MSと併用して返り討ちのリスクをなくしたり、ストレイトのDTと併用することで相手の回避硬直を刈ったりすることもできる。逆に相手のウィキッドにオーバーコールを当てられた場合、安易に森に逃げ込むとそれだけで簡単に森を確保されてしまうので注意。
  • ショットの癖が少なく貫通SSもあるためアタッカーの中では兵士処理能力が高い部類。ファイター不足のアタッカー2人の場合は端担当を積極的に引き受けても良い。ただし中央の相方にマリアンが見込める場合は貫通SSによる兵士処理とキャスト攻撃が両立しやすい。

【立ち回り】
  • レベル3になってアンティ解禁してからが本番。基本はアンティが使えるなら使用→湯気が吹いた後、対面に兵士列が来たらDT起動して兵士処理(狙えるならキャストへの攻撃)でレーンを維持してゆく。
  • レベル4以降はスケアやストレイトによる巨人処理・キャストキルなども視野に入れ、MP枯渇に気をつけつつSSで兵士処理やドッグファイトを行ってゆこう。
  • WSはMPが十分にある時に吐く事。SSで攻めるにしてもスケア連打で巨人処理するにしてもMPが空っぽの時に使っても殆どリターンが無い
  • 総合的に、射程による相性はあれど基本的にインファイターの横槍に対する迎撃力は高いが、基礎火力不足やDTの手間により自分から攻め込む事は苦手。相手のショットを回避しつつSSで丁寧に兵士を処理、巨人処理やレーン押し上げにスケアを使いジリジリと押し上げてゆき、相手の甘えたブッパや帰城を貫通SSやスキルでしっかり狩る事で一気に崩すのが理想の立ち回り。深追いはせず持ちレーンでどっしり構えつつ相手の動きやミニマップをよく見て、キルを狙うかレーンを押し上げるかをよく考えて立ち回ろう。

コメント
  • ここまでアシストインフレ進んだらプレシデン採用してlv6でSS1発目で小兵士倒せるような気がする。 -- (名無しさん) 2021-03-28 19:35:00
  • ↑最大成長の占星師のヴェールとカット&ボビン、追加発動中の金棒と操作盤でレベル5帯の達成が可能だぞ。 -- (名無しさん) 2021-03-28 21:19:06
  • ↑プレシデンだって言ってるだろ・・・しかし防具はヴェールでいいとして装飾でSS盛るとなると金指輪とツインリボンくらいしか無いけど、Lv6に鬼狩りを入れるとしても果たして足りるのか -- (名無しさん) 2021-03-29 08:55:19
  • ↑プレシデン、ヴェール、操作板、lv4でSS上がる装飾、lv6でSS上がる装飾でいけんじゃねと思うんで、ちょっと試して来るわ。 -- (名無しさん) 2021-03-29 11:53:43
  • ↑のビルドで一確出来たわ。=ジョーカーだと余裕ってことだが。 -- (名無しさん) 2021-03-29 14:56:57
  • [ヴェール・金指輪・ツインリボン・鬼狩り・プレシデン(プレシデン以外すべて+5未満)]でやったらLv81確でした。前述のとおり無強化同然なので重ねによってはLv6いけるかも? -- (名無しさん) 2021-03-29 21:01:15
  • ついに待ち望んだSSが強化される…ジョーカーと同じ威力になってほしいな -- (名無しさん) 2021-06-06 21:14:19
  • ライブラリーのマイキャストページで見るとエルルと同じぽい?ステータス欄の数字どうやって出してるんだろ(今更) -- (名無しさん) 2021-06-08 21:43:42
  • ウィキッドのSS攻撃力はステータス画面で22目盛りでした(このページの表記に倣えば2.2)。編集お願いします。 -- (名無しさん) 2021-06-10 02:47:32
  • 体感できるぐらいには火力上がってますね。試合後半のWS+ライオズDTは結構なプレッシャーかけられます -- (名無しさん) 2021-06-12 11:23:56
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年01月15日 01:21