メイディ


基本データ

「戦場に咲く錫の花」メイディ
モチーフ作品 "Wonderland Wars"
ロール サポーター
開放条件 リーフショップで交換(0枚) ※1
Art. 須田彩加 CV. 悠木碧
通り名 戦場に咲く錫の花 身長 cm
趣味 好きなもの
嫌いなもの 大切なもの

基本ステータス
最大HP Lv1:42 Lv8:49
最大MP Lv1:60 Lv8:70
ストレート攻撃力 C (1.4)
ドロー攻撃力 B(1.7)
スピード B(2.4)
公式表記射程
SS射程 キャスト4.4体分 サンドリヨン
(Ver.5.20)
との比較
87%+10%(ブレス時)
DS射程 キャスト5.5体分 93%+8%(ブレス時)
回避距離   100%
※キャスト1体分の大きさは、バフを受けた際の黄色い円が基準


+ ...
※1 2021年3月29日~4月11日までメダルイベントで1プレイで獲得 4/26以降はリーフショップで交換可能に

スキルデータ

ワンダースキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
ハートオブワンダラー WR 超絶強化 5 なし 自身のスキル使用時消費するMP減少する。
さらに、全味方キャストのHPMP回復する。
※戦闘中一度のみ使用可能
スキル
カード名 レアリティ カテゴリ レベル 消費MP 詳細
エナジーソング♪ R 回復 2 30 フリックをすると即時発動する。
自身と自身を中心とした範囲内の味方キャストにかかっているスキルの妨害効果を無効化しHP回復する。
ライオンの勇気だ! R 強化 2 30 フリックをすると即時発動する。
自身のスピードスキル攻撃力が上がる。
さらに、自身中心の範囲内の最も近い味方キャストのスピードスキル攻撃力徐々に上がり、効果発動後一定時間経過すると敵キャストを撃破したときにチームゲージに与えるダメージ上がる
ハンターブレス R 強化 3 20 フリックをすると即時発動する。
自身と自身中心の範囲内にいる味方キャストのストレートショットドローショット射程上がる
ラピッドブラスト SR 強化 3 25 フリックをすると即時発動する。
自身と自身中心の範囲内にいる味方キャストのストレートショットドローショット攻撃力回避による移動距離上がる
月影の矢 ※1 SR 妨害 4 30 自身から引いた線の方向に非貫通攻撃を放つ。
ヒットした敵キャストや敵兵士に中ダメージを与え、巨人に特大ダメージを与える。
この攻撃は、敵や障害物にヒットすると爆発し、爆発範囲内の敵キャストと巨人に小ダメージを与え、敵兵士に中ダメージを与える。
さらに、このスキルが敵キャストにヒットした場合、その敵キャストのMPMP回復速度下げる
※1 初期スキルセットに含まれない「第5のスキル」

キャスト概略

主に冒険譚にて錫の新兵の育成を我々プレイヤーやキャスト達に任せていた自称アーティスト・アナスンが満を持してVer6.0Ver5.20にてデビューさせた戦場で踊るアイドルユニット【Little ida’s Flowers】のサポーター(緑色)担当の双剣ガール。メイディは愛称で、フルネームはメイディランド・サマースノウ
イラストレーターは須田彩加氏で、サポーターに該当イラストとしてヴァイスはいるがWLWでメガネキャラといったらやはり担当キャストのメガネ暗殺者がまっさきに思い浮かぶことだろう。
性格はクールで冷静沈着に戦況を見つめる傾向が伺える事からサポーター内では(変幻の栞の文系女学生でメガネ持ちサポーターという共通点もあり)シグルドリーヴァの影響が強いと思われる。

これまでは多くてもバフスキル自体は最大2種所持だったが、メイディはなんと4種類を所持してきた。
バフ自体は元キャストの内容に多少アレンジを加えたものになっているものの、構成に合わせたものを所持していけるメリットは大きい。
代わりに、それらのバフが自分にも付与されることが前提のスペックをしており、基礎値は低め(ワダツミとほぼ同等)
兵士処理や巨人処理にも使えるスキルは保持しており何でもできるが、スキルがバフで埋まっている故にメイディ自身で試合を大きく動かす要素は低い。

案外尖っていたり癖のある面々が出そろうカテゴリ内で見ると、最も「サポーターらしいサポーター」である性能といえるだろうか。

+ WLW公式による解説
様々なサポーターから戦闘スキルを教わることで成長し、臨機応変に立ち回ることができるようになった錫の新兵の一人。
多彩な強化スキルを味方キャストに応じて選択することで、有利な状況を作り出していくキャストである。

  • pros(長所)
    • 4種のバフスキルによりマッチしたアタッカーとかみ合わない、というデメリットがほぼない。
      • 端レーン担当者へ遊撃役とはまったく種類の違うバフを撒けることも利点。
      • サポーター一人では成しえなかった「理論上最強のアタッカー」を一人で作れる可能性を秘める。(※全国対戦では現実的でないが)
      • サポーター2人マッチでも編成を見てスキルを使い分けることが可能
    • 兵士処理&巨人処理同居スキルも所持しているので万能さはピカイチ
      • 「月影の矢」は兵士処理スキルとしては解禁が遅めだが、その分性能が高い。
    • SSがダウン属性であり、サポーターとしてはこれだけでも利点といえる。
    • 貴重な「(現実的に期待できる形での)撃破ダメージバフ」を与えられるサポーター。
      • 地味ながら、勝敗に直結しやすい要素なのでサポーターの中でも勝率が高い要因の1つとも言える。
  • cons(短所)
    • 万能ではあるが、各バフの効果量は専門より落ちてるので器用貧乏も地で行く性能。
    • 複数のバフ効果が自分にも付与できる前提のためか基礎スペックが低い。対面を帰城させることは難しい。
      • それもあってLv4にならないとレーン戦が貧弱なため、レベルが4に中々上がらない試合では無力。
      • ショットの性能が低く、ショットで兵士処理を誤魔化せないため、MPの無駄遣いをするとそれがそのままレーンの戦況に直結する。
      • バフで自身の最大スペックを保持しながら兵士処理をしようとすると即MPが枯渇するため、ビルドでカバーする他ない。
      • しかし、ライオン無しの状態で「月影の矢」の兵士一確を取るためにアシスト枠を一つ潰す必要がある上、序盤の兵士処理をカバーするためにDSを盛っても月影が解禁されるレベル4以降はそれが腐る、という欠陥を抱えており、ビルド構築が難しい。 月影抜きドロー盛りビルドは現実的ではない
      • この基礎スペックの低さが、舞闘会等のピック型のモードでは顕著に現れるため選択肢に挙げづらい。
    • 味方に必要なバフ、自身に必要なバフを選びながら兵士処理が滞らないようMPも管理するのが難しく、甘えたMPの使い方は出来ない。
    • 4種のバフスキルがあるの裏返しで味方が本当は欲しかったバフと違う物を所持していってしまう可能性を持つ。
    • WSを巨人処理に用いるか味方全体のHPMP回復に用いるか、バフスキルは何を用意すべきか、などサポーター以外にも知識を広く持っておく必要がある。

+ キャラクター概略
アナスンの元ともなる人物、アンデルセンの童話「しっかり者のスズの兵隊」と「小さなイーダの花」それぞれをモチーフにした錫の新兵。
「しっかり者のスズの兵隊」では、錫を材料に25人の人形が作られたが、その25人目は材料が足りず片脚が欠けていると童話にあり、帽子などにXXVのモチーフがある彼女もアンバランスなソックスを履いている。
腰に提げているハートの装飾はただの飾りではなく、左脚を材料に作られた心の器。冒険譚モードの錫の新兵はココロができあがっておらず空っぽなのだが、彼女の器には核心が収まっている。(6専用のアレ)
帽子には羽をモチーフにした飾りが付いている。
下着は白。

童話「小さなイーダの花」では、花がしおれてしまっている理由を学生(アンデルセン自身がモデルとも)に尋ねると、夜にお花たちが舞踏会で踊っているのが昼は踊り疲れているためだと語る。そしてイーダは夜中に……という筋書き。
新たにキャストとなった新兵たちはその舞踏会――ライブで踊るアイドルということだ。多数の神筆使いの元でそれぞれ錫の新兵が育成されているはずだが、まさにルカ・メイディ・ローザは厳しいオーディション争いを勝ち抜いてステージ入りを果たしたメンバーということだろう。

メイディの色は緑だが、彼女の性格はむしろ栄光・誠実・落ち着き・不安・冷たいといった青色のイメージが強い。
瞳孔の色が青一色(他2人はグラデーションがかかっている)なのでそこに表れているのかもしれない。
姓名についても、どちらも白~ピンク系のバラである。彼女自身よりもサポーターのイメージカラーに合わせたのだろう。
白~ピンク要素については淡いクリーム(≒白)色の毛髪とピンク色の眼鏡フレームに反映されている。
ちなみに、回復スキルのカードも緑色である。

メイディランド、サマースノウともに薔薇の一種。
白薔薇は「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」などを意味する。


【推測される各サポーターの要素】
  • 規律に厳しく真面目→アシェンプテル(※サポーターではないが)
  • メガネっ娘→シグルドリーヴァ(※変幻の栞に限るが)
  • 基礎ステータス→ワダツミ
  • 双剣使い、各種モーション→サンドリヨン&アシェンプテル(※サポーターではないが)
  • クロス斬撃弾SS→クロノダイル(※ヴィラン陣営だが)
  • 竜巻弾DS→ピーター・ザ・キッド
  • エナジーソング♪→シレネッタ
  • ライオンの勇気だ!→ドロシィ・ゲイル(スキル攻撃力育成がエピーヌ?)
  • ハンターブレス→メイド・マリアン
  • ラピッドブラスト→ヴァイス
  • 月影の矢→かぐや
  • 自分のバフ効果で兵士処理スキル確→エピーヌ
スキルボイスは、元キャストを強く意識しているルカに対して、本人の性格と元キャストが個性的な面々なのも相まって、
セリフも元キャストを意識しつつも、かなり真面目な感じになっている。
その一方で、ライオンの勇気だ!とラピッドブラストに関してはほぼ別物である。
  • エナソン:シレネ「癒しのメロディをどーぞっ」→メイディ「癒しの音を響かせよう」
  • ライオン:ドロシィ「勇気印のライオンファイヤー!」→メイディ「獅子の如き勇気を見せよ!」
  • ブレス:マリアン「狩りの時間だ!楽しくいこうじゃないか!」→メイディ「さぁ、狩りに行くぞ!」
  • ラピブラ:ヴァイス「こいつでラリっちまえ、ヒャッハッハ!」→メイディ「止むを得ん、これで力を!」
  • 月影:かぐや「月の光よ、道を示せ」→メイディ「月よ、暗闇に道を示せ!」
ライオンはどちらかと言うとアナザーのボイスに近い(「勇敢なる獅子の叫びを聞け」)、ラピブラは…言わずもがなである。
さすがに彼女的の性格的に「ラリっちまえ」とか言うのには抵抗があったようだ。

全体的に元スキルからのアレンジが少なめなのは、メイディの真面目な性格ゆえに丸々コピペ学習しかできなかったのだろうか?
ルカと同様に彼女もまた壁越えスキルは教えてもらえなかった模様。反則級スキルという自覚はあったのかもしれない。

【チャット】
「そう簡単には、離れてやらんぞ」
しっかり者のスズの兵隊でも暖炉に残ったハートの欠片へ紙の踊り子が寄り添う結末。
そして冒険譚ネタバレになるが、“彼女”もまた“一緒にいる”のである。
孤独を嫌い誰かに寄り添うのは『新兵』の特徴かもしれない。サポーターだからレーン放棄もしちゃいけないしね

「私は彼女とは違う」
ボール紙のお城に住む紙の踊り子に一本足の兵隊は恋をする。でも自分は25体がすし詰めの箱に住んでいて、遠い存在。

「小鬼風情が…」
紙の踊り子に恋する姿が気に入らなかった小鬼によって一本足の兵隊は家から追い出され、長い旅に出ることになる。

「雨は嫌いなんだ、特に大きな雨は」(6月)
スズの兵隊は家から放り出されたあと、助けも求められないまま孤独にどしゃぶりの雨に晒されてしまう。

「鳴かせてみせろ」
日本の有名な武将にまつわる「鳴かぬなら ○○させよう ホトトギス」をもじった台詞。
新兵たちは将軍でなく一兵士ということで、自分がどんな“鳥”かを自ら紹介するような内容になっている。

+ セリフ集

戦闘セリフ
戦闘開始時 使用キャスト 臆するだけの時は終わりだ…出撃する!
私の”ぶとうかい”は、この先にある!
騎士の正道、見せてやろう!
使用キャスト
(変幻の栞)
これもまた、戦争の華というものだろう
味方キャスト 出撃する!
開幕のベルは鳴った!
通らせてもらう!
味方キャスト
(変幻の栞)
華を見せてやろう
ストレートショット せい!
はっ!
(未実装?)
ドローショット はぁっ!
撃つ!
(未実装?)
回避 こちらだ!
遅い!
(未実装?)
(未実装?)
(未実装?)
緊急回避 まだだ!
(未実装?)
ダメージ なにっ!
なっ!
(未実装?)
ダウン うわぁ!
(未実装?)
(未実装?)
レベルアップ これに見合うものか
ロールエフェクト発動 もう、臆するだけの兵卒ではない!
撃破 私の敵ではないな
(未実装?)
拠点攻撃 落とす!
脆い!
(未実装?)
拠点破壊 敵拠点、もらったぞ!
撤退
帰城 即時反転!突撃する!
復活 再出撃!急げ!
戦闘勝利時 私たちの勝利だ、勝鬨を上げよ!
戦闘勝利時(変幻の栞) 変装というのも、存外効果があるものだな
スキル
ハートオブワンダラー 使用者 旅の果てはここにある。見せよう、私の結末を!
使用者
(カスタム1)
新たなる旅路が私を生んだ……そう、これは私だけの力!
使用者
(カスタム2)
より、この場に見合う私へと……私は、自らを磨き上げる!
味方使用時 この機は逃さん!
エナジーソング♪ 通常 癒しの音を響かせよう
カスタム1 痛みも苦痛も、消してやろう
カスタム2 共に戦の歌を奏でよう
ライオンの勇気だ! 通常 獅子の如き勇気を見せよ!
カスタム1 勇気を示す時だ!
カスタム2 私の魔法が必要か?
ハンターブレス 通常 さぁ、狩りに行くぞ!
カスタム1 構えろ、戦いはここからだ!
カスタム2 逃げ回っても無駄だ!
ラピッドブラスト 通常 やむを得ん、これで力を!
カスタム1 さあ、私たちの戦をはじめるぞ!
カスタム2 寒々しい真似は好かんな
月影の矢 通常 月よ、暗闇に道を示せ!
カスタム1 神秘の力を借り、囲いを破る!
カスタム2 どんなに離れていようと、届かせる!
チャット
意思 左へ移動 左へ向かう
中央へ移動 中央へ向かう
右へ移動 右へ向かう
一人で大丈夫 手出しは無用だ、任せてくれ
交替します 代わろう
援護します 援護する
WS使用 ワンダースキル、いくぞ!
巨人を攻撃 巨人を攻撃する
巨人を援護 巨人を援護する
ここで粘る ここは私が抑えよう
攻めよう 今が好機!逃がすなよ!
守ろう 黙し、機を待とう
依頼 左へ移動 左に向かってくれ
中央へ移動 中央に向かってくれ
右へ移動 右に向かってくれ
一人は不安 これは……手厳しいな……
交替して 交代する
援護して 誰か援護を!
WS使って ワンダースキルの使用を!
巨人を攻撃 巨人を攻撃してくれ
巨人を援護 巨人を援護してくれ
WSに注意 敵ワンダースキルだ、注意を!
時間に注意 時間は近いが、焦るなよ!
森に注意 森に注意せよ
カスタム 優勢だ よし、優勢だ
劣勢だ くっ、劣勢か…
帰城する 帰城する
自己紹介 (あくまでも私は二十五番目…)
やった! 喜ばしいな
離れてやらんぞ そう簡単には、離れてやらんぞ
私を使ってくれ 存分に私を使ってくれ
着任した 新兵、着任した
彼女とは違う 私は彼女とは違う
小鬼風情が… 小鬼風情が…
好きに呼んでくれ (名前? 錫の新兵だが…)
ナイス! ナイスだ
ピンチ! 助けてくれ!
マズいな… マズいな…
素晴らしい これは素晴らしい!
なんということだ なんということだ…
固有10
謹賀新年 新年、明けましておめでとう
バレンタイン こんなものが欲しいのか?
ハロウィン (なんだ、菓子なんて頼んだ…)
クリスマス (クリスマスプレゼント?…)
よろしく よろしく
ありがとう ありがとう
ごめん すまない
わかった わかった
まかせて ここは任せろ!
あいさつ よろしく頼む
感謝 お前には礼を言わないとな
すまない 申し訳ない
指示が欲しい 指示を貰えるか?
了解 了解した
やめておこう 私は反対だ
気にしないで 気にするな、大丈夫だ
同意する その策、採用しよう
1月 今年も良い年にしよう
2月 作る側は苦手なんだがな…ほら
3月 (礼などいらん・というのは…)
4月 (綺麗な花だ…これが全部…)
5月 (次に私たちが送られる先は…)
6月 雨は嫌いなんだ、特に大きな雨は
7月 (星の海なら、流されてみるのも…)
8月 (本当に溶けてしまう前に…)
9月 (月が綺麗だな…いや、他意は…)
10月 (私だって兵の端くれ、体力勝負…)
11月 (大きく育てよ。私はそれを…)
12月 守ってみせるさ、子供の夢くらい
鬨の声 私が前へ出る、続け!
カスタム
(追加獲得)
リリィ1 安定している……というのは、褒め言葉でいいのかな?
リリィ2 気を落とすな、これからだ
リリィ3 一緒に決めるぞ!
リリィ4 待ってくれ!
リリィ5 これはごっこ遊びじゃない
リリィ6 明日なんて、待ってられるか!
リリィ7 いらないだなんて、言わせない
(7周年記念配布) 通行税代わりだ、どっておけ
鳴かせてみせろ
(メダルイベント)
鳴かせてみせろ
(ワンダー部販売等)

(CR10到達)

(CR25到達)

(EX05到達)
感嘆
(EX10到達)
活躍
(EX15到達)
健闘を称える
(EX20到達)
2周年 (未実装)
3周年 (未実装)
好意
(リリィ)
私と…踊っては、くれないか?
せ~が~♪
ワンダーランド わんだーらーん
ミニマップ 攻撃 ここを攻撃する!
移動 ここへ向かおう
注意 気をつけろ!
防御 ここを防衛する!
了解 わかった
選択肢 YES よし、いいだろう!
NO 申し訳ない
スタンプチャット はっ!
その他
キャラ獲得時 流れ着いた先も、やはり戦場か
キャラ選択時 私の経験が必要か?
(未実装?)
(未実装?)
キャラ決定時 戦支度なら、既に出来ている
キャラ決定時
(舞闘会)
ナイス 賞賛の言葉、ありがたく受け取ろう
(未実装?)
キャストランク CR上昇 いったい……このままどこに行くのだろうな
CR5、10 ぶとうかいには、まだ遠いな
CR15、20 これで少しは、あの場所に近づけたかな
CR25
EX00(マメール)
EX00(アナスン)
EX上昇 この姿のままでさえ、夢に見たあの舞台に立てるとはな…!
ペンチャーム 技の断片1
技の断片2
苦戦の記憶 これは……手厳しいな……
誰か、助けに来られる者は?!
(?!の並びは.net準拠)
冒険譚 支援1
支援2
その他テキスト
周年記念 7周年 ふむ、今日は祝い事の日なのか。そうか、おめでとう。
……あまり実感がなくてな。兎も角、今日も行こうか


+ ◆変幻の栞
栞説明(デフォルト):アナスン謹製、お揃いのステージ衣装!
栞説明(特殊栞):ふむ、戦いに支障があるわけではないな。これもまぁ戦場の華というものか。行くとしようか!
※特殊衣装でも解説文は共通。他の新兵も同様

  • 着慣れぬ制服(スペルリリィ交換)
2021年3月から4月末までの大型リリィフェスタにて実装。
グリーンをベースにした白いスカーフのセーラー服に緑チェック柄のチュニック、腰にもグリーンのリボン。
白のハイソックスで左右対照。錫の兵隊のアイデンティティどこいった
ただのコスプレではなくアイドルとして舞台で着ることが前提なので耳元にマイクもついている。

  • 見習い給仕のリトルソルジャー(スペルリリィ交換)
2021年3月から4月末までの大型リリィフェスタにてメイディ実装と同時に追加。
グリーンをベースに、ミクサの「スリーピング・リトル・ファイア」と同じ給仕服。
エプロンには猫の肉球付き。

  • 戸惑い赤らむ初めての休日(スペルリリィ交換)
2021年3月から4月末までの大型リリィフェスタにてローザ実装と同時に追加。
グリーンをベースに白のレースをあしらった、リトル・アリスの「不思議少女の休日」のアレンジ衣装。
頭はベレー帽の代わりに、同系色のフリル付きのヘッドレストを付けている。

  • 夜会に咲く可憐な花(スペルリリィ交換)
2021年5月のリリィフェスタにて実装。
ミラベルの「夜会に咲く情熱の薔薇」のアレンジ衣装。ドレスのお花の装飾も薔薇のままだが、メイディは薔薇モチーフなので問題ない。

  • 幸せ運びの代理人(スペルリリィ交換)
2021年6月のリリィフェスタにて他3人と同時に実装。
クリスマスのサンタさん衣装である。色違いパーツは緑。
兵隊の制帽を意識した赤い帽子、その脇に赤リボン、少女らしい白いぽんぽんのついたケープ、星の飾りのついた腰のベルト、チェック模様のタイトミニスカート。下着はほぼ無地の白(高解像度だとレースに見えるらしい)

  • 淡く華やぐ初めての青春(スペルリリィ交換)
2021年7月のリリィフェスタにて他3人と同時に実装。
いわゆる制服栞。
シンプルめなセーラー服で、スカーフは緑。白のハイソックスを履いている。靴はローファー。下着は白

  • 水場適用装備一式(スペルリリィ交換)
2021年8月のリリィフェスタにて他3人と同時に実装。ナイトメアの水着、フック兵士も同時。
公式ツイッターにて海の日を祝して投稿されたイラスト( こちら )にてお出しされていたものが本実装された。
メイディは緑一色で薄いピンクのリボンがアクセントの水着。

  • 小さな灯火のワンピース(スペルリリィ交換)
2021年9月のリリィフェスタにて実装。ウサギ衣装ユクイコロと同時。
リンのワンピース衣装がベースになっている。
明るい緑に白・ピンクのマーガレットっぽい花模様のワンピースに、翼の装飾がついた麦わら帽子。下着は白。

  • 玩具の国の兵隊服(スペルリリィ交換)
2022年1月のリリィフェスタにて他3人と同時に実装。マリーF栞、海賊メロウカラバリ、ミラベル兵士も同時。
戦隊モノっぽいカッコイイスーツをその身にまとう。頭には王冠、あるいはサンドリヨンの冠っぽい飾り。
ピッチリした鎧っぽいデザイン。
緑色ベース、タイツは髪の毛と同じ淡い白。

  • 舞踏に託す白き願い(スペルリリィ交換)
2022年2月末のリリィフェスタにて実装。雑技団マリアンカラバリ、わんだーらーんチャットと同時。
紙の踊り子パピール」衣装。踊り子らしく露出が多く、可憐な首飾りや冠が特徴。
大胆な衣装だが告知画像では、メイディは何を考えているのか「・・・・・・」と黙って腕組ポーズ。

+ ◆変幻の扉絵
  • デフォルト
説明:

  • 変幻の扉絵B(スペルリリィ交換)
説明:この剣にかけて、私の正義を証明する!
アシェンプテルのデフォルトと同様?

  • 変幻の扉絵C(スペルリリィ交換)
説明:アイドルらしく……こ、こうか?

  • 変幻の扉絵D(清秋のおたのしみパックにて先行獲得)
説明:
2021年10月上旬からのワンダー部ガチャにて先行獲得。
サンドリヨンのデフォルト扉絵と近い。彼女と違って右手の剣を大きめに振る。体の左右に剣を置いて凛とした雰囲気に。


ショット性能

ストレートショット

双剣を振るってクロス弾を発射する。モーションはアシェ・サンドリヨンが元。
キャストダウン属性。根元に円形のエフェクトが出ているが、モーション元の2人と異なり、根本薙ぎ払いはない。
発生・弾速・弾サイズはまずまずだが硬直はサポーター相応に長め。
射程はサポーター内では短い方で、ワダツミと同じ。基本的に外からは撃ち込めない。

判定が多少大きいが故にラグによる弾消されも発生しやすい。
無強化での小兵士確はLv4からで少々遅いが、多少盛るだけで小兵士1確する。
レベル2WR専用がSS威力アップであるため無難な選択肢に入る。
大兵士は無強化だとLv8でも取れないので注意。

ドローショット

その場で回転斬りをし竜巻弾を発射する。モーションはアシェ・サンドリヨンが元。
キャストへはかなり弱いノックバックの非ダウンだが、兵士にはダウン属性。ピーターではなくナイトメアに教わったのか?
射程はドロシィ・ゲイルとほぼ同等、またアシェ等の一般的なアタッカー程度とも。「ハンターブレス」をかければシグルドリーヴァエピーヌくらいになる。

しかし威力が低い上に弾速も遅くキャストに当てることは中々難しい。無論ロールの仕様で威力の減衰が激しいため1確は現実的ではない。素のシグルのような扱いになる。
自身の「ラピッドブラスト」によりある程度改善するが、それを前提とするとMPの管理が難しくなる。

基本的には序盤の競り合いか、非ダウンを活かした味方との連携狙いで使用する。
ノックバックが小さい分、味方の攻撃から逆に敵を逃がしてしまうシチュエーションが少ないという長所はある。
「月影の矢」が解禁するLv4以降では兵士処理要素としてはあまり使わなくなるため、
序盤用に多少盛るのは悪くないが、あまり豪快に盛るのも考え物。


スキル解説

ハートオブワンダラー

WS演出ではオーディション、あるいは教育訓練として並ぶ多くの錫の新兵の姿が登場する。
自身のスキル消費MPを軽減しつつ、全味方のHPとMPを大きく即時回復する。
HP回復量は自身が27程度で味方が20程度、MP回復量は25程度、消費MPカットは18%程度
効果時間は約35秒。

全味方回復のWSというとシレネッタかぐやのWSに似ているが、即時回復というのが大きな違いになる。
最大値を超えて回復することはないので全員が戦線にいるときに先出しで支えるという運用だと最大スペックは発揮しづらい。
WSをフリックしてから効果が発動するまでに数秒の差もあるので、ミニマップ・盤面を見ての適切なタイミングでの使用が求められる。
もちろんレベル5~6である程度味方が消耗していると思ったときにさっさと使っても間違いはない。

メイディの巨人対策は「月影の矢」が主で、それも直撃を前提に連射していく必要がある。(爆風の巨人ダメージは低く、直撃ダメージは高い)
味方のHPMP回復以外だと巨人処理用も重要な用途。特に相方アタッカーが巨人処理が得意か苦手かにも注意したい。

スキルが+5、MAXになると消費MP減少値が上がる。

エナジーソング♪

シレネッタのスキルを元にアレンジが加えられたスキル。
自身中心の範囲内の味方キャストに即時のHP回復とリフレッシュを与える。
自身にはHP9回復程度、味方にはHP12回復程度。

本家と比べるとMPの燃費が悪くなり効果量も減っているため、後半には若干力不足となる。
(シレネッタはWR専用にHP回復量を上げる効果があるがメイディにはそれがないのも少なく感じさせる要因)
もちろん元スキル同様、リフレッシュで解除できないデバフの種類もそのまま。
しかしリフレッシュの効果そのものに差はなく、回復と同時に他バフも積めることからある意味ドロシィ・ゲイルピーター・ザ・キッドに近い強み。

必須である「ライオンの勇気だ!」はともかく、もう1種が相方にあまり合わない場合は候補に挙がるだろう。
ライオンだけで欲しいバフが揃うアタッカーは少なからず存在する。
メイディ自身もLv4になるまでは苦しい展開になりやすいのでそれまで相方に帰城させず粘って貰いたい場合も有効。
他のバフを持ちつつ序盤から飛び交う可能性があるポイズンやスロウを除去できるのも大きいので、対面によっては持っていくという判断も十分にあり。

「ライオンの勇気だ!」と「月影の矢」以外でMPを回す余裕がないと思ったら無難な手として採用するケースが多い。
実際押し込む場面では戦線を支えやすくWSと併用すれば味方の継戦能力は圧倒的に高くなる。
ただし火力インフレの進む試合後半になるほど、素の回復量の低さゆえに恩恵が小さくなる点には注意。

リフレッシュについて詳しくは「支援効果と妨害効果について」にて。

スキルが+5、MAXになるとHP回復量が上がる。
+ 過去の修正

ライオンの勇気だ!

ドロシィ・ゲイルのスキル「ライオンの勇気や!」を元にアレンジが加えられたスキル。
即時で自身のスピードとスキル攻撃力があがり、
最も近い味方キャストのスピードとスキル攻撃力が徐々にあがり、さらに一定時間(20秒)経過すると撃破ダメージを上げる。
スピード・スキル攻撃力アップの効果時間は53秒(+0時)~60秒(+MAX時)、撃破ダメージアップ効果の効果時間は約40秒。

スピードアップは自身に対して約15目盛り相当
スキル攻撃力アップは自身には29.17%、白煙オーラ時で他者には最大の10.00%
撃破ダメージアップは通常キルが城ゲージの2.64%に対して1.54%上乗せ。(美猴の「怒髪天」やジョーカー、深雪乃WR専用装備と同等。結構高い数値)

ドロシィ版と比べてダブルトリガーの手間・ダブルトリガー時の消費MPがカットされているため取り回しは改善されている。
ただし、効果時間切れの目視や撃破ダメージ化の判別はややしづらくなっている。
メイディのスキルのうちこのスキルだけ自身と最も近い味方の2人だけにしか効果がかからない点に注意。
だが本家ライオンと同様に一回で効果を与えられるのは自身と最も近い1人だけだが、ダブルトリガーがないので効果中に別のキャストに同じバフを与えることも可能である。
キャストにライオンがかかっている状態で別のキャストに同じバフをかけても前の人のライオンは消えないので端レーンのキャストに使っても問題ない。もちろん自身のためだけにかけるのもアリ。
またドロシィ版と異なり、メイディが撤退しても相方の効果が切れない。一般的なバフスキルと同じ挙動ということ。

徐々に上昇する効果は付与したキャストのみであり、撃破ダメージUPもメイディ自身には付与されない。
下記「月影の矢」を踏まえた設定なのか、自身へだけはスキル攻撃力UP効果が30%程と破格の値となっている。

効果時間1分あるうちの2/3相当の時間、高めの撃破ダメージアップを付与できるのは他サポーターにない強み。他にも撃破ダメージ付与のできるサポーターはいるが、立ち位置などの都合で全国対戦で活かすのは一般的でない。

スピード上昇バフは強力なうえに「月影の矢」の関係でも重要なスキルなので現状必須というのが大方の評価。(公式のキャスト紹介でも併用を前提とした書き方をされている)

スキルが+5、MAXになると効果時間が強化。
+ 過去の修正
Ver5.33-Dにて、自身のスピード上昇(8目盛り相当→15目盛り相当)・味方のスピード上昇(上限そのまま、初期値が上がる?)、味方のスキル攻撃上昇(上限そのまま、初期値が上がる?)、撃破ダメージ付与までの時間(40秒→20秒)の4項目の上方。バトル班コメントでは勝率には言及されず「使用率の偏りの解消」という珍しい文言。直近では舞闘会での勝率の低さ(全日倍率)や速度盛りエピーヌが流行していた影響があったと思われる。スピードアシスト全般の下方、ピーター・ドロシィ・ローザの上方と同時。

ハンターブレス

メイド・マリアンのスキルを元にアレンジが加えられたスキル。
自身と範囲内の味方のDSとSS射程を強化する。効果時間MAX40秒ほど。
自身に対してはss、ds共々1.09倍、味方に対しては両方とも1.1倍となっている。

マリアン版と異なり解禁レベルが3になり効果量・時間も落ちている、と単体で見れば結構な劣化版。
特に効果時間はマリアンのバフが60秒なこともあり、表示以上に体感では短く感じられる。
SSでダウンを奪えることから、スピードを上げるライオンとセットで使うと差し込み性能は中々になる。
消費MPも20MPと少ないため端レーンの際には比較的安定の選択肢。
(余談だが本家マリアンのも同じ消費MPであり、他サポーターよりMP対効果時間が優秀だったりする)

突進DS系の場合は事実上の弾速アップにもなる。
射程バフが相性のよい相方・さほど必要としない相方に関する解説は、長くなるのでメイド・マリアンのスキル解説を参照されたし。

スキルが+5、MAXになると効果時間が強化。
+ 過去の修正

ラピッドブラスト

ヴァイスのスキルを元にアレンジが加えられたスキル。
自身と範囲内の味方のDS、SS威力を強化し、さらに回避距離が強化される。
効果時間は35秒(+0時)~40秒(+MAX時)
ヴァイス版と異なり解禁レベルが3になっており、効果量も少し落ちる。
DS威力は?目盛り程度、SS威力は?目盛り程度。
回避距離アップは自身に対して1.1倍程度。味方に対しては1.2倍。
(他者への効果は、回避アップ量の大きいソウル「蒼角の守女 サナ」にわずかに劣る程度。自身への効果は「青の占星術師のヴェール」や「紅玉の花嫁ゲイレット」くらい)

メイディ自身の自由曲線DSも強化してくれるため、序盤の兵士処理の補助にもなる。
兵士列2回DS引けば倒せるようになるが、効果時間と消費MPを考慮すると少々重い。
回避距離上昇が劇的な効果を及ぼすキャストと組むのでなければ、「ハンターブレス」のほうが取り回しやすい。

スキルが+5、MAXになると効果時間が強化。
+ 過去の修正

月影の矢

かぐやのスキルを元にアレンジが加えられたスキル。
非貫通のビームを放ち、敵やオブジェクトに着弾すると爆発する。
またキャストに当てると直撃・爆風ともにMPダメージとMP回復速度ダウンのデバフを与える。
デバフの効果時間15秒で回復量が秒あたり1.0程度カット。
MPダメージは直撃・爆風ともに5程度(爆風はかぐやと同様、直撃はかぐや版よりマイルドに)

MP回復低下は強烈だったためか下方修正され爆風を受けてもそれなりに回復するようになった。
多くのキャストが採用している「赤の学徒の書」が効いていればあまり影響は感じない。かぐやの「望月の加護」を受けていれば回復の方が上回る。
逆にそれらの補助が無い場合は厄介極まりない効果である。
爆風にはヒットストップがかかるため爆風を当てるだけで相手の動きを一瞬だが止めることができる。直撃はダウンを奪える。

かぐや・ツクヨミ版と異なり解禁はLv4とやや遅くなっており、なにかに当てないと爆発しない。
射程は元のスキルよりほんの少し短い程度(0.95倍 Ver5.20-E以前)で長めかつ爆風がエピーヌの「微睡みの粉」ほど広く、9隊列が余裕をもって収まる。
直撃時のみ巨人ダメージも高いため、兵士処理兼巨人処理スキルといったところ。
双汽唱・双輪陣系の巨人に対して4発、猛突進でも6発ほどで沈められる。爆風の巨人ダメージは非常に小さいので注意。
DSを大きく盛っても兵士処理効率があまり上がらないこともあり、このスキルも現状必須枠とされている。

代わりに爆風は兵士への威力が低く小兵士1確には10.83%とかなり盛る必要がある。
自身の「ライオンの勇気だ!」バフ込みの場合、Lv4から爆風でも大兵士込み1確となるまでに強化される。
※公式の「基本的な立ち回り」にてライオンと月影を併用することが前提として書かれているため、そういうコンセプトの模様
ライオン併用ならスキル攻撃力が下がるアシストを1枠入れても足りる。(一般に-5%ほどのため)

ただし、ライオンは(続けて「月影の矢」を撃つことも踏まえると)消費MPがやや重く、その性質的に相方にも同時に付与したい効果であり、
MPの面からも自身の為だけには打ちにくい場面も多く、ライオン補佐無しで月影の矢で処理できた方が良い場面も多い。
そのため、ビルドの段階からスキル火力を盛ってライオン無しでも小兵士一確を取れるようにしておくと兵士処理が捗る場面が増える。
一応Lv4時に11%弱盛っておけば良いので「マッチ売りのスピカ」あるいは「献上品捕えの大袋」などを成長させておけばライオン無しでも小兵士を取れる。
(ただしVer5.20-B時点のスピカではその値を満たすのに35ヒット前後必要なので、Lv2以降にしっかり成長を稼いでおく必要がある)
爆風で大兵士を取るには29.17%盛る必要があるので、こちらはアシストで補佐するのは現実的ではなく素直にライオンに頼もう。

レーン戦及び対キャストへの攻撃手段スキルはこれ一つしかない。レーン戦においては兵士列付近などで行動する相手がいたら爆風を当てるようある程度意識をするのもいい。


スキルが+5、MAXになると射程が強化。
+ 過去の修正
ver5.20-Bにて、それ以前は直撃のデバフはスキルMP消費2.5倍化で説明文と違う効果となっていた不具合が修正。
Ver5.20-Fにて、射程とMP回復速度減少効果が下方。秒あたり1.0MP回復カットで合計15カット→?程度、かぐや版月影の矢の0.95倍の射程→?程度
Ver.5.34-Cにて、キャストダメージが下方。勝率と使用率が高かったため、サポート能力はそのままにキャストダメージを大幅にさげて単体レーン能力を下げる意図とバトル班コメントあり。『本キャストは長い期間高い勝率を記録しており、Ver5.33-Dの修正(ライオンの速度アップ)以降は使用率も高く、現バージョンまで維持されている』という独特の記述があり、ユーザーから「弱い」という評価を受けていた期間(特に舞闘会)も全体的なデータ上の勝率は高かったと伺わせられる。

アシストカスタマイズ

どのようにスキルを選んでもバフスキルが2種類は最低入る上に、兵士・巨人処理も「月影の矢」が軸になるためMPを大量に必要とする。
WR専用をはじめMP補助アシストの複数採用は必須といっていい。
また「ライオンの勇気だ!」の効果が途切れているタイミングでも「月影の矢」で兵士列1確をとるためにスキル威力を盛るプレイヤーも多い。
この場合、スキル威力強化に特化したアシストでないと強化値が足りないことが多い点に注意。
(MP補助のついででスキル威力の上がる「金の娘 カラート」あたりだと全然足りない)
またSS小兵士確が無強化だとLv4と遅いため、こちらも序盤で強化が推奨。
DSについては素の威力が低く月影の矢に結局頼る方が安定するため、盛る必要は薄め。

  • 専用アシスト1
錫の新兵キャストには存在しない模様。
それまでの実装キャストのうちこのカテゴリが採用され続けたキャストも確かに少ないのだが、
急になくなるのもそれはそれで寂しいものである。
(その後追加されたキャストでR専用も復活)

  • WR専用アシスト2「二十五番兵の双剣」
Lv2武器 最大HP↑ SS攻撃力↑
キャスト固有でレベルアップ時に一定時間(約40秒)スキル消費MPが減少(10%)。
また、レベルアップ時に一定時間(約36~40秒)自身のロールエフェクト範囲内の味方キャストのスキル消費MPが減少(10%)。
効果時間が中途半端で、レベル2の時点で発動した効果が切れないままレベル3へ上がり効果時間の上書きが行われないのでそのまま効果切れを起こしやすい。
レベル3発動バフスキルを使うときはレベルアップ直後に使わないと恩恵を受けられないこともある。
レベル2でSS威力が上がることにより小兵士が取れるようになる点が重要。採用率は高め。
素材は「粗削りな錫石」(新兵3人組で共通な点に注意)
 +5,10で効果時間が延びる。(どちらの?)

  • WR専用アシスト3「気高き新兵の核心」
Lv6防具 最大HP↑ 最大MP↑
キャスト固有で一定回数(3回)スキルを使用するとMP回復速度が上がる。
効果時間は30秒。およそMP12返還。
テキストからは条件の関係で共通のS専用「血で咲いた悲哀の薔薇」と大差なさそうだが、回復効果が高いため十分有用性がある。
(月影ライオンエナソン構成だとして全部を1回ずつ使って85MP、薔薇が10%カットとして8.5軽減。
「薔薇」は素ステータスがHPSPなので、レベルアップ時に「核心」ならステータス分のMPも回復する。
MP補助だけなら「核心」の方が上回るが、「薔薇」であれば多少のスピード補強になるのと他サポーターと使い回せる)
あと効果時間が実質のクールタイムになるため、効果時間中にも続けてスキルを使う場合は総合的にはあんまり変わらないくらいかもしれない。
素材は「くすんだハートの欠片」(新兵3人組で共通な点に注意)
※Ver5.20-Aで初登場の「素材と完成品のカテゴリーが違う」アシストであるため注意。素材は「道具」だが完成品は「防具」となっている。
 +5、10で効果時間が延びる。

-汎用アシスト

  • 赤の学徒の書
Lv2道具 最大MP 中↑
マスタースキルが攻撃のとき、敵に攻撃を当てるたびにDS攻撃力が上昇(約7.5メモリ)。
マスタースキルの残り回数が0回の場合、条件を満たした瞬間にMPが回復し以降も常時MP回復速度が上昇する(+0.10MP/s)。
汎用性の高いLv2~3での兵士処理サポート兼後半のMP補助アシスト。
とはいえ素の威力、性能もあり、これをつけたからと言って積極的に押せるようにはならない。
MP回復枠として他アシストと比較した場合、MSを使い切ればその他条件はないことがメリットだが効果量・期待値は控えめ。

  • 鬼頭領の大杯
Lv2道具 最大MP 小↑ スキル攻撃力 小↑
MS残り一定回数(1回)以上で経験値獲得範囲アップ
MS残り一定回数(0回)でスキル消費MP減少。
射程が短いが前に出づらい性能において経験値回収漏れをなくせるありがたいアシスト。
2つ目の効果も兵士処理もスキルに頼るメイディにはサポーターの例にもれず有用。
地味ながらこれ+Lv6でのスキル攻撃力上昇でライオン抜き月影の矢が小兵士1確に届くのも事故防止の評価点。(MAX時のみ?)

  • 献上品捕えの大袋
Lv1道具 最大MP 小↑
MPを累計で100以上消費すると永続でスキル攻撃力が13.3%上昇。
メイディのスキルでダメージがあるのはLv4の「月影の矢」のみ、かつそこまでにDSやバフスキルを使うことを考えれば事実上無条件と言える。
慣れないうちは「月影の矢」で兵士を倒せない事故を防げるが、それ以外の恩恵は薄いのでキャスト別オススメからは落ちた形に。(Ver5.34現在)
ちなみに、「スピカ+大抵の速度アシスト」よりは「僧正房+大袋」の方が最終スピードは上になる。



主流ビルド

スキルは「ライオンの勇気だ!」「月影の矢」が固定義務枠
残り1枠が自由枠(担当レーンや味方アタッカーによって変更)

Ver5.34-B時点、MP補助アシストが充実しているのもあり上記の「鬼頭領の大杯」を経験値回収用の固定枠として、おすすめカードから雑に入れていくだけで形になる状況。

+ Ver5.33版
ソウル:マッチ売りのスピカ
アシスト:二十五番兵の双剣/赤の学徒の書(自由枠)/餅喰らいの袈裟+(自由枠)
Lv6枠:気高き新兵の核心
MS:ラージェナーゲルorラージェタイフーン
ソウルは成長度次第で「ライオンの勇気だ!」無しでも「月影の矢」爆風で小兵士を取れるようになるスピカが主流。
加えてスペックの低さを補うための速度を同時に大きく補佐できるのも理由。
あとはMPを補佐しつつLv2SS小兵士確、序盤DS補強、HPの補佐と無駄のない構成。
兵士処理のマスタースキルにする事で何らかの事情で「月影の矢」が使用できない状況下でも兵士処理ができるようにしている。
上記の自由枠は一例だが、MP補佐アシストは条件・制限付きが多く、立ち回りに応じて「髑髏の首飾り+」「鬼頭領の大杯」などの採用も見られる。
基本な立ち回りはレーン戦を見据えた形であるため、兵士処理を疎かにすると途端に厳しくなるので注意。


ソウル:マッチ売りのスピカ
アシスト:紫の魔女の髪飾り/赤の学徒の書/餅喰らいの袈裟+
Lv6枠:気高き新兵の核心
MS:ルサールカジェムorスプライトアート
速度と防御性能を大きく上昇させた構成。
妨害系MSと紫の魔女の髪飾りを採用する事で自身の速度を上げている点が大きく異なる。
赤本のDS効果が発動していないが、MP確保用としての採用である他、
SSもLv4から1確なので本領発揮が遅いという形ではあるが、
その分紫帽子が最大発揮しているため以降の立ち回り幅は広い。
SSが一確を取れていないことを逆利用するのも必要になるので難しめ。
「赤の学徒の書」のMP補佐効果や「紫の魔女の髪飾り」の防御効果を発動させるにはMSを使い切る必要があり、MSの使用タイミングを見極める必要ある。

ソウル:金の娘カラート
アシスト:二十五番兵の双剣/髑髏の首飾り+/餅喰らいの袈裟+
Lv6枠:気高き新兵の核心
MS:ラージェナーゲル(自由枠)
メイディの入門パックのアシストの中からMP補佐アシストをクラフトして構成したカラート型ビルド。
他の効果のついででSSとDSが上がることもあり、端レーン担当の場合には比較的活用しやすい。
「ライオンの勇気だ!」が付与されていないと「月影の矢」の小兵士確はLv6からであるため維持が必須かつ、
スピードが低いので総合的な自衛力や圧力をかける能力には乏しい面がある。
「赤の学徒の書」や「鬼頭領の大杯」等のMP補佐アシストが入手出来たらそれも試してみるのもいい。


戦術


バフを4種持っていることからまずは担当レーン、中央相方でセットするバフの考慮が必要だろう。
スピードが上がり自身の兵士・巨人処理にも影響する「ライオンの勇気だ!」と「月影の矢」は固定枠で、残り一つを吟味することになる。

ここで注意する点としてメイディ自身の序盤は非常に低スペックで特にLv3においては全サポーターの中でも弱い部類に入る。
慣れないうちは相方を選ばず序盤の中央レーン維持のために「エナジーソング♪」をオススメしたい。
対面にリトル・アリスやアシェンプテル等デバフを使用してくるキャスト対策にもなる。

慣れてきたらダウンが取れるSSが強化されることから自身への影響も大きくなる「ハンターブレス」や「ラピッドブラスト」も試してみよう。
スカーレットやジュゼは「ハンターブレス」、「ラピッドブラスト」両方と相性がいいので悩ましいところだが、
担当レーンの維持以上も大事なことから、無理に3種類積んでいくまでせずともどちらかで良いだろう。

いずれのバフも端レーンを担当しているファイターへの効果も高いので、状況に余裕があればかけてもよい。
ドロシィと違って複数人にかけても「ライオンの勇気だ!」の効果は問題なく維持される。

+ バフ選択参考
基本的には「ハンターブレス」(以下ブレス)がアタッカーだけではなくファイターにも効果的であり、
かつ自身への事も考えると、MP消費も軽く無駄になりにくいので無難な選択肢となる。
ブレスとの相性があまり良くなかったり、他のほうがより強味が出る場合には別のバフが候補になる。

〇ラピッドブラストが有用
ジュゼ、深雪乃

〇エナジーソングが候補に挙がる
リトル・アリス、デス・フック、ロビン・シャーウッド
※相手にアシェンプテルやリトル・アリス、ほか「ルサールカジェム」を積みそうなスキルアタッカーがいる場合にはポイズンorスロウ対処としてより有用
※相手キャスト相性の都合等で序盤から苦戦が予期される展開を見越してLv4まで粘りたい場合にも有用


なお、バフスキルの重なりによって強化される項目は「効果時間」と「消費MP減」であるため、
重なり無しとMAXではMP効率が大きく変わってくる。使い込むなら早めの重ねを意識したいところ。

対戦中は相方への「ライオンの勇気だ!」を切らさないことを優先し、Lv4になるまではなるべく相方と一緒に中央の維持を意識したい。
あまり相方と離れすぎるとライオンをかけづらくなる上に孤立したメイディ自身が狙われた場合の対処が難しくなる。
相方が遊撃型キャストであってもなるべく相方との一定距離を保つように心がけよう。
次いでLv4以降は4体列をSSその他で止めつつ、9体列+αを「月影の矢」で一気に処理していく。
代わりにMPが厳しくなってくるので、できる限り多くの兵士列を一度に処理できるように立ち回りたい。
上手く流れを調整して4体+9体列以上ををまとめて処理できるのが理想。
加えて、なるべく対面のレーナ―に影響が与えられるように打つのが良い。
爆風がカスるだけで、対面のレーナ―にはMP5減少と10秒近くのMP回復低下デバフが入るのでかなり有利になる。
その上でSSでダウンが奪えるので、隙あらば差し込んで自兵士とともに動こう。

なお、サポーター初心者でMP管理が苦手だと言うなら 使うスキルはライオンと月影の2つに絞る形でも構わない
これは他のサポーターにも言えることだが、相方へのバフがない時間が多いほど・兵士処理速度が遅くなればなるほど相方への負担が増す。
そのため、ライオンが切れ次第かけ直すMPと、9体列が見えたらすぐに月影を撃てるだけのMPをキープしておきたい。
無理に2つのバフを回すよりも優先度が高いライオンを回しつつ、月影できっちり兵士処理をするほうが相方の負担は少なくなる。
基本的にMPがカツカツなキャストなので レベル4以降に少数の兵士に対して月影やDSを撃つ、無駄にバフを撃つなどMPの無駄遣いは絶対にNGである
味方にバフを掛けながら、少数の兵士はSSで処理し、多数の兵士をスキルで処理するという基本は忘れないように。

重ねて書くが、このキャストはサポーターなので味方へのバフを優先すること
兵士処理に月影を撃ちまくってバフのMPが無くなるのは本末転倒だし、それをするならファイターやアタッカーを使えばいい。
味方を強化し協力して勝利を目指すという、サポーターとしての基本を肝に銘じて立ち回ろう。


コメント
  • メイディ自身ライオンは維持したいんだからバフ貰えないってことはバフのタイミングに自分が中央にいないだけだぞ -- (名無しさん) 2021-05-06 23:22:52
  • ↑4の言ってたヤツらしきメイディ見かけたわ。4体列どころかキャストにもビームしか撃たないからそもそも試合を通してバフを2〜3回しか打ってないようなの。これは確かに邪魔 -- (名無しさん) 2021-05-08 10:36:26
  • どっちにしろ、その一人みただけで決めつけるは相当ヤバいから -- (名無しさん) 2021-05-08 16:47:57
  • HPは目測で42(Lv.1)~49(Lv.8)。再検証と編集お願いします。 -- (名無しさん) 2021-06-16 21:50:37
  • 上のビームマシンの一連のコメントを参考にして、戦術の項目を編集しました。以前は月影に重点を置きすぎだったので、あくまで優先すべきはバフだという旨を追記しました -- (名無しさん) 2021-06-23 10:30:24
  • メイディの端ってどうすればいいの?火力もHPもないからどのキャラでも相討ち覚悟で強引に殴り合いに持ち込まれ簡単にやられる。ssもdsも弱すぎるから何発当ててもダメージにならないし。キルできるプレッシャーが全くないからやりようがない。 -- (名無しさん) 2021-09-19 17:42:35
  • 大変申し訳ないとは思うが今のメイディは端どうこうの前に 使わない が正しいまである。 あまりにも弱すぎるわ -- (名無しさん) 2021-09-20 19:02:54
  • SSとDSの性能を底上げして貰うかラピブラの消費MPを下げるとか月影以外での兵処理を改善する調整こないとレーン戦に関してどうしようもないと思う。 -- (名無しさん) 2021-09-21 18:23:35
  • 弱くて、使えないけど使わないと上方もくれない今の運営はダメだな -- (名無しさん) 2022-01-19 15:51:20
  • 今メイディ使ってる人って明らかに動きが違う上手い人ばかりだから下位筆が使わなければ勝率だけは変に高い可能性すらある -- (名無しさん) 2022-01-19 16:55:44
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2022年06月14日 02:38