耶麻郡五目組栗生沢村

陸奥国 耶麻郡 五目組 栗生沢(くりふさは)
大日本地誌大系第32巻 111コマ目

府城の北に当り行程6里15町。
家数9軒、また宇津野村の民家2軒(まじ)われり。
東西1町・南北1町11間。
東北は山に続き西は日中川に傍ひ南に田畠あり。

東は村際にて宇津野村に界ふ。その村は巳(南南東)に当り11町40間余。
西は村際にて金屋村に界ふ。その村まで5町40間。
南15町小田付組天井沢村の山界に至る。その村まで1里4町10間余。
北2町10間熱塩村の界に至る。その村まで14町30間。
また
未申(南西)の方1町36間赤崎村の界に至る。その村まで9町20間余。

また宇津野村の民屋に雑わり家数16軒あり。

山川

日中川

村の亥(北北西)の方1町にあり。
熱塩村の境内より来り、西南に流るること16町余赤崎村の界に入る。

神社

熊野宮

祭神 熊野宮?
相殿 伊勢宮 2座
   天神
   山王神
   幸神
草創
村より巳(南南東)の方12町、山麓にあり。
源頼家朝臣の勧請という。また河沼郡代田組熊野堂村に熊野三社を勧請せられ、その後那智をこの地に移すともいう(慶徳組新宮村及び岩沢村熊野宮の条下と併せ見るべし)。昔のものなりとて、狛犬2軀あれども朽損(きゅうそん)して(また)からず。
鳥居拝殿あり。上三宮村高村能登が司なり。









最終更新:2020年08月09日 22:53