会津郡滝沢組牛墓村

陸奥国 会津郡 滝沢組 牛墓(うしがはか)
大日本地誌大系第31巻 16コマ目


この村、旧6町余未申(南西)の方にありて堂家村(だうけむら)と云う境内に牛墓あり。因って何の頃にか今の名に改め文禄4年(1595年)ここに移せりと云う。

府城の東北に当り行程25町余。
家数21軒、東西1町15間・南北40間余。
白川街道を夾み住す。

東は滝沢村に連なり3方田圃(たんぼ)なり。
西7町6間府下東黒川八角分に界ふ。
南4町15間本郡南青木組慶山村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り9町10間余。
北は村際にて滝沢村に界ふ。

小名

真那板倉(まないたくら)

村本より辰巳(南東)の方、東黒川八角分蚕養宮村の地、滝沢村の境内を隔て5町にあり。
家居1軒山麓に住す。
東南は慶山村の山に按し。
西は数村入逢(いりあい)の地に連なり。
北は滝沢村の山に界ふ。

山川

研石山(といしやま)

小名、真那板倉の東にあり。
高2町計。
麤砥*1を産す。因って名く。
東に続く山を長下山(ながしたやま)と云う。
松樹多く松蕈(まつたけ)を産す。

吹屋山(ふきややま)

村より丑寅(東北)の方11町にあり。
松樹茂れり。
この山中に吹屋原とて東西1町南北3町計の芝原あり。土人(まぐさ)を採る処とす。

清水

吹屋山にあり。
2間半4方。
天清水(あましみず)と云う

水利

戸口堰(とのくちせき)


墳墓

村西4町20間余にあり。
いつの頃にか舜獄と云う者を葬る処と云う。
この塚天正の始(1573年~)数月自ら焼しを五之町實相寺23世残夢(ざんむ)至て偈を示しければ火滅しと云う(実相寺の条下と併せ見べし)。

古蹟

牛墓

村より未申(南西)の方6町10間にあり。
石塔、高1尺4寸。
楷書にて牛墓と彫付あり(滝沢村の宗像神社の条下に詳なり)

桜谷

小名真那板倉より東、両山の間渓流ある処を云う。
旧は桜樹多く花の頃は佳景(かけい)の地にて騒人墨客(そうじんぼっかく)(ここ)遊憩(ゆうけい)題詠(だいえい)多かりしと云う。
今は桜樹なし。

太夫桜(たいふさくら)

村より辰巳(東北)の方3町余飯盛山の麓にあり。
寛永中(1624年~1645年)妓女看花(かんか)に出て人のために殺されしを(あわ)(れ)む者ありて印に種し桜なりと云う。
また、ここより北2町計、滝沢村の際に種蒔桜とて1株の老樹あり。毎年苗代の頃花咲くによりこの称ありとぞ。或云、太夫桜はこの桜樹を云うなりと里老の伝えるに異なり。