会津郡滝沢組松窪村

陸奥国 会津郡 滝沢組 松窪村村
大日本地誌大系第31巻 18コマ目


この村寛永の始(1624年~)松窪という原を(ひら)いて民居を置く。因って村名とす。

府城の北に当り行程1里3町。
南北2区に分る。その間1町30間余を隔つ。
北を上分(かみぶん)と云う。家数4軒、東西30間・南北1町5間。
南を下分(しもぶん)と云う。家数12軒、東西1町15間・南北1町15間。
共に山麓高敞の地にあり。
西南北に田圃(たんぼ)あり。

東15間余下居合の山界に至る。
西1町36間河沼郡代田組藤倉村の界に至る。その村まで9町20間余。
南2町25間下居合に界ひ吹屋川を限とす。その村は未申(南西)に当り6町40間。
北5町16間代田組駒板村の界に至る。その村は戌亥(北西)に当り8町20間。
また、寅(東北東)の方8町5間代田組生井新田村に界ひ、明浜を限とす。その村まで13町40間。
辰巳(南東)の方3町32間長原新田村の界に至る。その村まで6町40間余。
亥(北北西)の方4間代田組藤倉新田村の界に至る。その村まで1町40間余。

村中に二本松街道あり。


山川

吹屋川(ふきやかわ)

村南2町20間にあり。
下居合村の界より来り、西に流るること4町余、また下居合村の境内に入る。

明沢(あかるさわ)

村北5町10間余にあり。
源は金堀村の山奥より流出て滝沢村・下居合村の山中を過ぎ、西の方に流れて駒板村の界に入る。このむれの境内を経ること2町10間余。
広3間計。

水利

日橋堰

駒岩村の方より来り、田地の養水となり、下居合村の方に注ぐ。