会津郡滝沢組金堀村

陸奥国 会津郡 滝沢組 金堀村
大日本地誌大系第31巻 19コマ目

この村、昔今の地より2町計東にありて明沢(あかしざは)と云いしに、何の頃にか京師*1より来る者、村東1町40間にありし高2間周8間計の大石を穿ちて許多の金を採し(ゆえ)今の名に改めしとぞ。
貞享元年(1684年)火災に罹り同4年(1687年)今の地に移せり。

府城の北に当り行程1里12町余。
家数24軒、東西2町30間・南北46間。
白川街道を夾み南北両頬にあり。
四方に山(めぐ)れり。

東6町18間原組原新田村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り10町40間。
西4町2間滝沢村の界に至る。その村は未申(南西)に当り17町50間余。
南4町50間・北7町37間、共に滝沢村の山に界ふ。
また、丑(北北東)の方9町河沼郡代田組強清水新田村の界に至る。その村まで11町30間。
辰(東南東)の方5町原組赤井村の山界に至る。その村まで26町30間。

山川

烏帽子峠山(えぼしたうげやま)

村より辰巳(南東)の方4町にあり。
高19丈余、松樹雑木茂れり。
形の似たる(ゆえ)名けり

前坂(まへさか)

村より申(西南西)の方に登る白川街道にあり。
頂まで4町余。
滝沢村に界ふ。

沓懸峠(くつかけとおげ)

村東1町余、白川街道にあり。
頂まで4町20間。
頂にて2すじに分る。
東南に行けば白川街道にて、東北に行けば猪苗代に通る裏街道なり。

水利

戸口堰

滝沢村の方より来り、田地の養水となり、下居合村の方に注ぐ。

神社

山神社

祭神 大山祇神
相殿 伊勢宮 2座
   稲荷神
   伊豆神
   山神
鎮座 不明
村より寅(東北東)の方1町20間、山上にあり。鳥居幣殿拝殿あり。


戦死十八人墓の案内板より
 慶應四年(一八六八)、戊辰戦争の際、日橋川を渡河した西軍は大挙してこの道を急進撃し、多くの会津藩士らが戦死しました。
 地元金堀・下馬渡の村民たちはこれらの戦死者を手厚く葬り、この碑を建てました。碑表には「戦死十八人墓」、道側には「明治元年辰八月廿三日金堀村」、左側には「下馬渡むら」と刻まれています。明治と改元されたのは九月八日のことでありましたから、正しくは慶應四年八月二十三日ということになります。
 金堀の鎭守山神社前にも同様の戦死十一人之墓があります。
    新奥の細道
      環境庁・福島県