会津郡河島組河島村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 河島組 河島(かはしま)
大日本地誌大系第31巻 105コマ目

府城の南に当り行程11里28町余。
家数58軒、東西4町・南4町20間。
南は山に倚り三方田圃(たんぼ)なり。

下野街道駅所にて村中に官より令せらるる掟条目の制札あり。
田島組田島村駅より1里16町ここに継ぎ、ここより1里糸沢村駅に継ぐ。

村の東北に一里塚あり。

東3町10間中荒井村の山に界ふ。
西9町30間藤生村に界ひ荒貝川を限りとす。その村まで17町。
南2町7間関本村の界に至る。その村は未(南南西)に当り5町30間。
北9町48間中荒井村の界に至る。その(村は)丑(北北東)に当り3町40間余。

山川

荒貝川(あらかひかわ)

村より戌亥(北西)の方5町にあり。
関本村の境内より来り、東北に流ること20町中荒井村の界に入る。
広6間余。

神社

八幡宮

祭神 八幡宮?
鎮座 不明
村南1町余にあり。
石鳥居あり。田島村室井出雲が司なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村東1町30間山麓にあり。
鳥居あり。室井出雲是を司る。

鷲神社

祭神 鷲神?
相殿 山神 2座
   伊勢宮
   稲荷神
   熊野宮
鎮座 不明
村南2町にあり。
石鳥居・拝殿あり。
本社の中に長7寸・幅3寸余の銅板に『西國三十三度順禮結願所出羽國大寶寺住前一房享祿二年正月十八日』と彫付(えりつけ)しを(おさ)む(享祿2年:1529年)。何の謂れを伝えず。
室井出雲が司なり。

寺院

観音堂

村北6町山の中腹岩窟の中に観音を安ず。
草創の年月詳ならず。
修験南照寺司なり。



最終更新:2020年03月28日 17:57