会津郡熨斗戸組湯入村

陸奥国 会津郡 熨斗戸組 湯入(ゆいり)
大日本地誌大系第31巻 116コマ目

府城の西南に当り行程19里27町。
家数5軒、東西20間・南北50間。
山間に住し西に水引川あり。

東18町戸中村の山に界ふ。
西10町貝原村の山界に至る。その村は亥(北北西)に当り24町。
南8町3間水引村の界に至る。その村まで14町。
北9町50間湯岐村の界に至る。その村まで13町。

山川

水引川(みつひきかわ)

村西にあり。
水引村の境内より来り、渡沢(わたさわ)を得て北に流ること18町計、湯岐村の界に入り湯岐川となる。

関梁

村南2町計にあり。
宮下橋(みやしたはし)といい水引川に架す。
長12間、丸太橋。
隣村の通路なり。

神社

日光神社

祭神 日光神?
草建 不明
村南9町計にあり。
鳥居あり。木賊村星安藝これを司る。

日光神社

祭神 日光神?
相殿 山神
勧請 不明
村南2町計にあり。
鳥居あり。吉高村修験大法院司る。
社内に長沼氏より与える与へし寄進状の板札を納む。
如左
   敬白
つのう村貳百八かり御けんにきしん令申候、爲後日如件
   太永六年ひのへいぬ五月廿四日  盛秀