会津郡熨斗戸組貝原村

陸奥国 会津郡 熨斗戸組 貝原(かひはら)
大日本地誌大系第31巻 116コマ目

府城の西南に当り行程19里。
家数14軒、東西1町・南北2町。
山間に住し東は湯岐川に臨む。

東は村際にて角生村に界ひ湯岐川を限りとす。その村は辰(東南東)に当り3町20間。
西12町計介木生村の山に界ふ。
南21町湯入村の山に界ふ。
北1町吉高村の界に至る。その村まで3町。
また辰巳(南東)の方10町湯岐村に界ひ湯岐川を限りとす。その村まで12町。
未申(南西)の方1里木賊村の山界に至る。その村まで1里25町。

端村

岩間戸(いはまと)

本村の東15町にあり。
家数6軒、東西10間・南北1町。
山間に住し東は湯岐川に臨む。
また西1町30間、山麓に家数2軒あり。
東西10間・南北12間。

山川

湯岐川

村東にあり。
湯入村の境内より来り、北に流るること20町余、吉高村の界に入る。

関梁

村の辰巳(南東)の方1町湯岐川に架す。
長8間。
前橋という。
丸木橋にて隣村の通路なり。

神社

富士神社

祭神 富士神?
鎮座 不明
村西20間にあり。
鳥居拝殿あり。井桁村阿久津和泉これを司る。