会津郡古町組小塩村

陸奥国 会津郡 古町組 小塩(こしほ)
大日本地誌大系第31巻 126コマ目

府城の西南に当り行程19里8町。
家数36軒、東西1町・南北3町30間。
東は檜枝岐川に近く西は山に倚り南北田圃(たんぼ)なり。

東2町7面古町村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村まで6町20間余。
西3町余和泉田組塩岐村の山に界ふ。
南4町53間宮沢村の界に至る。その村まで11町10間余。
北6町青柳村の界に至る。その村まで11町。
また辰巳(南東)の方8町白沢村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村まで18町。

山川

小白山(おしらやま)

村の未申(南西)の方12町にあり。
頂まで1里宮沢村と峯を界ふ。
雑木多し。

丸山(まるやま)

村西3町余にあり。
頂まで1里30町塩岐村と峯を界ふ。
雑木茂れり。

檜枝岐川

村東2町余にあり。
宮沢村の境内より来り、北に流るること7町、青柳村の界に入る。

関梁

村東2町、隣村の通路檜枝岐川に架す。
長11間。
丸木橋なり。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
相殿 伊勢宮
   星宮
   権現
鎮座 不明
村より戌(西北西)の方2町にあり。
鳥居あり。木賊村星安藝これを司る。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村より亥(北北西)の方5町にあり。
石を神體(しんたい)とす。彫付あれども残缺(ざんけつ)完からず。ただ『元徳三年九月』という6字のみ見ゆ。
村民の持なり。
※元徳三年=1331年

寺院

薬師堂

村西1町20間にあり。
草創の年代知らず。
村民の持なり。

古蹟

館跡2

一は村北5町にあり。
東西2町・南北1町。
中山城(なかやましろ)と云う。
天正中(1573年~1593年)河原田尾張某という者住せりという。

一は村西1町30間にあり。
東西28間・南北35間。
天正の頃馬場越後某というもの住せりという。