会津郡高久組東森台村

陸奥国 会津郡 高久組 東森台村
大日本地誌大系第31巻 39コマ目

元東森代という。寛文中(1661年~1673年)今の字に改めき。

府城の北西に当り行程1里16町。
家数5軒、東西22間・南北55間、四方田圃(たんぼ)なり。

東は村際・南10間・北33間、共に木流村に界ふ。その村は寅卯(東北東~東の間)に当り1町55間余。
西2町20間中森台村の界に至る。その村まで7町40間余。
また未(南南西)の方2町40間下高野村の界に至る。その村まで6町50間余。
戌(西北西)の方2町河沼郡笈川組竹内村の界に至る。その村まで7町40間。

神社

赤城神社

祭神 岩裂命・根裂命
相殿 鬼渡神
   明神
鎮座 不明
村南30間余にあり。
鳥居あり。高久村黒沢縫殿之助が司なり。