会津郡中荒井組和泉村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 中荒井組 和泉(いづみ)
大日本地誌大系第31巻 47コマ目

昔この村に清水あり、甘冽にして酒を醸するに宜し。これに因り泉村という。後に今の文字とす。

府城の西北に当り行程1里24町。
家数10軒、東西1町36間・南北42間。
四方田圃(たんぼ)にて西に宮川あり。

東7町50間真渡村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り16町50間余。
西3町9間大沼郡本組和泉新田村の界に至る。その村まで8町20間余。
南3町2間出尻村の界に至る。その村まで3町40間余。
北4町40間河沼郡牛沢組上茅津村の界に至る。その村まで5町。

端村

上和泉(かみいづみ)

本村の南1町10間余にあり。
家数15軒、東西1町18間・南北1町11間。
西は台村に続き1村の如く、東南北は田圃なり。

下和泉(しもいづみ)

本村より4町亥(北北西)の方にあり。
家数8軒、東西1町2間・南北44間。
西は宮川に近く、三方田圃なり。

橋本(はしもと)

本村の西13町40間余、和泉新田村境内を隔て宮川の西にあり。
家数2軒、東西38間・南北34間。
四方田圃なり。
地面、東西1町15間・南北1町7間、本郡の地に続かず大沼郡の中にあり。東は和泉新田村に隣り、西南北は大沼郡本組沢田村に界ふ。

山川

宮川

村西2町40間にあり。
宮下村の界より来り、北に流るること10町余上茅津村の界に入る。

蓼川

村西2町20間余にあり。
出尻村の界より来り、北に流るること4町余宮川に入る。

関梁

村西2町20間余にあり。
長6間。隣村の通路、蓼川に架す土橋なり。

寺院

智徳寺

村北40間余にあり。
開基の年代詳ならず。
永正中(1504年~1521年)雲龍という僧住せりという。
山號を福田山といい、曹洞宗牛沢組牛沢村大徳寺の末山なり。
本尊地蔵客殿に安ず。

台泉寺

端村上和泉にあり。
浄土宗正栄山と號す。文明2年(1470年)建立せしという。
開基の僧を詳にせず。慶長2年(1597年)心譽という僧この寺に住してより本州岩城專称寺の末山となる。
本尊弥陀客殿に安ず。


最終更新:2020年03月08日 08:45