会津郡南青木組宮内村

陸奥国 会津郡 南青木組 宮内(みやうち)
大日本地誌大系第31巻 74コマ目

府城の南に当り行程2里14町余。
家数13軒、東西55間・南北1町40間。
山麓に住し、南は上雨屋村に続き、西北は田圃(たんぼ)なり。

東1町上雨屋村の山に界ふ。
西3町大沼郡本組穂谷沢村に界ふ。
北3町下雨屋村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り5町30間。

水利

門田堰

上雨屋村の方より来り、下雨屋村の方に注ぐ。

神社

金峯神社

祭神 少名彦命
草創 不明
村より丑寅(北東)の方8町余、山の半腹にあり。
旧、ここより18町余山上にあり。
元亀元年(1570年)葦名盛興修補を加ふ。
相伝て。大和国吉野、越後国長岡、及び当社の神像は1本にて刻めりという。
昔当郡の修験の徒国峯修行とて、当社の側より大戸嶽に(よじ)登り布引山の西麓を回り城東羽黒山に出て、大和国多武峯に擬せしとぞ。因て民俗に天屋三峯と称し金峯・葛城・多武峯比せしという。
舊事雑考に国峯修行ありしは吉野に皇居ありし頃*1の事なるべしと伝えり)。

鳥居

両柱の間8尺

本社

2間に1間、西向。
葦名盛興修覆を加えし時の棟札あり『大檀那平朝臣盛興元亀元年庚午九月十七日願主亮灌本願傳海』と記し、また裏には『三嶽山平樂寺』とあり。その余佛名・梵語等あれども煩はしければ略す。

幣殿

2間四面

拝殿

3間半に2間

假殿

5尺四面、西向。

別当 等善院

本山派の修験なり。
その祖を密蔵院心光という。現住元宥は10世の孫なりとぞ。
旧は密宗の別当ありしという。