大沼郡橋爪組下中川村

陸奥国 大沼郡 橋爪組 下中川(しもなかかは)
大日本地誌大系第32巻 168コマ目

府城の西南に当り行程2里16町。
家数31軒、東西2町14間・南北1町33間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東6町10間橋爪村の界に至る。その村まで7町10間余。
西3町高田組高田村に界ひ宮川を限りとす。その村まで6町余。
南3町高田組竹原村の界に至る。その村まで5町。
北8町高田組安田村の界に至る。その村まで16町。
また辰巳(南東)の方2町高田組西勝村の界に至る。その村まで11町。
丑寅(北東)の方4町新堀村の界に至る。その村まで7町余。

山川

宮川

村西2町にあり。
竹原村の方より来り、北に流るること13町50間余安田村の界に入る。
広12間。
丸木橋あり。

清水2

一は村より辰巳(南東)の方2町にあり。
翁清水と称す。
東西3間・南北1間。
一は村北9町にあり。
周7間。
乳の乏しき者ここに祈願すれば験ありという。

原野

上河原

村より未申(南西)の方2町にあり。
東西20間・南北4町10間余。

下河原

村より戌亥(北西)の方4町にあり。
東西1町・南北2町40間。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 大明神 地主神なり
   天神
   天王神
   幸神
   荒神
鎮座 不明
村中にあり。
鳥居あり。上荒井村梅宮伊賀これを司る。

寺院

延命寺

村中にあり。
田福山と號す。湯本村東光寺門徒天台宗なり。
開基詳ならず。
天文元年(1532年)圓順という僧住す。
延命地蔵を本尊とし客殿に安ず。