大沼郡高田組竹原村

陸奥国 大沼郡 高田組 竹原(たけはら)
大日本地誌大系第33巻 16コマ目

府城の西南に当り行程2里12町余。
家数24軒、東西1町12間・南北2町4間。
下野街道に住す。四方田圃(たんぼ)にて西は宮川に近し。

東5町・北2町、共に本郡橋爪組下中川村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り5町。
西3町5間高田村に界ひ宮川を限りとす。その村は戌(西北西)に当り5町40間余。
南1町48間西勝村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り11町。
また未(南南西)の方3町上中川村の界に至る。その村まで12町20間余。
申(西南西)の方5町永井野組永井野村の界に至る。その村まで14町40間。

山川

宮川

村西町余にあり。
上中川村の境内より来り、北に流るること7町10間余下中川村の界に入る。
冬は橋を架す。

神社

大沼神社

祭神 不明
草創 大同元年(806年)
村の未(南南西)の方にあり。
祭神詳ならず。大同元年(806年)の草創という。
本社の西に大沼とて7間四方計の沼あり。郡名の従て起る所とて、昔は大なる沼なりしという。今は小池となれども旱歳いも涸れず。
鳥居幣殿拝殿あり。
高田村渡部伊予これを司る。

寺院

今泉寺

村中にあり。
天台宗竹原山と號す。
寛平2年(890年)の建立にて圓覚という僧の開基なりという。
昔は代々大沼明神の別当職を勤しとぞ。
天正の頃(1573年~1593年)圓見という者中興せり。
圓見が後住圓寧が時、松本太郎が叛逆により兵火に逢い堂舎残なく燒亡し、佛像縁起をもこの時に失えり。
その後佐瀬不及齋が祈願所となり、その資力に因り堂舎再栄てやや古に復せり。
これより住職絶えて圯廃せしを、会津郡南青木組湯本村東光寺の住僧秀長来て再建す。因て今に東光寺の門徒なり。
本尊弥陀客殿に安ず。

墳墓

古塚

村南にあり。
高6尺・周16間。
上に地蔵の石像を安ず。
由ある者の墓にや。
土人越中壇と称し、歳時の祭を修して今に怠らず。