大沼郡高田組佐布川村

陸奥国 大沼郡 高田組 佐布川(さふかは)
大日本地誌大系第33巻 19コマ目

この村昔は寒川と書しとぞ。

府城の西に当り行程2里6町。
家数28軒、東西50間・南北3町20間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東4町会津郡橋爪組西麻生村の界に至る。その村まで15町30間。
西は村際にて境野村に界ふ。その村は亥(北北西)に当り10町20間。
南1町30間安田村の界に至る。その村まで7町20間余。
北13町会津郡中荒井組宮袋村の界に至る。その村は丑寅(北東)に当り7町40間。

端村

古開新田(こひらきしんでん)

本村より1町30間亥(北北西)の方にあり。
家数8軒、東西1町28間・南北2町34間。
散居す。四方田畠なり。

中新田(なかしんでん)

本村より6町20間余北にあり。
家数2軒、東西20間・南北30間。
四方田圃なり。

天満新田(てんまんしんでん)

本村より6町30間余寅(東北東)の方にあり。
家数2軒、東西20間・南北8間。
西は宮川に傍ひ三方田圃なり。
また2町余東に1区あり。
家数6軒、東西1間・南北1町15間。
四方田畠なり。

山川

宮川

村東5町にあり。
西麻生の境内より来り、北に流るること16町余宮袋村の界に入る。
冬月は橋を架す。

清水

村より2町亥(北北西)の方にあり。
周5間余。

神社

諏訪神社

祭神 諏訪神?
鎮座 不明
村より巳(南南東)の方1町にあり。
鳥居拝殿あり。修験光明寺これを司る。

寺院

観音寺

村中にあり。
圓通山と號す。曹洞宗冑組尾岐村龍門寺の末山なり。
文永2年(1265年)草創という。誰人の開基なるにか知らず。
その後堂宇頽破(たいは)せしを、寛永元年(1624年)越後国より雲藝という比丘来て中興す。
本尊観音客殿に安ず。

観音堂

境内にあり。

不動堂

村より辰巳(南東)の方20間にあり。
草建の年月詳ならず。
光明院これを司る。