大沼郡滝谷組牧沢村

陸奥国 大沼郡 滝谷組 牧沢(まきさは)
大日本地誌大系第33巻 54コマ目

府城の西に当り行程6里。
家数11軒、東西2町・南北1町。
散居す。
東は山に傍ひ三方田圃(たんぼ)なり。

東1町15間・南7町、共に鳥屋村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り14町余。
西3町大谷組五畳敷村の界に至る。その村まで12町余。
北12町17間中村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り14町。

端村

猿倉(さるくら)

本村の西1町10間余にあり。
家数9軒、東西1町・南北40間。
散居す。
東は東川に傍ひ西南は山を負い北は田圃(たんぼ)なり。

山川

猿倉嶽(さるくらがたけ)

村南20町にあり。
岩石壁立し東川に臨めり。
嶮絶にして人跡通せず。
鷲巣を営むことありという。
南野方は遅越渡村に属す。

菖蒲沢峠(しやうふさはとおげ)

村より寅(東北東)の方2町にあり。
中村に往く路なり。
屈曲して登ること5町。

東川

村西50間にあり。
鳥屋村の境内より来り、北に流るること10町五畳敷村の界に入る。広7間。

村西5町10間余にあり。
周6町30間。

関梁

橋2

一は村西50間にあり。
長11間、土橋なり。
東川に架す。端村猿倉の通路なり。
一は村西2町にあり。
隣村の通路東川に架す。長9間丸木橋なり。

神社

伊夜彦神社

祭神 伊夜彦神?
鎮座 不明
村北1町にあり。
鳥居拝殿あり。名入村二瓶大和が司なり。

春日神社

祭神 春日神?
鎮座 不明
端村猿倉の西30間山足にあり。
鳥居拝殿あり。村民の持なり。

寺院

猿沢寺

村北にあり。
山號を峯圓山という。
永井野組松沢村松沢寺の末山なり。
開基詳ならず。
應永の頃(1394年~1428年)は太子守宗の僧住せりという。
寛文元年(1661年)天寧村より堯呑という僧来り住し、これより曹洞宗となる。
本尊地蔵客殿に安ず。