河沼郡代田組稲荷原新田村

陸奥国 河沼郡 代田組 稲荷原新田(たうがはらしんでん)
大日本地誌大系第33巻 94コマ目

府城の東北に当り行程1里24町。
家数15軒、東西50間・南北2町30間。
四方に山(めぐ)り東西と南に水田多し。
また西の方3町山林の中に家数3軒あり。

東25間・北30間、共に八田野村の山に界ふ。その村は北に当り5町50間。
西6町40間生井新田村の界に至る。その村まで7町10間余。
南10町30間会津郡滝沢組下居合村の山に界ひ金山川を限りとす。

山川

金山川

滝沢組滝沢村の境内より来り、西に流るること16町駒板村の界に入る。

倉廩

米倉2屋

村より40間計巳(南南東)の方にあり。
耶麻郡の諸村より貢する米を納置。
ここより猪苗代湖上を運漕し江戸に至す。