河沼郡代田組強清水新田村

陸奥国 河沼郡 代田組 強清水新田(こはしみつしんでん)
大日本地誌大系第33巻 95コマ目

寛文2年(1662年) 荒井新四郎というもの八田野村及び会津郡滝沢組金堀村・原組赤井村の境内の原野を闢て1村を開く。因て河沼・会津2郡の地相雑はれり。
村中に強清水という清泉あるに因り村の名とす。

府城の東北に当り行程1里12町。
東西3町を隔て2区に住す。
東を上村(かみむら)といい、西を下村(しもむら)という。
下村、家数15軒、東西1町30間・南北2町余。二本松街道を挟み両頬に住し西北に田畝を開き東は山に()ふ。
上村、家数14軒、東西2町・南北1町30間。二本松裏街道の南に住し北に水田を開き三面は山に傍ふ。

東3町45間原組篠山村の界に至る。その村は辰(東南東)に当り24町30間余。
西2町9間滝沢組金堀村の界に至る。その村は申(西南西)に当り10町20間余。
南2町31間原組原新田村の山に界ふ。その村まで5町40間。
北2町47間八田野村の山に界ふ。その村は戌(西北西)に当り1里7町余。

山川

強清水

下村の東山下にあり。
周9尺計。
(はなは)だ清冽なり。

水利

村の1里2町余巳(南南東)の方にて赤井川を引き田地の養水とす。
萬治2年(1659年)荒井新四郎これを築く。

旧家

荒井鐵蔵

その家系に拠るに、先祖は荒井右馬之丞とて仙道荒井に居住し葦名盛氏に仕ふという。その子七郎浪人してこの地に来り蒲生氏に仕ふ。当家封を受けて後萬治2年(1659年)その子新四郎自ら奮て家資を損て200間余の堰を鑿ち許多の新田を開き1村を構ふ。今なお武具若干を持伝え代々この処に住す。