河沼郡坂下組原村

陸奥国 河沼郡 坂下組 (はら)
大日本地誌大系第33巻 124コマ目

この村もと白狐(しろこ)といいしという。神役目録長帳に白子村(しろこむら)あり、この村の事にや。

府城の西北に当り行程3里。
家数18軒、東西3町・南北1町50間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東1町48間葉林村の界に至る。その村は寅(東北東)に当り6町30間余。
西1町12間中村新田村の界に至る。その無rあは未申(南西)に当り3町50間余。
南2町14間牛沢組大江村の界に至る。その村まで10町30間余。
北5町7間古坂下村の界に至る。その村は丑(北北東)に当り8町余。

水利

栗村堰

葉林村の方より来り田地の養水とし坂下村の方に注ぐ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 伊勢宮 2座
   稲荷神 2座
   八幡宮
   十二神
   山神
勧請 不明
村の亥(北北西)の方にあり。
鳥居幣殿拝殿あり。

神職 山田伊勢

貞享中(1684年~1688年)攝津清重というもの神職となり4世を経て今の伊勢清壽に至るという。





余談。
今もこの辺の地名に白狐という地名が残っているようです。