河沼郡坂下組大原村

陸奥国 河沼郡 坂下組 大原(おほはら)
大日本地誌大系第33巻 125コマ目

府城の西北に当り行程4里18町。
家数22軒、東西1町30間・南北2町。
東に山覆い三方に田圃(たんぼ)あり。

東5町窪村の山に界ふ。その村は未(南南西)に当り10町20間余。
西12間・北2町16間、共に田中村の界に至る。その村は西に当り1町40間。
南2町窪村に界ふ。
また
寅(東北東)の方14町18間青津組南宇内村の山に界ふ。

水利

堤3

臼森堤(うすかもりつつみ)、周58間。
村東4町にあり。
背炙堤(せふかあふりつつみ)、周97間。
柳清水堤(やなきしみつつつみ)、周120間。
共に村より5町寅(東北東)の方にあり。
柳清水堤は元文3年(1738年)に築けり。

寺院

善福寺

村東山際にあり。
開基詳ならず。山號を大原山という。
曹洞宗会津郡南青木組北青木村恵倫寺の末山なり。
本尊地蔵客殿に安ず。

古蹟

館跡

村東7町計にあり。
東西1町10間・南北50間。
福富館の跡という。
何人の居りしということ詳ならず。



余談。
大原地区の北東~東の方に臼ヶ森や柳清水という地名があるようです。貯水池(堤)の場所とは誤差はあるようですが…。
※Goo地図より



添付ファイル