河沼郡野沢組漆窪村

陸奥国 大沼郡 野沢組 漆窪(うるしくほ)
大日本地誌大系第33巻 170コマ目

府城の西北に当り行程6里12町。
家数16軒、東西1町5間・南北2町16間。
東北は揚川に近く西南は山廻れり。

東2町10間塩坪村の界に至る。その村まで15町30間。
西15町利田村の山に界ふ。
南14町池原村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り22町。
北5町38間利田村の界に至る。その村は戌亥(北西)に当り11町40間余。
また
丑(北北東)の方12町耶麻郡大谷組吹屋村に界ひ揚川を限りとす。その村まで19町。

山川

(しろ)はけ山

村西19町にあり。
頂まで15町。麓には雑木繁茂し半腹より以上巉岩(ざんがん)にして樹木生せず。故に名とす。

揚川

村より丑(北北東)の方12町にあり。
塩坪村の境内より来り、戌(西北西)の方に流るること9町余利田村の界に入る。
この川の南岸利田村の界に馬下(むまおろし)(或いは馬乗下(まんのほりおろし))という所あり。北岸(大谷組萩野村の境内)巌窟の中に観音を安せし故通行する者は必ず下馬す。若あやまって下りざれば怪我ありという。

村より巳(南南東)の方5町にあり。周6町40間、長沼(なかぬま)という。
この水を引き利田村の用水とす。



余談。
ここ、田んぼの中に案内板みたいなものあるんですが、なんなのでしょう?

追記。
コメント欄で情報いただきました。
田んぼの中の案内板は市指定天然記念物塩坪化石層(しおつぼかせきそう)の案内板だそうです。



添付ファイル