河沼郡野沢組塩坪村

陸奥国 大沼郡 野沢組 塩坪(しほつほ)
大日本地誌大系第33巻 169コマ目

村西4町塩田をいう所より往昔潮出し故名くという。

府城の西北に当り行程5里31町。
家数20軒、東西1町10間・南北50間。
西は揚川に臨み三方は山廻れり。

東西5町51間西羽賀夏井両村の界に至る。西羽賀村は辰巳(南東)に当り17町30間余、夏井村は東に当り17町30間余。
西13町20間漆窪村の界に至る。その村まで15町30間。
南4町20間池原村の界に至る。その村まで13町10間余。
北24町河井村の山界に至る。その村は丑寅(北東)に当り23町40間余

端村

飱塩(くひしほ)

本村の北16町にあり。
家数3軒、東西40間・南北9間。
山麓に住し西北は揚川に望む。

山川

揚川

村西にあり。
河井村の境内より来り、西に流れ南に折れ端村飱塩の西北を経て戌亥(北西)に転じ漆窪村の界に入る。
境内を流るること1里余。
この川の岸村より9町計に遠面(とほもて)という所あり。土人相伝て昔この所に桜樹ありしが、小野小町ここを過ぎし時
陸奥のうとか(或いは尾止の)櫻と人はは會津のそとのとほもて(或いは十本)の里
と詠しけるという。その桜今はなし。

水利

堤5

一は村東3町にあり。周6町、薙野沢堤(なきのさはつつみ)という。天文23年(1554年)に築く。
一は村より丑(北北東)の方6町にあり。周1町40間、夏井堤(なついつつみ)という慶長9年(1604年)に築く。
一は村より丑(北北東)の方7町にあり。周3町20間、手前新田堤(てあへしんてんつつみ)という。正保元年(1645年)に築く。
一は端村飱塩の北5町にあり。周1町25間、上山堤(うへのやまつつみ)という。承應3年(1654年)に築く。
一は村より丑(北北東)の方7町にあり。周2町50間、覚右衛門堤という。延寶2年(1674年)に築く。

神社

若宮八幡宮

祭神 若宮八幡?
相殿 山神 2座
   鬼渡神
   御稷神
鎮座 不明
村南にあり。
鳥居あり。野沢本町伊藤対馬が司なり。

稲荷神社

祭神 稲荷神?
勧請 不明
端村飱塩の北1町10間にあり。
鳥居あり。伊藤対馬これを司る。

羽黒神社

祭神 羽黒神?
鎮座 不明
村より未(南南西)の方7町にあり。
鳥居あり。

別当 千手院

本山派の修験なり。夏井村に住す。
正徳3年(1713年)覚辨という者この社の別当となる。今の覚珍は5世の孫なりとぞ。

寺院

龍藏寺

村中にあり。
浄土宗鹽峯山と號す。開基詳ならず。
天正中(1573年~1593年)秀存という僧再興す。
府下徒町願成就寺の末山なり。
本尊弥陀客殿に安ず。