耶麻郡川東組明戸村

陸奥国 耶麻郡 川東組 明戸(あけと)
大日本地誌大系第32巻 8コマ目

昔は悪戸村と称す。寛文中(1661年~1673年)今の名に改む。

府城の東北に当り行程6里余。
家数10軒、東西1町9間・南北1町21間。
西は酸川に()ひ三面田圃(たんぼ)なり。

東32間内野村の界に至る。その村まで5町10間余。
西1町川西組東谷地村に界ひ酸川を限りとす。
南3町14間東館村の界に至る。その村まで7町10間余。
北8町40間下館村の界に至る。その村は丑寅(北東)に当り10町10間。
また
辰巳(南東)の方3町42間白津村の界に至る。その村まで10町余。
巳(南南東)の方4町42間新屋敷村の界に至る。その村まで17町40間余。

山川

酸川

村西1町にあり。
下館村の界より来り、東南に流るること10町10間余東館村の方に注ぐ。
昔は屈曲して村北をめぐり流るという。今その跡谷地となる。

水利

五箇村堰

内野村の方より来り田地の養水となり東館村の方に注ぐ。

小田堰

下館村の方より来り田地の養水とし末は酸川に入る。



余談。
三宝大荒神について。
仏・法・僧を守護するという神。俗に,不浄を嫌うことから火の神にあて,かまどの神としてまつる。神仏習合によって生じ,修験者がつかさどることが多い。荒神。
三省堂 大辞林
参考:三宝大荒神