耶麻郡川東組下館村

陸奥国 耶麻郡 川東組 下館(しもたて)
大日本地誌大系第32巻 9コマ目

府城の東北に当り行程5里24町。
家数45軒、東西3町11間・南北1町26間。
四方田圃(たんぼ)にて東は山に近し。

東23町計小田村の山界に至る。
西6町川西組今和泉村に界ひ酸川を限りとす。
南3町16間内野村の界に至る。その村まで7町10間余。
北5町46間荻窪村の界に至る。その村まで8町20間余。
また
未申(南西)の方6町明戸村の界に至る。その村まで10町10間。
戌亥(北西)の方5町50間堀切村の界に至る。その村まで11町30間余。

端村

峯岸(みねきし)

本村の寅(東北東)の方5町40間余にあり。
家数5軒、東西42間・南北50間。
東は山につづき三方田圃なり。

山川

毘廬山(ひるやま)

村東4町にあり。
頂まで20町余。
松樹雑木多し。

酸川

村西6町にあり。
堀切村の境内より来り、南に流れ西に折れ凡10町余を経て明戸村の界に入る。

原野

牧場

村東1町にあり。
東西3町・南北1町。

秣場

村東13町計にあり。
東西10町・南北2町。

水利

小田堰

荻窪村の方より来り田地の養水となり明戸村の方に注ぐ。

五箇村堰

堀切村の方より来り内野村の方に注ぐ。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 伊勢宮
   熊野宮
   明神
   若宮八幡
草建 不明
村より亥子(北北西~北の間)の方5町にあり。
鳥居あり。

神職 宮澤但馬

元は木曽組河隅村のものにて、磐椅神社の神職長尾周防が門下となりこの社の神職となる。

寺院

隣松院

村東にあり。
村松領越後国滝谷村慈光寺の末山曹洞宗なり。
小檜山と號す(もと小檜山圓通寺とてこの寺の末寺ありし旧址なり)。
縁起を案ずるに、開山を芳菴といい摂津国多田の産なり。11歳の時紫野大徳寺に上り、後に剃髪し広く経律諸論を窮め(あまね)く関東の名藍を尋て洞濟の教法を探る。最後に慈光寺の僧顯總に謁し問訊していう「我為法出家和尚為 我指示本法總 汝不知麼天高地濶」と云て禅床を下り打すること一拂子す。芳菴(たちまち)当機頓悟(とんご)*1して「十成本法向外莫求天高地濶古今不變」といいければ、顯總即許して伝法の室に入しむ。再行脚して本郡中丸山の下に来り茅菴を結び世を送る。ある時猪苗代の主三浦時春遊の刻この山中に来り、あやしき草菴にひとりの僧あるを見て「吾先考の為に梵刹を営むべし。(ここ)に住せよ」といいければ、この僧その言に従う。因て永徳3年(1383年)猪苗代の城北磐梯山の下(今はその地詳ならず)に精舎を造立し隣松院と號け100貫文の地を寄付せしとぞ。
(時盛の父某『隣松院殿前三浦雲洲傑山玄英大居士』と諡せりという。猪苗代城の条下と併せ見るべし。
また当寺に隷せし寺昔は8ヶ寺、塔頭3ヶ院あり。白津村の徳林寺・秋中寺、本村の圓通寺、猪苗代城下の金光寺、白木城村の天徳寺、荻窪村の玉東菴、内野村の地蔵寺、若松の秀長寺これなり。塔頭は天高菴・翠昌寺・法輪菴これなり。今存する所は天徳寺・秀長寺なれ共みな他山に属す。また地蔵寺は蔵圓寺と改めこれも他山に隷す。その他はみな廃す。)
天正中(1573年~1593年)磨上兵乱の時堂宇廃壊し僧侶散亡せり。
慶長中(1596年~1615年)蒲生氏会津を領せしとき壽廓という僧この村に当寺を再興して今に至る。
本尊釈迦客殿に安ず。

十王堂

境内にあり。

寶物

古文書 1通。その文如左(※略)

古蹟

館跡

村中にあり。
小檜山次郎左衛門という者居るという。村西に土居の形残れり。
また村中に的場の迹あり。長24間・幅2間。小檜山氏の射を講せし所という。