耶麻郡川東組堀切村

陸奥国 耶麻郡 川東組 堀切(ほりきり)
大日本地誌大系第32巻 10コマ目

何の頃にか磐梯山崩れて酸川を(ふさ)小田村の辺まで水湛て湖水の如くなりしに、その後水潰えて平地となる。今なおその村より荻窪村の辺まで大石多く碁置せるはその跡なりという。

府城の東北に当り行程5里25町。
家数4軒、東西19間・南北36間。
西は酸川に()ひ三方田圃(たんぼ)なり。

東6町39間荻窪村の界に至る。その村まで11町余。
西1町渋谷村に界ひ酸川を限りとす。
南6町12間下館村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り11町30間余。
北8町14間白木城村の界に至る。その村まで22町余。

この村(しばしば)水災に逢い多くは居を端村に移す。

端村

伯父倉(おちがくら)

本村の丑(北北東)に方3町50間余にあり。
家数36軒、東西1町26間・南北3町。
西は酸川に傍ひ三方田圃なり。
相伝ふ。昔大内大夫とて磐椅社の神楽役あり。人これを大内神楽といいしとぞ。これより村名となり、何の頃よりか訛転して今の名となる。

志津(しつ)

本村の東11町50間余にあり。
家数17軒、東西1町13間・南北57間。
東は山に傍ひ戌亥(北西)の方荻窪村につづく。三方に田圃あり。
この地清水処々より湧出る(ゆえ)清水をいい、後今の名に改む。

大水沢(おほみつさわ)

本村の寅卯(東北東~東の間)の方11町余にあり。
家数3軒、東西1町30間・南北50間。
四方田圃なり。

山川

小檜山

端村志津の東にあり。
南は下館村毘廬山に隣り、北は荻窪村の山に交わり、東は小田村の山に接す。
松樹雑木多し。

酸川

村西にあり。
白木城村の方より来り、南に流るること15町下館村の界に入る。
広30間余。

水利

五箇村堰

村より未申(南西)の方にて酸川を引き下館村の方に注ぐ。

寺院

姥堂

村南3町20間にあり。
草創の時代知らず。
修験覺法院司なり。

古蹟

館跡

村より亥子(北北西~北の間)の方にあり。
東西18間・南北43間余。
西は酸川の急流を要害とし高岸に臨む。東の方に隍形残れり。
天正の頃(1573年~1593年)三浦の臣堀切内匠某居るという。




余談。
姥堂は現存しないようですが、村南に姥原という地名は残っています。