耶麻郡川西組東真行村

陸奥国 耶麻郡 川西組 東真行(ひかしまゆき)
大日本地誌大系第32巻 21コマ目

この村天正19年(1591年)南真行村よりわかるという。

府城の東北に当り行程4里18町。
家数9軒、東西1町10間・南北30間。
四方田圃(たんぼ)にて南は湖水に近し。

東43間・北1町48間、共に烏帽子小屋村の界に至る。その村は東に当り4町40間余。
西33間新在家村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り11町。
南3町11間湖水を限りとす。
また
戌亥(北西)の方3町3間西真行村の界に至る。その村まで6町20間。
未申(南西)の方3町3間南真行村の界に至る。その村まで5町余。
申(西南西)の方1町18間三城潟村の界に至る。その村まで12町。

村中に二本松裏街道あり。