耶麻郡川西組新在家村

陸奥国 耶麻郡 川西組 新在家(しんさいけ)
大日本地誌大系第32巻 22コマ目

府城の東北に当り行程4里。
家数28軒、東西1町15間・南北2町54間。
猪苗代裏街道に住し四方田圃(たんぼ)なり。

東5町13間東真行村の界に至る。その村まで11町。
西6町46間行津村の界に至る。その村まで8町10間。
南4町16間三城潟村に隣りその村際を界とす。
北9町、数村の田圃に界ふ。
また
丑(北北東)の方3町45間大在家村の界に至る。その村まで4町20間余。
寅(東北東)の方1町50間西真行村に隣りその村際を界とす。

この村昔は三城潟村の東に住すという。何の頃ここに移せしにか知らず。

端村

砂川新田(すなかはしんでん)

本村の亥(北北西)の方12町にあり。
家数5軒、東西40間・南北2町。
四方田圃なり。

原野

秣場

村より丑寅(北東)の方20町にあり。
東西6町余・南北15町。

神社

総社神社

祭神
相殿 住吉神
   熊野宮
   山神
草創 不明
村より丑寅(北東)の方4町10間にあり。
鳥居拝殿あり。三城潟村佐野壱岐が司なり。