第1話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ライダー大戦

【種別】 放映リスト
【脚本】 會川昇
【監督】 田崎竜太
【アクション監督】 宮崎剛 (JAE
【放映日】 2009年1月25日
【収録DVD】 仮面ライダーディケイド VOL.1
【OP主題歌】 Journey through the Decade
前回 仮面ライダーキバ 最終話 第48話「フィナーレ・キバを継ぐ者」←→次回 第2話 「クウガの世界」

【あらすじ】

デジタルプリンタなど置いていないアナクロな光写真館の看板娘・夏海は、またあの夢でうたた寝から目を覚ました。
異様な荒野、ある一点に向かって攻撃を仕掛けるクウガ、龍騎、ブレイド、響鬼…といったライダーたち。しかし、その一点から猛反撃で姿を見せるライダー、夏海は恐怖を感じながら「ディケイド…」とつぶやく…。
なぜこんな夢を見ては涙を流してしまうのか…。

その時、店にやってきた客がおかしな写真を撮られたと文句を言ってきた。また士の仕業だ。もう我慢できない。怒った夏海は祖父の栄次郎に「文句を言ってくる」と言い捨てると士のもとへ。
その士は公園でガラの悪い男からクレームをつけられていた。やはりおかしな写真を撮ってしまったらしい。が、士はまったく悪びれるどころか、なおも男に向かってファインダーを覗く。と、そのファインダーの中で異変を感じとる。

「ディケイド…今日、あなたの世界が終わります」。

士に聞こえてきた声が意味するものとは何なのか?

【門矢士が旅をした9つの世界



【ディケイドの使用したライダーカード】

カード種類 カード名称 攻撃
カメンライド カメンライド ディケイド 門矢士が仮面ライダーディケイドに変身
カメンライド カブト 仮面ライダーディケイドが仮面ライダーカブトに変身
カメンライド ファイズ 仮面ライダーディケイドが仮面ライダーファイズに変身
カメンライド ヒビキ 仮面ライダーディケイドが仮面ライダー響鬼に変身
アタックライド アタックライド クロックアップ 仮面ライダーカブトの技、時間流を自在に移動が可能になる「クロックアップ」を使用
アタックライド オートバジン マシンディケイダーが仮面ライダーファイズのサポートロボ、オートバジン バトルモードに変身
アタックライド オンゲキボウ・レッカ 仮面ライダー響鬼の音撃棒・烈火で攻撃

【登場人物・ゲスト出演者】

【レギュラー】
登場人物・役名 出演俳優 登場話
門矢士 (仮面ライダーディケイドに変身するこの物語の主人公) 井上正大 第1話~
光夏海 (ディケイドライバーを発見し、世界の終焉に立ち会ってしまう) 森カンナ
光栄次郎 (「光写真館」の老主人、光夏海の祖父) 石橋蓮司
小野寺ユウスケ (「クウガの世界」で仮面ライダークウガに変身して戦う) 村井良大
ディケイドライバー (ディケイドライバーの声) マーク・大喜多
ナレーション (アバンタイトル、OP、予告ナレーション) 鈴木英一郎
クウガの世界
八代藍 (「クウガの世界」で未確認生命体対策班で戦う女刑事、通称「あねさん」) 佐藤寛子 第1話、第2話第3話
刑事 (「クウガの世界」で未確認生命体を追い詰める刑事) 諏訪太朗
小野孝弘
【第1話ゲスト】
紅渡 (仮面ライダーキバ=紅渡。多くの謎のメッセージを士に伝える。) 瀬戸康史 第1話
(士の撮った写真に文句を言いに光写真館にやってきたピンクのコートの女性) 市岡麻美
(士の撮った写真に文句を言いに光写真館にやってきた青のコートの女性) 今井優
(士の撮った写真に文句を言いに本人の前に現れた3人組の1人。サングラスに太った男) フジヤマ
(士の撮った写真に文句を言いに本人の前に現れた3人組の1人。なまりのあるチンピラ風) 越村友一
(士の撮った写真に文句を言いに本人の前に現れた3人組の1人。つれの女性) 飛田有沙
【第1話登場ライダー】
仮面ライダーディケイド (主人公、門矢士が変身する仮面ライダー) 高岩成二 (スーツアクター) 第1話~
仮面ライダークウガ (9つの世界の「クウガの世界」で小野寺ユウスケが変身する仮面ライダー) 伊藤教人(未) (スーツアクター)
仮面ライダーG4 (夏海の見た予知夢に登場した仮面ライダー) 塩野勝美 (声の出演) 第1話
仮面ライダー龍騎
その他の仮面ライダー 第1話登場ライダーを参照
【第1話登場怪人】
メ・ギャリド・ギ (9つの世界の「クウガの世界」に登場するグロンギ怪人) 不明 (声の出演) 第1話、第2話
ラ・ドルド・グ 塩野勝美 (声の出演)
その他の怪人 第1話登場怪人を参照

【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。