9つの世界

【種別】 A.R.WORLD
用語
仮面ライダーディケイド(平成第10作)
【用語】 9つの世界
【よみがな】 ここのつのせかい
【登場話】 第1話第19話

「仮面ライダーディケイド」の物語に登場する、我々が住んでいる次元とは全く違う異なる世界に存在している地球のことである。この異世界の地球が何らかの原因で一つになろうとしており、やがて一つになった地球は崩壊する危機に瀕している。この崩壊を止める事と門矢士が失ってしまったものを取り戻すためそれぞれの異世界をめぐる旅に出ることになった。

それぞれの地球にそれぞれの仮面ライダーの物語が存在しており、この物語に士が介入する事で失われた何かをとりもどす旅に出するのだが…。

この9つの平行世界の次元の能力やエネルギーを自在に操る能力を持つ仮面ライダーがディケイド物語の仮面ライダーの能力であり、その能力を誰が何のために作り、なぜ存在しているのかは謎となっている。

ディケイドの物語に登場した異世界は歴代ライダーは登場するライダーの特徴、機能、戦う怪人は全てこれまで歴代の平成仮面ライダーそのものなのだが、登場する人物や物語の背景が大幅に異なり我々の住む地球と同じ時間で物語が展開している。また歴代のライダーが戦った事のない怪人、ライダーが登場する。この9つの世界を移動するという特殊能力を持った謎の男「鳴滝」が仮面ライダーディケイドが各異世界を巡る事により壊れてしまったと言う。士の記憶が曖昧になっている事とその世界での鳴滝の謎の行動は何らかの関係があるのか?実際ディケイドは異世界を破壊するどころか、各世界の崩壊を直前で奇食い止めているのだが…。その行動のどこが破壊につながっていくのかは、現時点では不明である。

そして、全てのライダーカードの力を取り戻した達は自分達が元いた世界へと戻ってきた筈であったが、そこは本来夏海達がいた世界の裏に位置する偽りの終着駅「ネガの世界」だった…。彼らの旅はここからが本番である。


士が各ライダーの世界でキラリと光る印象に残る写真を1枚残している。当然ながら士の撮る写真はおかしな現象が起こっているが、そのおかしな現象を逆手に取ったような不思議な味わいを残す構図となっている。写真がまともに撮れない事から士は「ココもオレの世界と違う」とこぼす。しかし夏海達と旅を始めた、最初の世界でも同じ現象が起きているのだが…。



【仮面ライダーディケイドの物語に登場する異世界】


世界の名称 旅をした順序 平成仮面ライダー 各世界の主人公 士の役割 登場話
クウガの世界 1番目 仮面ライダークウガ 小野寺ユウスケ 巡査 門矢士 第2話第3話
キバの世界 2番目 仮面ライダーキバ ワタル バイオリニスト 門矢士 第4話第5話
龍騎の世界 3番目 仮面ライダー龍騎 辰巳シンジ 弁護士 門矢士 第6話第7話
ブレイドの世界 4番目 仮面ライダーブレイド 剣立カズマ コック 門矢士 第8話第9話
555の世界 5番目 仮面ライダーファイズ 尾上タクミ 高校生 門矢士 第10話第11話
アギトの世界 6番目 仮面ライダーアギト 芦河ショウイチ 郵便配達 門矢士 第12話第13話
電王の世界 7番目 仮面ライダー電王 モモタロス
野上良太郎も存在
旅人 門矢士 第14話第15話
カブトの世界 8番目 仮面ライダーカブト ソウジ ZECT隊員 門矢士 第16話第17話
響鬼の世界 9番目 仮面ライダー響鬼 ヒビキアスム 大師匠 門矢士 第18話第19話


【関連するページ】


最終更新:2009年07月29日 14:47
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。