耶麻郡木曽組賢谷村

陸奥国 耶麻郡 木曽組 賢谷(かしこたに)
大日本地誌大系第32巻 142コマ目

府城の西北に当り行程7里。
家数31軒、東西3町・南北6町、山間に散居す。

東18町五目組五分一村の山界に至る。その村まで1里。
戌亥(北西)の方1町20間沼平村の界に至る。その村まで12町20間。
南4町20間藤沢村の界に至る。その村まで18町。
北12町背戸尻村の界に至る。その村まで19町。

山川

三森山(みつもりやま)

村より辰巳(南東)の方25町にあり。
東は五目組譲屋村に界ひ南は藤沢村に属す。

狸森山(たぬきがもりやま)

三森山の北に連なり東は譲屋村に属し峯を界とす。

五枚沢川

村西にあり。
沼平村の境内より来り、南に流るること30町計藤沢村の方に注ぐ。

神社

山神社

祭神 山神?
相殿 山神 2座
   総社
鎮座 不明
村中にあり。
鳥居拝殿あり。上三宮村高村能登が司なり。

寺院

源空寺

村東にあり。
三寶山と號す。府下五之町高巖寺の末寺浄土宗なり。
いつの頃にか良宗という僧建立せしという。
その後文禄の頃(1593年~1596年)茂山という僧再興す。
弥陀を本尊とし客殿に安ず。

観音堂

村中にあり。
十一面観音を安ず。
建立の年代知らず。
村民の持なり。


最終更新:2020年09月06日 23:23