会津郡古町組中小屋村

陸奥国 会津郡 古町組 中小屋(なかこや)
大日本地誌大系第31巻 124コマ目

この村昔は山口村の端村なり。寛永中(1624年~1645年)別村となりし。

府城の西南に当り行程17里27町。
家数14軒、東西20間・南北2町。
山間に住し南に戸山川あり。

東10町28間入小屋村の界に至る。その村まで19町。
西8町山口村の界に至る。その村まで9町。
南10町大新田村の山に界ふ。
北3里計大沼郡野尻組大芦村の山に界ふ。

山川

戸山川

村南にあり。
入小屋村の境内より来り、戌亥(北西)の方に流るること18町、山口村の界に入る。
この川に瀑布あり。高2間。白糸を乱すが如し。波滝(なみたき)と云う。

関梁

橋2

一は村の辰巳(南東)の方5町20間にあり。長7間半・幅5尺。
一は村の戌亥(北西)の方6町30間にあり。長8間半・幅5尺。
共に府下の通路、戸山川に架す。

神社

八幡宮

祭神 八幡神?
創設 不明
村東1町40間にあり。
鳥居あり。界村渡部信濃が司なり。

古蹟

椿岪(つばきのへつり)

村南8町にあり。
昔、椿の古木あり。
高倉宮ここを過ぎ給ふとき詠じ給ひしとて
みちのくの みなみのやまの たまつばき とふひとあらば いなとこたへよ
と土人の口碑(こうひ)*1に伝う。
その椿今はなし。