会津郡古町組木伏村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 古町組 木伏(きふし)
大日本地誌大系第31巻 122コマ目

府城の西南に当り行程18里23町余。
家数48軒、東西2町・南北4町6間。
東は山に倚り西は檜枝岐川に近く南北田圃(たんぼ)なり。

東1里3町入小屋村の山に界ふ。
西5町大橋村に界ひ檜枝岐川を限りとす。
南4町2間古町村の山界に至る。その村まで18町20間。
北2町40間[[水根沢村>会津郡古町組水根沢村]の界に至る。その村まで2町40間。
また未申(南西)の方1里の方5町青柳村の界に至る。その村まで9町。

山川

唐倉山(からくらやま)

※国立公文書館「新編会津風土記43」より唐倉山図

村の辰巳(南東)の方31町余にあり、登ること13町計。
さまでの高山ならざれども、勢最嶮しく峯を伝ひてわづかに1路を通ず。
その間許多(あまた)の奇岩あり。佳観(かかん)とす。
麓より登ること8町余に鑑岩(かがみいわ)と云あり。その左に(そばだ)つを裸岩(はだかいわ)という。
鑑岩の上1町30間余に石柱(いしばしら)と称する岩あり。方4尺計にて長4間より5,6間計の石30余枚あり。屋材を架するに似たり、故に名けり。昔は数も多かりしが何の頃にか地震のためその半を崩せりと云う。
ここより上に烏帽子(えぼし)屏風(びやうぶ)手掛(てかけ)衣掛(ころもかけ)等の怪岩往々に列峙す。
衣掛岩より1町余にして頂上に至る。明神岩あり。昔唐倉明神鎮座ありし所ゆえこの名遺れり。
冬山満山雪みつれどもこの(いただき)のみ風烈しく積もることなし。土人は社跡の霊なりとて崇敬す。
また明神岩より左右の下りに数十の怪石1町計の間に布置し累々として相()れり。南を日光岩と云い北を月光岩と称す。
ここより北に望めば飯豊・磐梯島の高山遠空に浮かび、南に(かえりみ)れば燧嶽・駒嶽近く衆峯に秀で眺望広し。
この山東北の方入小屋村に属す。

檜枝岐川

村西5町にあり。
古町村の境内より来り、北に流るること15町40間余、大新田村の界に入る。

八窪沢(やくぼさわ)

村より巳午(南南東~南の間)の方6町にあり。
源は境内の山中より出て、西に流るること1里18町檜枝岐川に入る。
広2間。

原野

(まぐさ)

村西2町にあり。
東西1町30間余・南北2町10間余。

関梁

村南6町、府下の通路八窪沢に架す。
長8間、丸木橋なり。

神社

八龍神社

祭神 八龍神?
相殿 八龍神
鎮座 不明
村中にあり。
石鳥居あり。界村渡部信濃が司なり。

天神社

祭神 天神?
鎮座 不明
村の巳午(南南東~南の間)の方20間にあり。
石鳥居あり。修験蓮華院司なり。

愛宕神社

祭神 愛宕神?
鎮座 不明
村より卯辰(東~東南東の間)の方19町にあり。
村民の持なり。

寺院

長専寺

村西にあり。
浄土宗大寶山と號す。五之町高巖寺の末山なり。
開基詳ならず。旧太子守宗なり。
寛永17年(1640年)善札という僧改て古町村善導寺の末山浄土宗となり、後また高巖寺に隷す。
本尊弥陀客殿に安ず。

薬師堂

村中にあり。
草創の年代詳ならず。
村民の持なり。

古蹟

館跡

村中にあり。
東西23間・南北33間。土居堀の形存す。
天正中(1573年~1593年)菊池紀伊守某と云う者住せしと云う。


最終更新:2020年03月31日 00:09
添付ファイル