会津郡古町組青柳村

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸奥国 会津郡 古町組 青柳(あおやき)
大日本地誌大系第31巻 125コマ目

府城の西南に当り行程18里32町。
家数29軒、東西1町・南北3町。
東は檜枝岐川に近く西は山に倚り南北田圃(たんぼ)なり。

東2町古町村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村は辰巳(南東)に当り16町20間。
西2里余和泉田組和泉田村の山に界ふ。
南5町小塩村の界に至る。その村まで11町。
北5町大橋村の界に至る。その村まで24町。
また寅(東北東)の方5町木伏村に界ひ檜枝岐川を限りとす。その村まで9町。

山川

(たい)はた山

村西1町余にあり。
頂まで30町。
雑木多し。

檜枝岐川

村東2町にあり。
小塩村の境内より来り、北に流るること10町、大橋村の界に入る。

久川(ひさかわ)

村南にあり。
水源は台はた山より出、滝倉沢を受け東に流るること1町余、檜枝岐川に入る。
広6間。
「いはな」・鰥を産す。

関梁

橋2

一は村東2町、檜枝岐川に架す。長20町。
一は村南2町、久川に架す。長6間。
共に隣村の通路丸木橋なり。

神社

鹿島神社

祭神 鹿島神?
相殿 伊勢宮
   稲荷神
   山神
鎮座 不明
村の戌(西北西)の方2町にあり。
鳥居あり。木賊村星安藝が司なり。

墳墓

村北1町にあり。
高3尺・周4間。
慶長中(1596年~1615年)仙壽院という修験山城国醍醐より来りここに客死せしを葬りしとて土人仙壽院壇と称す。壇上の土を包みて(くび)にかくれば時行病を受けずとて今に参詣するものあり。

古蹟

久川城跡

村南4町にあり。
東西1町・南北4町。
東西北三方に乾隍(からほり)を廻す。北を本丸とし二丸・三丸共に南に続き間に堀切あり。東を追手とす。檜枝岐川その麓を浸す。北を搦手に構え久川、一条の長流を()つ。西に山を擁し南は曠野(あらの)に連なる。屈曲して登ること2町余、土人七曲と称す。古木茂れり。山下の東北にも外隍(そとほり)の形遺れり。東の麓に枡形の趾なりとて石垣(なお)存す。
天正中(1573年~1593年)河原田盛次住すと云う。盛次は古町村の館にありしに伊達氏の勢攻(め)寄すべきよしと、かの地要害悪しければ新たにここに城築し()(っ)て(ふせ)(ぎ)守りしと云う(古町組の条下と併見るべし)。
蒲生氏の時に至て支族蒲生忠右衛門某と云う者居りしと云う。

館跡

村北にあり。
東西19間・南北30間。今は菜圃(さいほ)となれり。
天正の頃(1573年~1593年)森大隅某と云う者住せりと云う。




最終更新:2020年03月31日 19:32