上河原分

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

若松 町分 東黒川 上河原(かみかはら)
大日本地誌大系第30巻 188コマ目

滝沢町の北にあり。
地面、東西5町24間・南北9町34間。
東は蚕養宮村に界ひ、西は高久組上荒久田村に接し、北は滝沢組藤原村に隣る。
家数3軒。滝沢村に雑居す。

黒川堰(くろかはせき)

蚕養宮村の方より来り田地を潤し2派となり、一は滝沢組北柳原村の方に注ぎ、一は西黒川石堂分の地を経て高久組上荒久田村の方に注ぐ。

古碑

地面の東の方にて甲賀町の北4町30間余、田圃(たんぼ)の中にあり。
高3尺余。
梵篆一字を掘れり。来由を詳にせず。

神社

古諏訪神社

祭神
鎮座 不明
古碑の西南に並ぶ。鳥居あり。
博労町修験大寶院これを司る。

最終更新:2020年05月03日 18:00