大沼郡高田組寺崎村

陸奥国 大沼郡 高田組 寺崎(てらさき)
大日本地誌大系第33巻 20コマ目

この村もと6町計北にあり。その地に巨宏の梵字ありし故名くという。寛文4年(1664年)今の地に移す。

府城の西に当り行程2里6町。
家数31軒、東西1町29間・南北2町42間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東6町20間高田村の界に至る。その村は辰巳(南東)に当り14町50間。
西54間永井野組八木沢村界ひ赤沢川を限りとす。その村は未(南南西)に当り7町。
南は村際にて高田村に界ふ。
北4町境野村の界に至る。その村まで10町50間。
また戌(西北西)の方6町50間雀林村の界に至る。その村まで4町20間余。

端村

下村(しもむら)

本村より1町40間北にあり。
家数9軒、東西1町8間・南北1町5間。
四方田圃なり。
昔は上村という。本村を今の地に移して後下村と改む。

山川

赤沢川

村西50間余にあり。
高田村の境内より来り、北に流るること22町境野村の界に入る。

土産

単席

この村多く織出す。
八木沢村の産と同く総て俗に八木沢表という。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 稲荷神 2座
   諏訪神
   聖神
   御稷神
   姫神
鎮座 不明
村より3町50間丑寅(北東)の方にあり。
鳥居あり。高田村渡邊伊予が司なり。

寺院

佛照寺

村中にあり。
開基詳ならず。
会津郡中荒井組下荒井村蓮華寺の末寺真言宗なり。
山號を堅實山という。
本尊大日客殿に安ず。