会津郡松川組杉沢村

陸奥国 会津郡 松川組 杉沢(すきさは)
大日本地誌大系第31巻 90コマ目

府城の南に当り、行程11里6町。
家数8軒、東西30間・南北1町15間。
山間に住す。
西北に田圃(たんぼ)あり。

東6町50間南倉沢村の界に至る。その村まで14町。
西6町張平村の山に界ふ。
南12町20間音金村の界に至る。その村まで31町。
北8町木令村の界に至る。その村まで15町。

端村

韭窪(にらくほ)

本村の東6町にあり。
家居1軒。
山間に住し、東北は観音川に臨む。

山川

観音川

村北8町にあり。
南倉沢村の境内より来り、戌亥(北西)の方に流るること15町計、松川村の界に入る。

神社

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村より1町戌亥(北西)の方にあり。
鳥居あり。木令村室井備中が司なり。

寺院

釈迦堂

端村韭窪にあり。
造立の年月詳ならず。
松川村花光院司る。



余談。
松川街道は南倉沢村を経由すると思っていたのですが、確かに松川組の図を見れば杉沢村と韮窪の間になっていますね。