大沼郡滝谷組西方村

陸奥国 大沼郡 滝谷組 西方(にしかた)
大日本地誌大系第33巻 52コマ目

府城の西に当り行程8里。
家数90軒、東西1町・南北3町20間。
西北は山に傍ひ東南は田圃(たんぼ)なり。
村中に官より令せらるる掟条目の制札あり。

東7町2間檜原村に界ひ只見川を限りとす。その村まで16町30間余。
西10町12間大石田村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り20町10間余。
南4町5間名入村の界に至る。その村まで7町20間余。
北19町14間河沼郡野沢組黒沢村の界に至る。その村まで1里6町。
また丑寅(北東)の方1町58間河沼郡牛沢組麻生村の界に至る。その村まで30町。

小名

巣江(すこう)

本村の西1町にあり。
家数4軒、東西50間・南北41間。
四方田圃なり。

端村

沼田(ぬまた)

本村の辰(東南東)の方2町にあり。
家数5軒、東西24間・南北25間。
四方田圃にて東に只見川あり。

山川

岩倉山(いはくらやま)

村の亥(北北西)の方1町30間余にあり。
頂まで5町余。
雑木多し。

只見川

村東2町30間にあり。
名入村の境内より来り、10町北に流れ東北に転じ檜原村の界に入る。

土産

この組の諸村にて多く製す。
この村の産殊に勝れたりとて総て西方紙と称す。

関梁

船渡場

村東にて只見川を渡し檜原村に通す。

水利

村西7町30間にあり。
周90間。
元禄2年(1689年)に築く。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 熊野宮
鎮座 不明
村の巳(南南東)の方2町10間、小阜の上にあり。
鳥居拝殿あり。名入村二瓶大和が司なり。

伊夜彦神社

祭神 伊夜彦神?
相殿 伊夜彦神
鎮座 不明
村南2町50間にあり。
鳥居拝殿あり。二瓶大和が司なり。

羽黒神社

祭神 羽黒神?
鎮座 不明
村東3町30間余、只見川の西岸山上にあり。
鳥居あり。二瓶大和が司なり。

山神社

祭神 山神?
鎮座 不明
村より辰(東南東)の方1町にあり。
鳥居あり。二瓶大和が司なり。

寺院

西隆寺

村西1町にあり。
山號を寶澤山という。
永正元年(1504年)安竹という僧常州より来て開基し、慶長4年(1599年)越後国大室洞雲寺の僧寒翁再興すという。
会津郡南青木組天寧村天寧寺の末山曹洞宗なり。
本尊釈迦客殿に安ず。

寶物

聖徳太子像 1軀。
立像いんて背後に『維時弘仁二年辛卯二月作之』と彫付けありという(弘仁2年:811年) 。厨子に納れ秘して人に示さず。

古蹟

館跡

村西6町山上にあり。
本丸、東西7間・南北15間。
ニ丸、東西9間・南北17間。
天文14年(1545年)大石組沼沢村の地頭山内彦次郎俊興2男左馬丞氏信という者始て居住す。
氏信が4代の孫右近重勝、天正6年(1578年)大槻太郎左衛門に語らはれ上杉謙信に内応し葦名盛氏に叛んとす。事就ずして自殺す(野沢組野沢本町の条下に詳なり。併見るべし)。
今、村南に重勝が墓とて1堆の古墳あり。石塔は後人の建しものなり。