河沼郡代田組塩庭村

陸奥国 河沼郡 代田組 塩庭(しほには)
大日本地誌大系第33巻 93コマ目

府城の北に当り行程1里8町。
家数24軒、東西2町・南北2町30間。
東南北は田畠にて西に大工川あり。

東48間駒板村の界に至る。その村まで1町50間余。
西6町44間原村の界に至る。その村は申(西南西)に当り9町30間余。
南3町27間藤倉村の界に至る。その村は午未(南~南南西の間)に当り8町余。
北は村際にて浅野村に界ふ。その村は子丑(北~北北東の間)に当り5町10間余。
また戌(西北西)の方5町48間塩庭新田村に隣りその村際を限りとす。

この村旧は7町余西にあり。後今の地に移すという。

小名

(はやし)

本村より1町40間余西にあり。
家数3軒、東西1町・南北19間。
散居す。
四方田圃(たんぼ)なり。
寛政3年(1791年)に開く。

山川

大工川

村西にあり。
浅野村の方より来り、未申(南西)の方に斜めに流るること3町余藤倉村の界に入る。

神社

稲荷神社

祭神 稲荷神?
草創 不明
村西6町にあり。
鳥居あり。大和田村佐々木右京が司なり。

稲荷神社

祭神 稲荷神?
相殿 伊勢宮 2座
   稲荷神
境内にあり。

寺院

鹽庭寺

村中にあり。
寶勝山と號す。
天文2年(1533年)光悦という僧の開基にて、府下大和町金剛寺の末寺真言宗なり。
客殿に本尊地蔵を安ず。