河沼郡青津組履形村

陸奥国 河沼郡 青津組 履形(くつかた)
大日本地誌大系第33巻 112コマ目

昔は沓形と書しを寛文中(1661年~1673年)今の文字に改む。

府城の西北に当り行程2里21町余。
家数13軒、東西1町5間・南北1町44間。
東は鶴沼川に()ひ西に田圃(たんぼ)あり。

東1町笈川組勝常村に界ひ鶴沼川を限りとす。
西は村際にて中目村に界ふ。その村は戌(西北西)に当り4町40間余。
南は村際にて村田村に界ふ。その村は未(南南西)に当り3町20間。
北6町48間笈川組堂畠村に界ふ。
また
亥(北北西)の方5町48間京出村の界に至る。その村まで7町50間余。

山川

鶴沼川

村東にあり。
村田村の境内より来り、6町50間北に流れて堂畠村の地を過ぎ京出村の界に入る。

原野

下川原

村より丑(北北東)の方4町20間にあり。
東西3町10間・南北3町15間。

寺院

常安寺

村西にあり。
國土山と號す。造立の初知らず。旧は曹洞宗なり。
寛永2年(1625年)密侶日榮という僧中興してより真言宗となり、府か糠塚町松圓寺の末山となる。
本尊薬師客殿に安ず。

地蔵堂

境内にあり。