河沼郡青津組新舘村

陸奥国 河沼郡 青津組 新舘(にひたて)
大日本地誌大系第33巻 115コマ目

昔は新町と称して今の地より2町計丑寅(北東)の方に住せり。何れの時にか館跡を墾発して家居をそのほとりに移せしより今の村名とせり。

府城の西北に当り行程3里14町余。
家数53軒、東西2町5間・南北2町20間。
四方田圃(たんぼ)なり。

東4町50間坂下組和泉河原新田村に界ひ宮川を限りとす。
西5町50間牛沢組塔寺村の界に至る。その村は申(西南西)に当り10町40間。
南2町25間坂下組坂下村の界に至る。その村は巳(南南東)に当り9町50間。
北1町40間見留村の界に至る。その村は亥(北北西)に当り1町30間余。

山川

宮川

村東4町50間にあり。
坂下村の境内より来り、北に流るること7町船越村の界に入る。

水利

栗村堰

塔寺村の方より来り田地の養水とし船越村の方に注ぐ。

神社

愛宕神社

祭神 愛宕神?
鎮座 不明
村より未申(南西)の方3町40間、越後街道の北にあり。
この社を臼森(うすがもり)という。高1丈余・周58間。
また南の方坂下村の境内に杵森(きねがもり)米森(こめがもり)あり(坂下村の条下と照見るべし)。
鳥居あり。明暦の頃(1655年~1658年)は浄家了西という沙弥修補して掌持せしが、今は当村東善寺これを司る。

寺院

無量寺

村南にあり。
歸命山と號す。府下五之町高巖寺の末山浄土宗なり。
應永20年(1413年)廓譽という僧開基すという。
本尊弥陀(長1尺7寸)・脇建観音勢至(各長1尺2寸)客殿に安ず。共に惠心の作といい伝う。

寶物

弥陀画像  1幅。惠心筆。
七高僧画像 1幅。筆者知らず。

東善寺

村北にあり。
真言宗山號を藥王山という。開基詳ならず。
慶長中(1596年~1615年)宥譽という僧住してより大町弥勒寺の末寺となる。
本尊薬師客殿に安ず。