河沼郡青津組蛙田村

陸奥国 河沼郡 青津組 蛙田(かへるた)
大日本地誌大系第33巻 115コマ目

この地に昔蛙沼とて大なる沼あり。その迹に家居を闢ければかく(・・)は名けしとぞ。

府城の西北に当り行程3里29町余。
家数12軒、東西1町34間・南北48間。
東は船越笊籬屋敷2村につづき三面田圃(たんぼ)なり。

西6町41間見明村の界に至る。その村は戌(西北西)に当り13町10間。
南1町54間見留村の界に至る。その村まで4町50間。
北3町27間大口村の界に至る。その村まで5町余。
また
亥(北北西)の方5町29間上宇内村の界に至る。その村まで40間余。
未申(南西)の方2町2間牛沢組塔寺村の界に至る。その村まで9町余。

端村

西蛙田(にしかへるた)

本村の戌亥(北西)の方3町にあり。
家数5軒、東西18間・南北1町2間。
四方田圃にて西は山に近し。

山川

齋藤山(さいとうやま)

村西5町にあり。
高17丈計。
何れの事にか齋藤但馬某というものこの山を領すという。来由詳ならず。

寺院

圓昌寺

村より未申(南西)の方20間余にあり。
如意山と號す。真言宗、開基詳ならず。
永禄年中(1558年~1570年)薩摩国より玄識という僧来て中興す。
後空院となり、天正中(1573年~1593年)越後国より長順という僧来り住してより大町弥勒寺の末山となる。
本尊大日客殿に安ず。